予算会計エクスプレスは、予算を自動仕訳し、正確な予算として管理することができるシステムです。
予算財務諸表の作成も可能となっており、クラウド型のシステムとして、誰にでも簡単に予算会計を進める事が可能となっています。クラウド型となっているため、作成したExcelデータを配布する必要もなく、スムーズにデータを共有することが可能となっています。
正確な予算を自動で入力していくことが可能となっていますから、予算管理の属人化を防ぎ、社員の負担を大幅に減らしながら、効率よく業務を進める事が可能となっています。自動収集されたデータは、分析として活用する事も可能となっており、素早い検証により、経営判断の迅速化にもつなげることも可能です。
売上と予算だけを設定するだけで、後は自動で集計し、月次資金計画書も自動で作成する事も可能です。予測管理としても活用することができるためROE、ROAのシミュレーションにも活用することが可能となっています。

予算会計エクスプレスとは

予算会計エクスプレスは、正確なCF予算立案を立て、実績や予算データの一元管理、着地予想を分析することが可能な予算管理システムとなっています。
既存会計システムとの連携により、自動で情報を集計することが可能となっており、システム内の実績と予算を一元管理することが可能です。その他、既存システムとの連携により、他システムのデータを自動的に取り込み、様々な視点での分析を行う事も可能となっています。
予算元帳から予算財務諸表までを一気通貫して1つのシステムで管理することができるため、コストを抑えて管理を楽に進める事が可能です。
入力を行う場合には、Excelで入力した情報をコピペにより、システム内に組み込むことが可能となっています。予算会計エクスプレスは、Webを通じて利用するシステムとなっていますが、自分で入力を行う場合には、使い慣れたExcelと同じ操作方法となっているため、誰にでも利用しやすく、情報の入力や管理も行いやすくなっています。特許を取得している独自の予算管理システムとして、多くの企業で導入されており、実績あるシステムとして、いつでも安心、安全な環境下で予算管理を進めることが可能となっています。

予算会計エクスプレスの特徴

予算会計エクスプレスの特徴としては、予算データの収集から予算財務諸表の作成までを、自動で行うことができるという点です。この予算管理を一気通貫したシステムは、予算会計エクスプレスだけの特許を取得しているシステムとなっていますから、正確な情報だけを収集し、素早く予算財務諸表を作成することが可能となっています。
その他、Excelを元に作成されたシステムとなりますから、データ入力を楽に進める事が可能となっていますし、自動で既存会計システムからデータを取り込んだり、Excelで入力したデータを取り込んだりすることが可能となっているため、予算管理の属人化を防ぎ、効率よく業務を進める事が可能という特徴もあります。分析や検証も行うことが可能となっていますから、予実比較及び、分析を行うことが可能という点も、予算会計エクスプレスの特徴となります。

予算会計エクスプレスの機能のご紹介

・予算キャッシュフロー
会計システムとの連携により、情報を自動で集計可能。
データを仕訳した上で予算データに組み込むことができます。
予算元帳のデータを利用して予算財務諸表の作成や資金計画書の作成が可能。
・Excelデータの取り込み
Excelで作成したデータをシステム内に組み込むことができます。
システムに直接入力する場合にも、Excelと同じような利用方法にて簡単に情報の入力が可能。
・データの一元管理
予算、実績を統合して一元管理可能。
データの種別を分類したり、必要な期間を設定した上で情報を出力したり、詳細を指定した上で情報を出力する事も出来ます。
・予測、分析、検証
他システムとの連携により、多角的な分析や検証が可能。

予算会計エクスプレスの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

予算会計エクスプレスの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォーム、電話から受け付けています。
・電話番号03-6863-7205までお問い合わせください。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・ITトレンド
・BOXIL

会社概要

会社名 株式会社スリー・シー・コンサルティング
住所 東京都豊島区高田3-14-29KDX高田馬場ビル7階

代表取締役 児玉 厚
設立 平成11年7月1日
資本金 50百万円