2017~2018年にかけてRPA(robotic process automation)は徐々に日本へ浸透してきました。それに伴い、導入している企業側から「RPAを自分たちだけで使いこなしたいという要望が増えてきました。これを受けてNTTデータ社は「RPA技術者検定」サービスを開始しました。

RPA技術者検定とは

2018年の5月1日にNTTデータ社は、ヒューマングループと協業で国内シェアNo.1のRPAである「WinActor」を使用しているユーザーの知識や技術習得レベルを客観的に評価するため、「RPA技術者検定」サービスを開始しました。

このRPA技術者検定は、WinActorの基本的な操作を習得したユーザーを対象としていきます。評価につけ方としては、レベルに応じて「アソシエイト技術者」「エキスパート技術者」「プロフェッショナル技術者」という順に3段階の評価をおこないます。これにより、ユーザー側はスキルをアピールできる客観的な指標ができるとともに、試験合格という明確な目標ができるとのでスキルを上達させるモチベーション向上につながるとされています。

そして、企業側にとっては社内にRPAを活用できる人材を多く定着させることができます。これにより、RPAを活用できる人材の主体的な働きが期待できます。また、「RPA技術者検定」に加えて、RPAの未経験者から初心者などを対象にRPAの概要や仕組みを手軽に学習および体感できる「RPA入門講座」も無料で提供を開始しています。ちなみに、こちらの入門講座もWinActorを使います。

画像名
なまけもの

RPA技術者検定は日本における唯一のRPAの資格認定される検定ですので、今後、WinActorのさらなる普及と共に需要が出てくると思います。RPA技術者検定とWinActorセミナーにて、WinActorを使いこなせるようになります。こちらのセミナーなども多く催されることになります。

RPA技術者検定の概要

RPA技術者検定と入門講座の概要は以下の通りです。RPA技術者検定はアソシエイト・エキスパート・プロフェッショナルの3つになります。入門講座にて最低限度のWinActorの概要など基礎知識を習得することができます。こちらはWEBから無料で申し込みできますので是非ともチャレンジしてみて下さい。

RPA入門講座はこちら

入門講座

試験実施団体 株式会社NTTデータ
試験名称 RPA技術者検定「入門講座」
試験形式 多肢選択式
出題数 20問
試験時間
受験資格 特になし
受験料 無料
試験会場 入門動画講座終了後実施。インターネットが接続可能な場所(日本)
試験頻度 随時
受験対象 「WinActorを学習したい方」「WinActorの概要を知りたい方」
合格基準 原則として、正答率8割以上。
合格率 80%
画像名
なまけもの

こちらの「入門講座」はWinActorの基本を知りたい方向けの講座です。Webから申し込み後、入門動画講座を見た後に20問の問題を解いていく形になります。WinActorを全くさわったことがないという場合は、まずこの入門講座を受けてみるのがよいでしょう。合格率は80%ほどのようです。

アソシエイト

試験実施団体 株式会社NTTデータ
試験名称 RPA技術者検定「アソシエイト」
試験形式 多肢選択式
出題数 50問
試験時間 60分
受験資格 特になし
受験料 6,500円
試験会場 CBT試験会場
試験頻度 随時
受験対象 「WinActorの基本的知識を有している方」「WinActorでシナリオ作成経験のある方」「WinActorの基礎知識を体系的に学びたい方」
合格基準 原則として、正答率7割以上。問題の難易度等により変動する場合あり。
合格率 60~70%
画像名
なまけもの

試験会場に行き、PCを借りて実際に操作をする形の試験になります。試験内容は4~5択の選択形式です。こちらの試験を受ける前に、入門講座の受験とシナリオ作成に必要な基礎知識を学んでおきましょう。

エキスパート

試験実施団体 株式会社NTTデータ
試験名称 RPA技術者検定「エキスパート」
試験形式 実技試験
出題数 4問
試験時間 120分
受験資格 特になし
受験料 15,000円
試験会場 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験頻度 4回/年
受験対象 「WinActorの機能について深く理解し、実際にWinActorを業務上の改善ツールとして活用経験のある方」「WinActorのシナリオ変更やトラブル対応など運用保守、システム管理経験のある方」
合格基準 原則として、正答率6割以上。問題の難易度等により変動する場合あり。
合格率 50~60%
画像名
なまけもの

実際にWinActorを使い、その場でシナリオを作成する試験です。より実践的にWinActorの技術を試すことができる内容になっています。

プロフェッショナル

準備中とのことです。下記のホームページより、試験の申込ができます。

RPA技術者検定 http://watest.jp/

RPA技術者検定はどんな試験なのか

RPA技術者検定の試験は、レベルによって異なりますが、現場の担当者が受けることになる「アソシエイト」のランクであれば50問中35問(70%)の正答で合格です。また試験はCBT方式のため、PCのラジオボタンによるチェックで回答する方式。

過去問や無料講座からもかなり出題される傾向があるため、そこだけを対策しておけば十分に合格は可能でしょう。

またアソシエイトの試験であれば、全国47都道府県の会場で、年末年始を除いて毎日試験が行なわれるのもうれしいですね。ちなみに「エキスパート」になると、問題数こそ6問と少なくはなりますが、実技試験のために難易度は跳ね上がります。テキストだけの対策では不十分で、実務で発生しうる、さまざまなトラブル解決できる業務遂行能力が求められるでしょう。RPA技術者検定のエキスパートまで取得できれば、社内ではRPAの深い知識を持つ人材として重宝されるはずです。

WinActorの運用を継続的に行うために、エキスパート保有者は一人は社内にほしい人材。エキスパートの試験は北から札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡などの主要都市で年に4回ほど開催されています。なお試験時は免許証など、身分証明書が必要なので注意してください。

WinActor導入・教育・シナリオ作成なら株式会社ベンチャーネット

RPA技術者検定の試験対策

RPAの学習にはいくつかの方法がありますが、「アソシエイト」の試験であれば、基本は「RPA入門講座」はかならず受けておきたいところです。

RPA入門講座から、かなりの割合で出題されるため、それを除けばあとは実際に現場レベルの問題解決能力があれば、多くの場合は合格できるレベルでしょう。もちろん現場でRPAの使用を経験している前提な点には注意してください。
さらに上級の検定である「エキスパート」の試験であれば、有料の電子書籍「電子書籍 WinActor ® RPA技術者検定エキスパート ~実施問題と解説」を読み込みます。販売しているのはヒューマンアカデミーのMANACショップのみで、Amazonなどの一般書店での取扱はありません。アソシエイトの問題と比較すると、さらに踏み込んだ現場で求められるレベルの課題ばかりです。そのほかにも一般の講座などを受ける方法もありますが、原則はこの電子書籍を読み込むことが基本だと覚えておいてください。

RPA技術者検定ができた背景

NTTデータ社は、日本で求められている業務の自動化には現場のユーザーが主体となり、RPAが動作するシナリオ作成が有効だと考えているそうです。

実際のところ、2017年の9月に開催された「RPA/ビジネスAIカンファレンス2017」で実施されたアンケートでは、過半数の企業から「RPAが動作するシナリオ作成はベンダー側に頼らず、自分たちで使いこなしたい」という回答があり、利用者側もシナリオ作成のための自習環境や、RPAに関する知識や技術力に対しての客観的な評価を求めていることがわかりました。

このようなニーズに応えるために、NTTデータ社は2017年11月1日よりRPA技術研修を全国9拠点で提供しました。これまでおよそ5000人が受講しているそうです。ここで習得した技術の継続的な活用をうながすため、冒頭でもお話ししたようにヒューマングループと協業してRPA技術者検定を開発しました。また、これにあわせて、先述したRPA未経験者、初心者向けのRPA入門講座の提供も開始したのでした。

WinActorの技術習得レベルを評価する検定は、今回のNTTデータ社のRPA技術者検定が国内初の試みになるそうです。検定試験車受験者数の目標としては初年度3000人を目指しているとのことです。また、今後についてNTTデータ社は、RPA技術者検定によりRPAスキルの客観的評価による地位向上と、企業の働き方改革の促進に力をそそいでいくそうです。

今回のようなNTTデータ社の試みから見てもわかるように、robotic process automationという言葉が生まれ、海外そして日本全体にRPAが広まりつつあります。そもそも、十分に広まっていなければ「RPA技術者検定」などというサービスも生まれることはないと思います。RPAを多くの企業が導入し始め、これまで受け身だった企業側が「RPAを自分たちで使いこなしたい」という要望が出るようにまでなったことも理由の1つでしょう。

RPA技術者検定を取得する意義とは

RPAは原則として現場の担当者レベルでも、十分にロボットの作成ができる点が強みです。ですがそれでもPRA技術者検定を取得する意義とは、やはり社内にPRAに精通した社員がいることで、確実に業務の自動化が推進されるため。たしかに外部のサポートを受けることで、ある程度は問題も切り抜けられますが、スピード感を持った運用のためには、内政化して社内に問い合わせる場所が必要でしょう。

もちろんITやインフラを担当する部署でも取得しておくと便利ではありますが、各部署に1人でもRPA技術者検定を持ったスキルのある人材がいるだけで、より多くの課題をクリアでき、スムーズな運用が可能です。最終的な問題解決は技術者のヘルプが必要だとしても、日常的でかんたんな問題を現場で解決できる意義は計り知れません。今後は少しずつではあっても、RPAが動いている企業が当たり前になるのは間違いないでしょう。

画像名
なまけもの

もしあなたの会社がRPAを本気で推進しようとしているのなら、できるだけ多くの社員が積極的にRPAに触れて、RPA技術者検定を取得するのが望ましいといえます。

WinActor導入・教育・シナリオ作成なら株式会社ベンチャーネット

なぜ技術者以外もRPA技術者検定を取得するべきなのか

RPA技術者検定の「アソシエイト」に関しては、ITやインフラ部門に所属する人以外にも、現場で働く担当者も取得するべきでしょう。

その理由は、RPAをメインで運用するのは、現場のフローを知り尽くした担当者たちだからです。もちろん踏み込んだプログラミングが必要な知識は、エキスパートレベルのIT技術者や外部のサポートの力が必要でしょう。ですが日常の業務で運用するのは、あくまで現場です。現場レベルの担当者がRPAを使いこなす力がなければ、業務の自動化のメリットは最大化できません。だからこそあらゆる担当者が取得したい検定なのです。

今回はNTTデータ社とヒューマングループが協業でおこなっている「RPA技術者検定」についてご紹介しました。慢性的な人手不足の解決や、明らかに先進諸国とくらべて低い生産性などを解決するためには、RPAの導入は欠かせません。
現段階では大企業が採用しているケースが目立ちますが、人手不足と低い生産性の解消のために、今後は企業の規模を問わず導入が進むのは間違いありません。人に代わってデジタルレイバー(仮想知的労働者)たちに働いてもらい、監督するのが人の仕事へと変わっていくと考えられています。

画像名
なまけもの

そして現時点で国内事情に最も適しているRPAといえるのがWinActorです。

すべて日本語環境で使え、しかも想定されるあらゆる問題にもほとんど対応できるのが強みだといえるでしょう。また今回ご紹介したRPA技術者検定も、原則としてWinActorを使った業務の自動化を前提としたもの。もちろん検定を保有していなくても、十分に使える人もいるかとは思いますが、今後はあらゆる企業でも求められるRPAの操作能力を、客観的に証明できるRPA技術者検定は間違いなく重要です。これからRPAについて学ぶ人も、今すでにRPAを活用した現場で働いている人も、ぜひRPA検定について学習し、検定を受験してみましょう。

*WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

【特集】WinActor導入をおすすめ!WinActorをまずはお試ししてみよう!