UXCamでは、アプリへ訪れたユーザーの行動をレコーディングし、顧客の行動データを可視化することができるツールとなっています。
ユーザーの行動を記録することで、アプリのどの点につまずいているのか、コンバージョンへの導線がしっかりと確保できているのかを把握することが可能となります。その他UXCamでは、ヒートマップの利用も可能です。
ヒートマップでは、ユーザーが閲覧していることが多い部分を濃い赤で表示することが可能となっていますから、アプリの離脱ポイントや、多く読まれているコンテンツなどを可視化することができます。その他、クリックが多く行われている箇所も把握することが可能となっています。
これらのレコーディング機能やヒートマップ機能を活用することで、非常に効率よくユーザーの動きを探ることが可能となりますから、アプリ内を素早く改善し、売上に繋がるアプリを構築することが可能となっています。
UXCamは、スマホのユーザー行動状況取得に特化したシステムとなっており、アプリを利用している時のユーザーの行動データを取得することができるサービスとなっています。

UXCamとは

UXCamは、スマホを限定してアプリを利用している顧客の行動データを取得することができるツールとなっています。
スマホ内の顧客の行動をレコーディングしたり、ヒートマップやクリックマップを表示することで、アプリ内の顧客の動向を探り、効率よくアプリを改善していくことが可能となっています。
1万ユーザーセッションまでであれば、無料で利用することが可能となっていますから、コストをかけずにアプリ内の動向を探ることができます。データを保存しておける期間は、1ヶ月となっているため、それほど長い期間ユーザーの動向を保存しておくことはできないのですが、素早くPDCAサイクルを回すには非常に便利です。
UXCamを利用することで、ユーザーがどこでアプリを利用するのか、どんな時に活用するのか、離脱してしまう原因などを探ることが可能となりますし、ユーザーがイライラするポイントを機械学習を通して探ることもできます。その他、行動データに合わせて顧客をセグメントする事もできますし、クリックができない場所であるのに多くクリックが行われている箇所がないかどうかも判断することができます。
取得したデータは、レポート化し、分析することが可能となりますから、改善ポイントを明確にしやすく、ユーザーにとって使いやすく、企業側では見て欲しいコンテンツをしっかりと届けることができるアプリを作成することが可能となっています。
海外製品となるため、日本語での対応はできませんし、全て英語表記となります。

UXCamの特徴

UXCamの特徴としては、スマホアプリを限定したユーザーの動向を探ることができるツールであるという点です。
無料で利用することが可能となっていますから、簡単にアプリを最適化することが可能となっています。
アプリ開発を行っている担当者にお勧めのツールとなっており、顧客の行動データを、数値として見るのではなく、画面を通じて可視化することができますから、改善ポイントを明確にしやすくなっています。

UXCamの機能のご紹介

・ユーザーのアプリ内の動向をレコーディング
録画及び、再生を行うことができます。
・クラッシュや、連続タップなど、問題となる部分を抽出可能。
・ユーザーがどこでいつアプリを利用しているのかを把握可能。
・ユーザーを行動データ別にセグメント可能。
・自動的に指定された顧客の情報だけを抽出可能。
・ユーザーの離脱ポイントを探ることが可能。
・ヒートマップ、クリックマップ
多く閲覧されていたり、クリックが行われている部分は濃い赤で表示できます。
・分析
ユーザーの動向をレポート化可能。クラッシュポイントや、連続タップなどの問題行動のみを抽出したレポートの作成が可能。
・デバイスによって異なる、アプリの表示を確認しながら、修正可能。

UXCamの詳細な利用料金

1ヶ月に1万ユーザーセッションまでであれば、無料で利用することが可能です。
その他、有料プランも用意しています。
・月額199ドルから
詳しくはお問い合わせください。

UXCamの導入時のサポート

VOLUMEプランの場合には、最適化のためのコンサルティングやAPIアクセス、カスタムブランド、専用アカウントマネージャーなども利用することが可能です。
VOLUMEプランの場合のみ、ユーザーセッション数無制限となります。
お問い合わせは専用フォームから受け付けています。

〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・ferret
・BOXIL
・LISKUL

会社概要

会社名 UXCam
住所 記載なし
代表取締役 Kishan Gupta
設立 記載なし
資本金 記載なし