うつ病の方を抱えている企業というのは少なくなく、うつ病の方ご本人だけではなくその周りにいる方も苦しみや悩みを持っている場合が多くあります。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」は、うつ病の方のまわりにいる方を対象とした、カードゲーム型の研修ツールです。
うつ病患者の方のまわりにいる方がうつ病を知って対処できるような仕組みが、目的となっています。
専門用語ばかりでは理解しにくい部分に注目し、カードゲームにてわかりやすく把握できるような形としました。
様々な研究や体験談を元に、効果的な内容のカード内容としました。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」とは

うつ病の患者のまわりの方がうつ病の状態を理解できるように開発された、カードゲーム型の編集キッドです。
カードゲーム型にした理由は、うつ病などのメンタルヘスルの研修というのは気が進みにくいものであるため、入り込みやすい形態にすべきと開発されました。
学ぶプロセスをカードゲームにすることで、楽しく前向きに受けることができる研修です。
うつ病と向き合う敷居を低くすることにより、うつ病に対して深く知る人や対応できる人を増やして行くことが目的です。
入り込みやすい形態にしたことで、様々な方々がうつ病を学ぶためにご利用されています。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の特徴

3つの体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の特徴は、これらがあります。

・誰でも主体的に参加できる形
うつ病などのメンタルヘルスの研修というのは、どこか進みにくく学びにくい傾向があります。
メンタルな内容ですので、難しく捉えてしまう方も少なくありません。
専門用語も多くあるので、理解に苦しむのも1つの理由といえるでしょう。
ゲーム型にしたことで、自主的に参加者が競って楽しく理解ができる形としました。
ゲーム形式のため、楽しくみんなで言葉を交わしながらうつ病に関する勉強をすることができます。
メンタルな勉強を笑いながら行うのは不謹慎に思われるかもしれませんが、健常者の方に難しく状況を受け取るように促しても、なかなか理解してもらえません。
そのような悪循環を改善すべく、楽しく学べる流れとしました。

・綿密な取材にて作られたリアリティさ
うつ病患者の方や周りの人などの100人弱のインタビューと膨大なテストにより、理解してほしい症状やうつ病対策など、現実に沿った内容となっています。
患者たちのリアルな声から作っているので、本物のリアルな声を取り込んでいます。
うつ病患者が思うことが確実に理解でき、認識を高めることができます。

・経営者とうつ病患者の2つの視点より実践できる内容
当サービスの代表は以前うつ病患者であったため、自分の実体験と経営者としての2つの視点より開発されました。
メンタルヘルスは非常に大事ですが、企業や組織のリソースというのは限られてしまいます。
うつ病患者のサポートの全体像を把握し、個別対策をいきなり行うのではなく、全体で最適に行うことができるようにして無駄を最大限に省きました。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の様々な機能のご紹介

・サポート方法の疑似体験
この研修では、全員でカードを使い、サポート方法の疑似体験をすることができます。
カード型にしたことにより、自主的に参加者が参加できる内容としています。

・職場で実践できる内容
元うつ病の経営者による内容となっており、経営者とうつ病患者の2つの視点から考えて、難しい感じで学ぶというのは厳しいということを理解しました。
職場で活用できる内容も盛り込んでおり、企業内にうつ病患者がいる場合に非常に役に立ちます。
うつ病患者のモチベーション向上により、社内の稼働率向上へとみちびくことも夢ではありません。

・効果的なカリキュラム
都度カリキュラムを行っており、現状把握やうつ病の理解、組織対処の理解など、細かく幅広いカリキュラムを行っています。
セミナーの時間は約2時間30分であり、講師の解説は1時間半で、カードの体験が1時間となっています。
研修内容は、企業に合わせたり長くすることも可能であり、日本全国どこでも来てくれます。

この他にも、便利で効率的なサービスや機能が豊富です。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」のご利用料金

お問い合わせとなります。

体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の導入時のサポート

記載ありません。

〇導入実績

記載なし

メディア掲載

・宝島SPA!
・NHK おはよう日本
・Cotree
・NHK 首都圏ネットワーク
・ラジオ ニッポン放送 ひだまりハウス
・Amp
・News ACT

会社概要

会社名 株式会社小石川
住所 東京都文京区小石川3-26-2-704

代表者 代表取締役 広瀬眞之介