Totangoは、顧客のライフサイクルや顧客情報、健康状態など、様々な情報を全て統合して管理し、顧客の意思決定につながるサポートを行う事が可能となっています。カスタマーサクセスツールとして、顧客毎に最適なフォローやアプローチを検討することが可能となっており、効率よく売上に繋げることができます。非常に多くの受賞歴を持ち、第三者機関からも認められている実績あるシステムとして、様々な顧客情報を統合して管理しながら、可視化することで、素早く分析を行う事が可能となります。
Totangoは、何カ月も、顧客の情報を収集するための期間を要し、顧客に最適なアプローチを仕掛けるための情報を収集するのではなく、数週間という短い期間だけで、顧客にとって最適なアプローチを仕掛けることが可能となっており、効率よく売り上げ最大化へとつなげることが可能となります。企業規模、業種を問わず、様々な企業で利用することが可能となっており、顧客との深いつながりを作ることで、退会、解約を防ぎながら、優良顧客へと育てていくことが可能となります
Totango は、セキュリティにこだわったシステムとなっていますから、収集できる多くの個人情報を全て安全に管理することができます。確実に安全な環境下で顧客情報を管理したいと考えている企業でも安心して活用することが可能です。

Totangoとは

Totangoは、カスタマーサクセスツールとして、顧客のあらゆる情報を元に分析を行い、解約や退会に近い顧客をターゲットに絞りフォローを行ったり、売上につながりそうな行動をとっている顧客に対して、お得な案内を配信したりすることが可能です。
カスタマーサクセスツールは、企業の部署毎に活用するのではなく、企業全体で活用することができるデータとなりますから、導入により、顧客の情報をあらゆる部署で活用することができるようになります。部署毎に適切な対処により顧客応対を進めることが可能となる事で、解約率の低下や契約更新数のアップ、製品利用の向上へとつなげることができます。
Totangoを活用すれば、顧客の情報や変化をいち早く察知することが可能となりますから、解約につながりそうな顧客を即座に把握することが可能となりますし、価値ある製品であることを認識してもらう事も出来ます。
顧客データや、アプローチ方法などは、集計して分析する事も可能となっており、レポートを活用することで、どのようなアプローチが効果的となるのかを把握し、企業の成長を促すための方法を分析し、対応方法を改善しながら、売上へとつなげていくことが可能となります。
企業向けのシステムとして、顧客数が膨大であっても、顧客の情報を統合して管理することができ、解約につながりそうな行動をいち早くキャッチすることが可能となりますから、顧客対応としてやるべきことを明確にし、素早く行動に移すことが可能となっています。

Totangoの特徴

Totangoの特徴としては、顧客のあらゆる情報を統合して管理することができるという点です。
カスタマーサクセスツールとして、世界各国で利用されており、多くの受賞歴もあるシステムとなっていますから、確実な売り上げアップ、解約率の低下へとつなげることが可能となっており、企業成長を加速させることができるのです。
顧客のあらゆる情報は、いつでもシステム上で監視され、異常値が発見されれば素早く対策を取ることができますから、解約防止、優良顧客の育成へとつなげることが可能となっています。
その他、セキュリティ対策を万全に整えており、いつでも安心、安全にシステムを活用することができるという特徴もあります。個人情報の扱いに過敏になっている企業は非常に多いのですが、Totangoであれば、大切な顧客データをいつでも安全に活用することができるので、海外製品であっても、不安なく導入することが可能となります。

Totangoの機能のご紹介

・顧客のあらゆるデータを集計、統合して管理可能。
顧客情報、ライフサイクル、健康状態や購入履歴など様々な情報を管理可能。
・顧客データを分析し、対応が必要な顧客を抽出可能。
解約につながりそうな顧客へ電話をかけたり、メールを配信したりすることができます。
・顧客のデータに合わせて行ったアプローチを分析し、効果を測定可能。
効果が高い方法を抽出、効果が出ないアプローチを把握することで、アプローチやフォローの方法を改善できます。

Totangoの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

Totangoの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・タイラー・テクノロジーズ
・NTT COOグループサービス

メディア掲載

・ITレビュー
・トルテオマガジン

会社概要

会社名 Totango
住所 シリコンバレー
代表取締役 ガイ・ニルパス
設立 2010年
資本金 記載なし