Tofu Analyticsでは、SNSを利用したマーケティングを行うことができるツールとなっています。導入により、マーケティング施策を立てやすく、インフルエンサーの特定なども簡単に行うことが可能となっています。
現代の日本では、SNSを通じての拡散は、インフルエンサーが基本となっている事が多く、拡散を狙うためには、このインフルエンサーを把握することが近道となります。
Tofu Analyticsでな、分析済みのインフルエンサーを1,100万人登録しており、インフルエンサーの延リーチは20億を超えていますから、正しいインフルエンサーを把握することができることで、必要なインフルエンサーの起用を行い、効果的にサイト拡散を狙う事が可能となっています。
Tofu Analyticsは、分析に長けているシステムとなっていますから、ハッシュタグの数やユーザーの投稿量、2次拡散や、3次拡散までを収集することが可能となっており、収集した情報を基に、独自の分析が可能となっています。
Twitterやインスタだけではなく、URLがシェアされた場合にも把握可能となりますし、テキストが入力された場合には、ユーザーの感情までも拾う事が可能となっており、今後の動向を探るために非常に役立つ機能が多数搭載されています。

Tofu Analyticsとは

Tofu Analyticsでは、SNSを通じて様々な情報を収集することが可能となっています。
キャンペーンを行った場合には、反響の測定を行ったり、キャンペーン参加ユーザーのモニタリングを行うこともできますし、拡散しやすいインフルエンサーを特定して起用することで、キャンペーンや商品の拡散、その他にも、競合店の調査やトレンド分析なども利用可能となります。Tofu Analyticsであれば、ユーザーの感情分析やインサイト調査、リスクが発生な場合の分析など、非常に様々なマーケティングを行うことが可能となっています。
その他にも、分析したいことがあれば、オプションによりカスタマイズ可能となっています。
AIを利用した分析となっていますから、炎上しそうな状態を事前に把握する事も可能ですし、今後インフルエンサーになり得る可能性がある人物までを特定、把握することができます。
Tofu Analyticsは非常に低コストで導入可能となっているのですが、その理由としては、必要な機能だけを搭載し、不要な機能を全てカットしているためです。多くのマーケティングツールでは、使わない機能まで搭載され、その分の費用まで支払わなければいけないため、価格が高くなりがちですが、Tofu Analyticsの場合には、料金プランを複数用意していますから、企業に合わせた料金体制とする事が可能です。

Tofu Analyticsの特徴

Tofu Analyticsでは、インフルエンサーを特定することができるという特徴があります。
インフルエンサーをマーケティングに導入する事で、効果的なマーケティング施策を打ち出すことが可能となり、競合店と差をつけることが可能となっています。
その他にも、月額1万円から利用可能という低コストで導入できるという点も、Tofu Analyticsの特徴となっています。低コストとなっているため、様々な企業で導入しやすくなりますし、分析結果や、調査結果の数を増やしたい場合には、プランを変更することが可能となっています。
プランによっては、1万投稿以上であっても、対応可能となっていますから、SNSの情報収集を効率よく行うために非常に効果的なツールであると言えるでしょう。

Tofu Analyticsの機能のご紹介

・自動レポート機能
・キワードやハッシュタグを利用した調査が可能。
・データ保存件数無制限
・1日の取得上限無制限
・過去の投稿は1万投稿まで取得可能。
・アカウント調査可能。(プランに応じて数は変動)アカウントデータの保存無制限
・過去の投稿取得は3千件まで取得可能。
・言葉の揺れを補正し、自然言語で解析可能。
・インサイト調査可能。
・投稿量の調査可能。
・エンゲージメントやインフルエンサーの抽出が可能。
・反響があったリーチの算出、分析が可能。

Tofu Analyticsの詳細な利用料金

・ショートプラン
1万円
・トールプラン
3万円
・ラージプラン
10万円

Tofu Analyticsの導入時のサポート

ショートプランのみ、1週間の無料トライアルが利用可能です。
見積りにより、他社よりも高額である場合には、ご相談に応じます。
ホームページからチャット画面により問い合わせが可能です。
問い合わせフォームも用意しています。
メールアドレスの登録により、資料ダウンロードが可能となります。
〇導入実績
・ロッテ
・エイベックス
・リクルート
・Cyber Agent

メディア掲載

・PR TIMES
・マーケジン
・Yahooニュース

会社概要

会社名 株式会社misosil
住所 〒107-0062東京都港区南青山2-22-15 クリヤマビル5F

代表取締役 Tadamasa Kimura
設立 2015年
資本金 記載なし