Tocaroは、社内でのコミュニケーションツールとして、上司や部下、グループ間での連絡をスムーズに取る事が可能なシステムとなっています。チャットにてメッセージのやり取りを行うことができるだけではなく、ファイルの共有や、ビデオ通話を行うことも可能となっているため、遠隔地点とのweb会議にも活用することができます。誰にでも簡単にシステムを活用することができるよう、直感的に操作可能となっていますし、音声通話や過去のメッセージやファイルを検索することができる機能も搭載されており、社内での情報共有を効率よく進める事が可能となっています。
現在までに1,000社以上の実績があり、業種縛りなく、様々な企業で活用することが可能です。1対1でのメッセージのやり取りも可能となっていますし、ToDoリストを作成共有しながら、タスク管理としても活用することが可能となっています。その他、取引先の管理も行うことが可能となっており、企業を分類した上で管理することができますし、取引先など、外部のメンバーを招待した上でチャットでのやり取りを行うことも可能となっていますから、プロジェクトのチームごとにグループを作成することで、情報伝達、情報共有を素早く行うことも可能となっています。Tocaroであれば、いつでもどこでも活用することができますし、パソコンだけではなく、スマホからでも利用することができますから、営業先や自宅でも情報の閲覧が可能となっています。

Tocaroとは

Tocaroは、社内でのコミュニケーションツールとして、情報共有を素早く行うことが可能なシステムとなっています。
対話、共有、そして検索という3つの主要機能により、業務を効率よく進める事が可能となっており、リアルタイムにコミュニケーションを取る事が出来ます。
遠隔地点でも活用することができるため、離れた支店間でのやり取りも可能となっていますし、ビデオ通話により、Web会議を進める事も可能となります。Web会議での会議内容を録音して、議事録を簡単に作成する事もできます。
その他、タスク管理としても活用することが可能となっており、チャットでのやり取りにより、個々の社員がどのような業務を抱えているのかを把握することが可能となりますから、業務を整理しやすくなっていますし、取引先の情報も全てデータ化した上で管理することができますから、社内でのつながりを把握する事も可能となっています。ファイル共有では、様々なファイルを共有することが可能となっており、画像や動画、ExcelやWordなど、業務上で必要になるファイルは全てアップロード可能となります。ファイルはプレビュー画面にて簡単に確認することができますし、検索機能により、必要なファイルをいつでも抽出することが可能となりますから、手間なく簡単に情報を探し出すことが可能となっています。
管理者側からは、個々の利用状況を全て把握することが可能となっているため、不正が起きてしまうリスクも抑えることが可能となりますし、セキュリティにも力を入れていますから、安心にメッセージやファイルのやり取りが可能となっています。

Tocaroの特徴

Tocaroの特徴としては、リアルタイムで情報の共有を行うことが可能であるという点です。
充実した機能が揃っているため、ただ安全な環境でメッセージやファイルのやり取りを行うことができるだけではなく、タスク管理や、取引先の情報管理や分類、遠隔拠点も合わせた上でのビデオ通話なども可能となっています。
その他、情報検索をしやすいシステムとなっていますから、過去の情報からも素早く必要なデータを抽出することができるという特徴もあります。

Tocaroの機能のご紹介

・チャット
1対1、グループでのチャットが可能。ビデオ通話や、音声通話も可能。
・ファイル共有
様々なファイルを共有可能、プレビュー画面にてファイルを簡単に確認できます。
・検索
過去の情報も含めて全ての情報の検索をかけることができます。
・ToDoリストの共有、タスク管理
・取引先を分類して情報管理が可能
・セキュリティ
IPアドレス制限、シングルサインオン、ログ管理

Tocaroの詳細な利用料金

・Enterprise 1ユーザー月額800円
・Private Cloud 個別見積もり

Tocaroの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
詳しくはお問い合わせください。
〇導入実績
・富士電機株式会社
・株式会社高島屋
・西日本電信電話株式会社

メディア掲載

・アイミツ
・ITレビュー
・週刊アスキー

会社概要

会社名 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
住所 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル

代表取締役 菊地 哲
設立 1979年7月11日
資本金 21,763百万円