Streakは、Gmailを活用して、プロジェクト管理を進めることが可能なメールトラッキングシステムです。主要機能としては、ワークフロー管理、トラッキング、スプレッドシートとなっており、これらを活用することで、業務を効率よく進めることが可能となっています。
Gmailと連動してシステムを活用することが可能となっており、Gmailで受診したメールをStreakへ移動させ、分類して保存する事も出来ますし、タスク管理としてプロジェクト内容を入力し、期限を設定して管理する事も出来ます。その他、メールの内容を顧客管理と結び付けて管理したり、営業の進捗状況を把握するために活用したりすることも可能です。
これらの情報は、チーム内で共有することが出来ますから、タスクや営業進捗を共有することで、プロジェクトの状況を簡単に把握することが可能となりますし、スマホからもアクセスすることが出来ますから、いつでもどこでも情報を閲覧することが可能となります。
ワークフローは、色分けを行いながら追加、削除、変更を簡単に行うことが可能となっており、スプレッドシートを利用するのと同様の仕組みとなっているため、誰にでも簡単に使いこなすことが可能となります。

Streakとは

Streakでは、営業活動をスムーズに進めることが出来る様々な機能を搭載した、メールトラッキングシステムです。Googleの機能の1つとして利用することが可能となっており、誰にでも簡単に操作可能なシステムとして、多くの企業で活用されています。
導入により、メールの送信を追跡することが可能となっており、相手がメールを開封したかどうか把握することが可能となりますから、フォローを楽に行うことが出来ます。メールの開封率を探ることで、効果的なマーケティングへとつなげることが可能となっており、開封率の高いメールを把握しながら、メールの無駄打ちを防ぐことが可能となります。
GoogleカレンダーやGoogleドライブ、チャットなどとの連携により、データを簡単に集計し、分析することも可能となりますから、業務効率をアップさせることも可能です。
タスク管理としても活用することが可能となっており、リマインダー機能も搭載されています。メールやタスクの共有も出来ますから、進捗状況を可視化することで、グループ全体で、営業進捗を把握したり、プロジェクト管理を進めたりすることも可能となっています。その他、スマホを利用して通話内容の録音、スマホへ顧客情報の転送なども行うことが可能となっており、情報共有を素早く行うことも可能となっています。
やり取りの履歴は全て記録されていきますから、安心、安全に活用することが出来ます。
顧客情報を全て統合して可視化することが出来るため、プロジェクト管理や顧客管理として非常に使いやすく、誰にでも簡単に利用することが可能となっているため、社内でも浸透しやすいシステムとなっています。

Streakの特徴

Streakの特徴としては、Gmailを活用しながら、効果的に顧客管理やプロジェクト管理を進めることが出来るという点です。メールの追跡が可能であったり、タスク管理を行ったりと、業務内容を可視化することが可能となっているため、業務効率をアップさせることが可能になるのです。導入により、情報共有を素早く行い、業務の遅延が起きてしまっている場合のフォローもすばやく行うことが可能となります。
その他、スプレッドシートと変わらない感覚で利用することが出来るため、誰にでも利用しやすく、難しい知識がなくても簡単に使いこなせるため、社内で浸透しやすいという特徴もあります。

Streakの機能のご紹介

・顧客管理
顧客対応履歴を記録、見込み客、訪問済み、クロージング中、失注、成約など進捗も合わせて記録可能。メールを利用した接触履歴は自動で記録。
・送信メールの追跡
開封、未開封を記録、開封率が高いメールを分析し、マーケティングに活用可能。
メール送信者のプロフィールを表示、メール受信箱のカスタマイズ、タイムラインでメールや通話、受信ファイルの整理が可能。
・スプレッドシート
Googleシートと連携可能、ワークフローをカスタマイズ可能、スマートインプットタイプ
・タスク管理
プロジェクト毎にタスク詳細を記録、期限を設定可能。
・タスクやメール、通話録音を共有
グループごとに情報を共有可能。
・メールの振分け
・スマホ対応

Streakの詳細な利用料金

価格はお問い合わせください。

Streakの導入時のサポート

有料プランの場合のみメールでのサポートを利用可能です。
詳しくはお問い合わせください。
〇導入実績
・UBER
・opendoor
・wework

メディア掲載

・起業LOG

会社概要

会社名
住所 130 Battery St, San Francisco, CA 94111 アメリカ合衆国
代表取締役 アリーム・マワニ
設立
資本金