Spaadaでは、マップを利用して、指定した地域の人工を把握することができるレポートシステムを提供しています。
半径の指定、及び地図のクリックだけで、オープンデータを簡単に調べることが可能となっており、専門的な知識がなくても簡単に分析を行うことができるよう構築されています。Spaadaであれば、マップを利用してオープンデータを可視化し、その情報を元に予測を行うことが可能となっており、マップで指定した地域の未来を予測しながら店舗拡大や、販売商品などを検討することが可能となっています。
オープンデータとして検索できる項目は非常に様々な物が用意されており、自家用車の利用がどの位の世帯数となっているのか、地域の住民の年代はどの層が多いのか、介護施設の利用状況や建設予定地の把握などを、オープンデータとして集めることができ、そのデータをSpaadaによりグラフ化することで、施策立案を行うことが可能となっているのです。
Spaadaでは、国税調査で集めたデータと、町丁目の建物容積、その中のメッシュ建物容積を把握することが可能となっており、調査は全国どこでも行うことが可能となっています。
人が住んでいない地域や人口が少ない地域も対象となりますから、企業で必要な市町村のデータを簡単に抽出することが可能となっています。

Spaadaとは

Spaadaでは、国税調査を利用したオープンデータをマップで表示することが可能となっています。
スマホやタブレット、パソコンなど、様々なデバイスで利用することが可能となっており、マップ上に細かくデータを記載する事もできますし、数値化してグラフや表を作成し、レポート化する事も可能です。随時様々なオープンデータを公開しており、一部の地域で、GPSと専用アプリを利用して、歩行者の通行量を測定し、オープンデータとしての提供も行っています。
Spaadaの活用事例としては、市民ワークショップにて、エリア分析を行いながら、文化資源や、地域の自然などの調査を地図上にマッピングし分析に活用したという事例もあります。
Spaadaは、非常に高精度なエリア分析を行うことが可能となっており、50メートルメッシュでその地域の情報を抽出することが可能となっています。
男女別年齢人口、将来人口推移、世帯の種類、世帯人員、利用交通手段などの調査をワンクリックで行うことが可能となっており、その他にも、随時調査できる項目が追加されていく予定です。
オープンデータを利用したレポートシステムとなっていますから、一般的な第三者情報を提供しているツールやシステムに比べて、安くて細かい分析を行うことが可能となっており、1レポート1,080円という手軽な価格で利用することが可能です。必要なデータを、必要な地域のみで抽出することができますから、地域に合わせて最適な情報を抽出し、施策立案に利用することが可能となっているのです。

Spaadaの特徴

Spaadaの特徴としては、ワンクリックで簡単にオープンデータを抽出することができるという点です。
オープンデータを利用して施策立案を行う企業が非常に増えているのですが、実際にこのオープンデータを使いこなすことができていない企業が多いと言われています。Spaadaであれば、このオープンデータを簡単に抽出することができ、グラフ化や試算までを行うことが可能となっていますし、欲しい情報を欲しい地域を細かく指定した上で把握することができるため、非常に見やすく、使いやすいレポートとして利用することが可能となっています。

Spaadaの機能のご紹介

・日本全国のオープンデータを閲覧可能。
50メートル四方で地域を指定してデータの抽出が可能。
オープンデータとして把握できるのは、男女別人口年齢、将来人口推移、世帯種類、世帯人員、利用交通手段、介護施設の利用状況や建設予定などとなっています。今後拡大予定となっている情報としては、建物築年代推定、路線価検索、年収、昼間人口、交通量、男女就労者、就学者、消費支出、業種別売上などの情報が追加される予定となっています。
半径を指定して、その部分をクリックするだけでほしい情報を検索できます。
・レポート作成
オープンデータをグラフ化、数値化して表示可能。

Spaadaの詳細な利用料金

・1レポート1000ポイント
1ポイント1円
無制限アクセスの場合には、個別見積もりとなっています。

Spaadaの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームからとなります。
〇導入実績
・市民ワークショップ

メディア掲載

・Knowledge Connector

会社概要

会社名 マイクロベース株式会社
住所 東京都文京区本郷3丁目38−10 さかえビル2F

代表取締役 仙石裕明
設立 2018年8月1日
資本金 記載なし