SmartViscaは、Salesforceを利用している企業で導入することが出来るシステムとなっています。SmartViscaでは、スキャナやスマホから取り込んだ名刺をデータ化することが可能となるため、今まで手入力により、名刺のデータ化を行っていた企業にとって、営業マンの負担を大幅に軽減することが可能となりますし、名刺データの正確性も上がります。その他にも、データ化した情報を基に、マーケティング施策に活用することが可能となりますから、見込み客を把握しやすく、営業力高めることが出来るのです。
SmartViscaであれば、Salesforceを利用していれば簡単に導入することができ、Salesforceによって、CRM、SFA、そして名刺管理の全てを一元化することが可能となりますから、複数のシステムを利用するよりもコストの削減が可能となりますし、管理も楽になります。

SmartViscaとは


SmartVisca は、Salesforceと連携して利用することができる名刺管理ツールです。
運営元のサンブリッジでは、LeadVisca とSmartViscaの2種類の名刺管理ツールを用意しているのですが、LeadViscaの場合には、マルケトによりデータを保存しておくことができ、OCRでの読み取りや、オペレーターでの入力は全てオプションとなります。同様にSalesforceとの連携により、柔軟性持って利用することが出来るのですが、SmartViscaの場合には、自動的にOCRでの読み取りが行われます、オペレーターの補正は同じようにオプションとなりますが、翌日にはデータ化としてSalesforcに取り込むことが可能となり、データはSalesforce上で行われます。
もちろん外出先でも利用することができるよう、パソコンだけではなく、スマホなど様々なデバイスで利用することが可能となっていますし、スキャナを利用すれば、大量に名刺を取り込むことも可能となります。

SmartViscaの特徴

SmartViscaの特徴としては、Salesforceによる一元管理を行うことが可能であるという点です。
名刺の情報をデータ化して、Salesforce上に残しておくことで、たとえ、名刺を処分してしまったり、名刺保有者が退職してしまった場合でも、その情報を引き継ぐことが可能となります。
Salesforceとの連携により利用することができるシステムであるからこそ、非常に柔軟性が高く、様々なツールやシステムとの連携が可能となります。
名刺情報を基にして、電話の発信やメール送信などが可能ですし、活動予定なども把握することができます。そして情報は、社内で全て共有することができるため、顧客の情報だけではなく、商談進捗も把握することが可能となるのです。

SmartViscaの機能一覧

SmartVisca の機能としては、スマホのカメラ機能を利用したり、スキャナによる名刺の取り込みにより、OCR認識によるデータ化、そしてオプションによるオペレーター入力が基本機能となっています。オペレーターの補正が行われるため、メモ書きなどの手書き入力された部分もしっかりとデータとして残すことが可能となります。
オペレーターによる人工補正された名刺データは、翌営業日には正確なデータとして利用することが可能となりますから、イベント後など、素早くメールの作成が可能となり、見込み客へアプローチも可能となります。
その他にも、スマホからSmartViscaを起動させることで、データを利用して発信やメール作成なども容易に行うことが可能となります。

SmartViscaと連携できるサービス

・Pardot
・Salesforce

SmartViscaの価格

5名以下規模の場合
・初期費用5万円
・年間利用料96,000円
・年間名刺取り込み枚数960枚
・名刺デジタル化1枚100円
20名程度の規模の場合
・初期費用5万円
・年間利用料714,000円
・年間名刺取り込み枚数8,400枚
・名刺デジタル化1枚85円
イベント時に名刺の数が増える企業の場合
・初期費用5万円
・年間利用料3,900,000円
・年間名刺取り込み枚数6万枚
・名刺デジタル化1枚65円

SmartViscaの導入サポート

SmartViscaの契約を進めるには、必ずSalesforceを導入する必要があります。
データの保存も全てSalesforceで行われる事になります。
問い合わせは専用フォームから可能となっています。

導入サポート企業

・東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
・日本パレットレンタル株式会社
・日本パレットレンタル株式会社
・株式会社デジタルスフィア

導入実績

・Salesforceと連携できることで、顧客情報を確認しやすく、業務の効率が上がりました。名刺を持ち歩く必要がなくなり、名刺を紛失してしまうリスクも減り、非常に便利に活用しています。
・インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも顧客情報を確認することができるため、営業先でも利用できて非常に便利です。マニュアルを用意してあるため、初めて利用する場合にも、迷わずに導入することができました。

SmartViscaのメディア掲載

・PR TIMESにて紹介
・TechTargetジャパンで紹介
・マイナビニュースで紹介

会社概要

社名  株式会社サンブリッジ
設立  2012年10月
取締役  代表取締役会長 アレン・マイナー 
代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO) 小野 裕之
住所  東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル 11F

電話番号  03-5488-6010