SmartHashdehaでは、インスタとTwitter、この2つのSNSによるメンションやハッシュタグなどを収集することができるシステムとなっています。ハッシュタグを利用して、ユーザーの情報を収集する事で、キャンペーンを企画したり、企業で発信しているSNSにユーザーの情報を載せるなど、様々なシーンで活用することができます。
キャンペーンでハッシュタグを活用する場合には、不適切なワードを事前収集することが可能となりますから、管理や検閲も行うことができます。
ハッシュタグを通じて、動画や画像収集も可能となっており、ユーザーが掲載している画像や動画を、企業サイトや企業のSNSにアップする事もできます。画像は、自由に編集することができるため、必要な画像のみをアップすることが可能となります。
収集できるパターンとしては、@タグ、#タグの他に、@メンション+#タグ、@写真タグ+#タグの4種類となっており、様々な方法により、情報の自動収集が可能となっています。

SmartHashとは

SmartHashは、SNSを通じて企業の情報をハッシュタグとして載せているユーザーを自動で収集することができるシステムを提供しています。
ハッシュタグを利用してユーザーの情報を収集する事で、写真コンテストを開いたり、画像投稿してくれた人の中から抽選で…といったようなキャンペーンや、動画投稿コンテストや動画投稿キャンペーン、テキストキャンペーンとして、お題に沿った内容で川柳を募集する事もできますし、投票キャンペーンとして、顧客に人気が高い商品のマーケティングを行うことも可能です。その他にも、デジタルサイネージとして、ユーザーが投稿した画像や動画をつなぎ合わせてイベント会場で利用する事もできますし、自社サイトや、自社のSNSにユーザーの投稿した自社商品の画像や動画を投稿するといった使い方もできます。
SmartHashであれば、キーワード設定は自由に行うことができますから、必要な情報だけを簡単に収集することができますし、SNSを通じてキャンペーンを知った他のユーザーにも、キャンペーンに参加してもらいやすく、拡散しやすくなっています。キャンペーンが充実していると、商品について知ってもらう機会が増えますから、その分売上アップやフォロワー数増加につなげる事が出来るのです。

SmartHashの特徴

SmartHashの特徴としては、現在非常に会員数が多い、インスタとTwitterの2つのSNSの情報収集を自動で行うことができるという特徴があります。
この2つのSNSの管理は、1つの画面で管理することができるため、管理者側の負担なく、利用することが可能です。
その他にも、NGワードやNGアカウントの設定により、ブロックしたい情報を収集しないように設定することができるという特徴もありますし、炎上となってしまうようなユーザーをブロックし、ネット上での事故を最小限に食い止めることができるという特徴もあります。
SmartHashの導入により、他のサイトへの移行も簡単ですし、動画や画像を複数枚投稿、収集することができますから、拡散も容易です。収集した情報の中から特に目立たせたい内容をトップに持ってくることも可能となっており、キャンペーンを多くの人に知ってもらう事ができる機能が多数搭載となっているのです。

SmartHashの機能のご紹介

SmartHashでは、ハッシュタグを通じて、ユーザーの情報収集が可能。
Instagram、Twitterの2つのサイトでの情報収集が可能。
NGワードの設定により、自動でアカウントをブロック可能。
企業サイトにユーザーの情報を掲載可能。
画像や動画の編集が可能。デザインのカスタマイズも利用可能。
検閲機能により著作権や肖像権など、問題が発生しそうな画像を事前にブロック可能。
複数の画像や動画を一度に取得可能。
画像やテキストから他サイトへの誘導が可能。
投稿データの中から情報をピックアップし、掲載順位をつけることが可能。

SmartHashの詳細な利用料金

・初期費用148,000円
・月額2万円

SmartHashの導入時のサポート

キャンペーンや、イベント、プロモーションなどの企画や提案を行っています。
その他にも、キャンペーンサイトのデザインや構築も委託可能です。
SNSへの広告配信も行っていますから、キャンペーンをより多くのユーザーに知ってもらう事も可能です。
懸賞サイトへの投稿も行っていますし、SNS運用代行サービスも取り扱っています。
キャンペーンの問い合わせから、顧客情報の収集、抽選から商品の発送までをトータルで委託する事も可能です。
ホームページからチャット画面により、問合せを行うことが可能ですし、メールでの問い合わせも行っています。
〇導入実績
・関西大学
・永谷園
・hulu

メディア掲載

・エキサイトニュース
・メディアレーダー

会社概要

会社名 株式会社 World Wide System
住所 〒701-0165 岡山県岡山市北区大内田675 TELEPORT岡山 4階

代表取締役 藤井 祥生
設立 2000年7月19日
資本金 1,000万円