Smart Invoiceでは、請求書発送業務を効率よく進めるために、郵送の運用代行、Webでの請求書のやり取りを可能にしたサービスを取り入れています。
システムの導入により、Webから請求書を閲覧することができるようになりますから、いつでもどこでもインターネットさえ接続することが可能であれば、請求書を閲覧することが可能になります。Webからの請求書閲覧の場合には、1通40円、固定費をかけずに配信可能となっており、今まで印刷や封入、郵送にて請求書を発送していた企業にとって、請求書発送業務にかかる負担をなくし、本来の業務へ注力することが出来るようになるのです。
Web間でのやり取りではなく、従来と同様に、郵送を利用したい場合にも対応可能となっており、今まで自社で行っていた印刷や封入、郵送を全て代行するサービスも取り入れています。圧着ハガキを利用して請求書を送付することが可能となっており、1通あたり100円にて、郵送代行を委託することが可能となっています。多くの郵送代行では1通当たり150円程度での発送となっているため、非常に安く請求書を郵送することが可能となっています。たとえ請求書の数が膨大になってしまった場合でも、手間なく簡単に発送してもらうことが可能となっていますから、非常に効率よく業務を進める事が可能となっています。

Smart Invoiceとは

Smart Invoiceでは、請求書発送代行、及び、請求書のデータ化を取り入れたサービスを展開しています。
Smart Invoiceを活用することで、従来のように、印刷、封入、郵送という負担を企業側で行う必要なく、全て委託することが可能となりますから、非常に効率よく業務を進める事が可能となります。
Webを通じてPDFにて請求書を発行する場合、1通40円でのデータ配信が可能となっており、固定費は必要ありません。月によって請求書の数が変動する場合でも、配信した分だけの支払いとなりますから、請求書が発生しなかった月には、コストがかかる事なく利用することが可能です。PDFでのデータ配信の場合には、配信日時を事前に設定することが可能となっています。
郵送代行を依頼した場合には、PDFを利用したデータ配信は無料で行うことが可能となっています。郵送の場合、封書を利用して請求書を発送するのではなく、葉書タイプで圧着した上で内容が見えないように発送することが可能となっており、コストを極力抑えた上で請求書を発送することが可能となっています。
企業側では、作成した請求書のCSVデータを、Smart Invoiceにてアップするだけですから、請求書作成担当者の負担になることなく、手間をかけずに請求書を発送することが可能となっています。作成した請求書のデータは保存しておくこともできますから、過去の請求書をいつでも閲覧することが可能となりますし、データは暗号化された上で送信することが可能ですから、安全な環境下でシステムを活用することが可能となっています。
郵送委託を利用する場合、内容が他の人の目に触れてしまうのではないかと心配する企業もあるかと思いますが、封入は自動作業での取り扱いとなりますから、他社の社員の目に触れる事なく、データの情報漏えいが起きてしまう事なく、請求書を封入することが可能となっています。

Smart Invoiceの特徴

Smart Invoiceの特徴としては、請求書をCSVデータにてアップするだけで、手間なく取引先に請求書の発送、配信が可能になるという点です。
今まで請求書発送業務にかかっていた印刷、封入、郵送業務を全てお任せすることができるため、大幅な業務効率アップにつなげることができるのです。
その他、圧着ハガキを利用して請求書の発送を行うことが可能となっているため、極力コストを抑えて発送することが可能ですし、PDFによるデータ配信の他に、PDFプラス郵送、郵送だけと、企業に合わせてセレクトすることができるという特徴もありますし、コスト極力抑えたシステムとなっているため、利用した分だけの支払いとなるという特徴もあります。

Smart Invoiceの機能のご紹介

・郵送代行
圧着ハガキにした上で、内容が見えないように請求書を発行可能。
・請求書データ化
PDFデータによる請求書配信
・データ暗号化

Smart Invoiceの詳細な利用料金

・データでの請求書発行PDFによるデータ化1通40円
・圧着ハガキを利用した郵送代行1通100円PDF料金無料
利用した分だけの支払いとなり、固定費の支払いはありません。

Smart Invoiceの導入時のサポート

お問い合わせはメール、電話にて受け付けています。
・電話番号045-507-8067平日9時から17時まで対応可能。
詳しくはお問い合わせください。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・BOXIL
・クラウドレーダー

会社概要

会社名 enable株式会社
住所 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-5-2-309

代表取締役 佐伯 和俊
設立 2013年1月
資本金 3,000,000円