Salesforceのフィールドサービス管理ソリューションでは、フィールドサービス業務を効率よく進めることが出来るシステムとなっています。従来まで、紙書類を持って現場に行っていた社員にとって、フィールドサービス管理ソリューションの導入により、モバイルを通じて作業指示書を確認する事が可能となり、いつでも指示書をチェックしたり、対応状況のチェックをしたり、スケジュールの確認を行う事が可能となります。
導入により、移動時間を30%削減、業務コストを40パーセント削減、時間外業務の15%削減、対応案件を40パーセントアップさせることが可能となります。
様々な企業の悩みを解決することが可能なシステムとなっており、顧客からの依頼に迅速に対応することができていない企業や、大量の資料の中から顧客対応に必要となる情報を探すのに手間がかかり、初回解決率が低くなってしまう企業、案件ごとに担当者を把握することができておらず、社員の業務を把握しきれていない企業、対応手順、作業手順を把握しておらず、対応に時間がかかってしまう企業などにおすすめとなっており、全てをモバイル上で管理することで、効率よく業務を進めることが可能となります。

Salesforceフィールドサービス管理ソリューションとは

Salesforceのフィールドサービス管理ソリューションでは、顧客の購買履歴と、問合せ内容を記録しながら、フィールドサービスを行う時に的確な指示書をモバイル上で作成することができるシステムとなっています。企業内での連携をサポートし、迅速に対応しながら、効率よくフィールド業務を進めていくことが可能となっており、フィールド業務を実際に行う社員が業務をスムーズに進めることができるようになります。管理者側では、社員がどこでどのようなフィールド業務を行っているのかを簡単に把握することが可能です。その他、作業者を簡単に割り振ることができるようになりますから、対応すべき顧客を把握しやすくなりますし、窓口では、問合せに対して、現在どのような状況になっているのかをリアルタイムで把握し、スピーディーな案内を行う事が可能となっています。
業種縛りなく、様々な企業で活用することが可能となっており、顧客情報と紐づけて対応管理を残しておくことが可能となりますから、メンテナンス時期の把握や、修理依頼や修理内容を記録していくことも出来ますし、点検や配送工事時期など、全ての情報を統合して管理することが可能になります。
窓口、業務割り振り、フィールド業務担当者、管理者、全ての社員の連携をスムーズにし、顧客対応の品質をアップさせることができるため、顧客満足度の向上へとつなげることが可能です。

Salesforceフィールドサービス管理ソリューションの特徴

フィールドサービス管理ソリューションの特徴としては、顧客応対の品質を向上しながら、作業時間を削減し、効率よく顧客応対を進めることができるようになるという点です。移動時間のロスをなくし、業務コストや時間外労働を削減しながら、顧客満足度をアップさせ、対応案件数を増やすことが可能となります。
その他、今まで紙書類を利用して案件を管理していた企業にとって、全てをモバイル化することができることで、情報の抽出を簡単に行う事が可能になりますから、顧客に対応状況について把握しやすく、スムーズな管理、顧客応対を実現可能となります。
業種縛りなく、フィールド業務を行っている企業であれば、どんな企業でも利用することが可能となりますから、企業規模関係なく、活用可能です。

Salesforceフィールドサービス管理ソリューションの機能のご紹介

・問い合わせ窓口
顧客からの対応を受け付けて、指示書を作成、顧客情報に指示書を添付し、初回解決をサポート
・担当者割り振り
顧客からの問い合わせを担当者に割り振り、担当者はその日のスケジュールを把握可能。
・サービス担当者
ガイド付きの作業手順を利用可能、オフラインでもモバイルを通じてアクセス可能、作業状況をリアルタイムに把握可能。
・マネージャー向け機能
意思決定の見える化、KPI指数を最適にするためのアクションを明確にすることが可能。

Salesforceフィールドサービス管理ソリューションの詳細な利用料金

価格についてはお問い合わせください。

Salesforceフィールドサービス管理ソリューションの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォーム、ホームページ上のチャット、電話にて受け付けています。
・電話番号0120-733-257までお問い合わせください。
〇導入実績
・荏原製作所
・湘南美容クリニック

メディア掲載

・ZDNet Japan
・クラウドウォッチ
・ITメディア

会社概要

会社名 株式会社セールスフォース・ドットコム
住所 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12F

代表取締役 小出 伸一
設立 2000年4月
資本金 4億円