Sakuraコールセンターシステムは、インバウンドとアウトバウンド両方を兼ね揃えているコールシステムです。CTI機能と、コールセンターシステムの連携ができるツールとして、2017年ITトレンド年間ランキングで1位を獲得しているパッケージソフトです。
Sakuraコールセンターシステムは、クラウド型のシステムですから、導入により、テレアポ管理を全て補う事が可能となっています。
1席2,500円からと非常に低価格で導入することが可能ですし、最少人数1席、そして契約最小期間1週間となっていますから、中小企業でも気軽に導入することができます。
搭載されている機能は非常に充実しており、導入によりコールセンターとしての機能を全て整えることが可能となりますから、業務の効率を上げることができ、顧客満足度を高めることができるのです。

Sakuraコールセンターシステムとは


Sakuraコールセンターシステムは、顧客の管理から、レポート作成、通話モニタリングや通話録音など、コールセンター業務に必要となる様々な機能を兼ね揃えているシステムとなっています。
今まで顧客の情報を全てExcelで管理をしていた企業の場合、見込み客の把握が難しく、何度も同じ企業に連絡をしてしまい、クレームが発生してしまうなどのトラブルがありがちでしたが、顧客管理リストを活用する事で、見込み客を一元管理できるようになり、コール履歴を一目で把握することが出来るようになりますから、効率よく顧客への架電を行うことが出来るようになるのです。
その他にも、条件を指定して、顧客リストから情報をピックアップすることが可能となっていますから、見込み客を抽出しやすく、作業効率を一気にアップすることが可能となります。

Sakuraコールセンターシステムの特徴

Sakuraコールセンターシステムの特徴としては、システムの拡張を容易に行うことができるという点です。システムの連携を行うことで、必要な機能を徐々に追加していくことが可能となっています。利用状況に合わせて、席数の増加も簡単に行うことが出来ます。
その他にも、操作が非常に簡単で、誰にでもわかりやすくシステム構築されているという点や、低価格での利用が可能となるという点、セキュリティにも力を入れているという特徴があります。企業側で簡単にカスタマイズをする事も可能となっています。

Sakuraコールセンターシステムの機能一覧

・統計レポート
・クリック発信
・ソフトフォン
・音声ナビ
・管理設定
・通話録音
・コール数のチェック
・通話モニタリング
・ウィスパリング
・顧客リスト管理

Sakuraコールセンターシステムと連携できるサービス

・Salesforceとの連携により、更に業務の効率アップが可能。
導入にはSalesforceのライセンスが必要となります。

Sakuraコールセンターシステムの価格

・Sakuraアウトバウンド
初期費用30万円
1ID5千円から
・SakuraCTI
初期費用5万円
1内線2,500円から

Sakuraコールセンターシステムの導入サポート

資料請求やお問い合わせは専用フォームからとなります。
電話での問い合わせも可能です。
・電場番号0120-889-236平日9時から18時まで対応しています。

導入サポート企業

・有限会社リンクアップ スタッフ
・株式会社monosus(モノサス)
・Dream24様

導入実績

・有限会社リンクアップ スタッフ
導入により、業務効率を大幅に高める事に成功しました。
Sakuraコールセンターシステムでは、データを入力しながら通話が可能となっているため、非常に効率よく業務を進める事ができ、非常に便利です。導入により、今までよりも100件以上の架電数アップに成功しました。
・株式会社monosus(モノサス)
非常に低価格なのが魅力ですね。社員からも画面が見やすくて使いやすいと好評です。
部署同士との情報共有や連携も出来るようになったことで、非常に効率よく業務を進められるようになりました。
Dream24様
導入により、大幅な受注率アップとなり、新規開拓がスムーズに行えるようになりました。顧客の情報をリアルタイムに共有することができるため、見込み客の把握や、コンタクト時期の把握などを確認しやすく、顧客管理面で便利に活用しています。

Sakuraコールセンターシステムのメディア掲載

・Orange Oparationで紹介
・ITトレンドで紹介

会社概要

社名  株式会社アースリンク
設立  1997年6月
資本金  1,586万円
取締役  宮下 慶太
住所  東京都多摩市永山1-5 べルブ永山5階

電話番号  042-355-8025