リコーRPA活用支援サービスは、今まで人の手で行ってきた業務を自動化することができるRPAシステムです。バック業務として派遣社員や外注依頼していた業務や、ホワイトカラーの定型業務などの自動化を行うことが出来るシステムとして2017年4月から株式会社リコーにより提供が開始されました。
従来のRPAシステムでは、定型業務のみの自動化だけではなく、AIを導入してRPAシステムを構築しているため、定型業務だけに限定せず幅広い業務の自動化を行うことが可能となっています。
スキャニングした物を、テキストデータとして取り込むOCRも組み合わせ、様々な書類作成の自動化も可能となりますし、集計や入力だけではなく、加工、出力など、様々な業務の自動化を行うことが出来るようになっています。

リコーRPA活用支援サービスとは


リコーRPA活用支援サービスとは、業務の自動化により、高品質でスピーディーに業務を行ってくれるロボットです。
導入により、人手不足の解消を可能とし、高付加価値な業務へ社員の仕事をシフトさせることが出来るようになりますから、生産性を高め、企業内の活性化にもつながります。
既存のシステムを変更する事なく、簡単に導入することができますし、業種を限定せず、業務に縛りもなく、様々な業務の自動化が可能となっています。ノンプラミングでの導入となりますから、短期間で利用開始していただくことが可能となっていますし、業務の規模に合わせて徐々に拡張していくことも可能です。
コンサルティングも行っていますから、業務の働き方改革を進めるうえで、効果的にRPAシステムを導入することができ、業務効率化と人材の活性化のために、非常に高い効果を発揮してくれるシステムとなっています。

リコーRPA活用支援サービスの特徴

リコーRPA活用支援サービスの特徴としては、既存システムの変更なく導入が可能となる点や、定型業務であれば、業種を問わず導入が可能となる点、その他にも、短期間での導入が可能となる点や、低コストでありながら、小規模から導入を開始することが出来る点などがあげられます。

リコーRPA活用支援サービスの機能一覧

リコーRPA活用支援サービスでは、様々な業務を自動化することが可能です。
データ収集や、データの集約、システムの入力といった今まで人の手を使って何時間もかけて行っていた定型業務を基本とし、販売処理や経費処理、マーケティングによる顧客リストの作成、情報収集など多岐にわたる業務の自動化が可能となっています。
1つの業務だけを自動化できるわけではなく、複数の作業をまとめ、一連の流れとして、全て自動化することも可能です。
ロボットには学習機能がついていますから、一度ミスとして登録された部分は、二度とミスをする事はなく、ルールやフローを書き換えながら柔軟に対応することが可能となっています。
ロボットですから、休みを与える必要はありません。必要な時に必要なだけ稼働させることができますから、24時間365日いつでもロボットに業務を託すことができます。

リコーRPA活用支援サービスと連携できるサービス

リコーRPA活用支援サービスでは多くのシステムやアプリと連携可能となりますが、Fastトライアルサービスを利用することで、既存システムやアプリなどが正常に稼働するかどうかを確認することが可能です。

リコーRPA活用支援サービスの価格

・Fastトライアルサービス
ライセンス数に応じて個別で見積となりますから、詳しくはお問い合わせください。
・スタートアップ支援サービス
初年度1,370万円、2年目720万円
・パワーアップ支援サービス
長期利用モデル年間2,650万円から

リコーRPA活用支援サービスの導入サポート

リコーRPA活用支援サービスでは、コンサルティングから導入支援、開発までをサポートしています。
・Fastトライアルサービス
簡単な評価を行い、RPAシステムの導入により、どの位の効果が出るのかを判断し、体験として利用することが可能です。連携確認をする事もできます。
・スタートアップ支援サービス
実際に必要となる業務に活用できるロボットの設計や開発のサポートを行います。支援期間が終了となった場合には、オンサイトテクニカル支援を利用していただくことが可能です。
・パワーアップ支援サービス
オンサイトテクニカル支援により、本稼働をサポートします。

リコーRPA活用支援サービスのメディア掲載

・クラウド Watchにて掲載

会社概要

社名 株式会社リコー
設立 1936年2月6日
資本金 1,353億円
取締役 山下 良則
住所 東京都大田区中馬込1-3-6

電話番号 03-3777-8111
従業員数 97,878名