Relationship Managerでは、顧客の行動や、好きなジャンルを把握し、顧客一人一人に合わせた最適なチャネルで、最適なアプローチを行うことができマーケティングオートメーションです。
一定の条件を指定することで、その条件に合った顧客に対して自動でアプローチを仕掛けることが可能となっており、顧客分析、キャンペーン管理、オファー管理、インタラクション管理、そしてコミュニケーション最適化などの機能を活用しながら、売上を上げていくことが可能となっています。
分析では、顧客の行動やクリック率、閲覧しているページなどを把握し、それらを表やレポートにして分析することが可能となっています。行動トレンド分析、クロスセグメント分析、パーセンタイルプロファイリング、関連性分析を用意しており、これらの分析により、アクションをしかける顧客を抽出していくことになります。キャンペーン管理では、分析によりはじき出した対象顧客へ、どのチャネルを利用してどのキャンペーンの打ち出しが効果的となるのかを検討しながら設定を行っていきます。選定に役立つ情報としては、分析でレポート化されている顧客の行動や嗜好、クリック、選択肢によるセグメンテーションの他、外部リストをインポートしたり、ユーザー定義やカスタムSQLの活用、テーブルフィールドなどを活用します。その他過去のキャンペーン結果を参照する事も可能です。
Relationship Managerであれば、顧客のレスポンス取得、顧客へのチャネル配信、対話プロセス設定を自動で行うことが可能となっており、効率よくマーケティングを進める事が可能となっています。

Relationship Managerとは

Relationship Managerでは、顧客の行動を把握し、顧客に合わせて最適なコミュニケーションを提供することができるツールとなっています。顧客の嗜好を把握することが可能となっており、顧客のニーズに合わせた配信を行うことが可能となっていますから、顧客とのコンタクト機会を最大限に活用することが可能となっています。
集めた顧客の情報は、スコアリングを行うことが可能です。スコアリングされた顧客に対して、事前に設定したルールに合わせてメッセージ配信を行うことで、個別のフォローが可能となっています。
Relationship Managerであれば、キャンペーンの内容や顧客の情報を把握した上で、チャネルを自動で選択し、実行指示を行うことが可能となっていますし、拡張性の高いシステムとして、他システムとの連携もスムーズに行うことが可能です。
キャンペーンが複数行われる場合など、顧客に何度も連絡がいってしまう事がないよう、Relationship Managerであればキャンペーンに優先度をつけ、配信が重複してしまう事がないようにコントロールする事も可能となっています。その他、タイミングも顧客に合わせて最適な時間に配信されるように自動でコントロールできます。

Relationship Managerの特徴

Relationship Managerの特徴としては、非常にわかりやすくシンプルな画面設定であるという点です。その他、情報の共有も簡単に行うことが可能ですし、キャンペーンの再利用も可能となっていますから、非常に効率よく、他部署との連携や新たなキャンペーンの打ち出しが可能になるという特徴もあります。
スケジュール機能を利用すれば、キャンペーンは自動で行うことが可能となっており、社員の負担を大幅に減らしながら効果的なアプローチを行うことができるのです。
Relationship Managerでは、分析、計画、実行、収集、蓄積、評価、という流れをスムーズに進める事が可能となり、このループが確立することで、安定した売り上げにつなげることが可能になっています。

Relationship Managerの機能のご紹介

・分析
顧客の属性と行動を把握する行動トレンド分析、2つの顧客をセグメントし、縦横から関係性を把握することができるクロスセグメント分析、顧客をランク付けできるパーセンタイルプロファイリング、顧客が好む商品を把握できる関連性分析を利用可能。
・キャンペーン管理
キャンペーンの一元管理が可能。
セレクションマネージャでは顧客データを元にしてキャンペーンを設定可能となっており、コミュニケーションマネージャでは、対話を通じて顧客のレスポンスを取得し、対話管理を自動で行うことが可能です。
・オファー管理
個別で顧客へアプローチが可能。
・インタラクション管理
各チャネルの提供を行い、実行指示を行います。
・コミュニケーション最適化
配信が何度も送られてしまう事がないように管理可能。

Relationship Managerの詳細な利用料金

料金はお問い合わせください。

Relationship Managerの導入時のサポート

不明点は日本テラデータ株式会社のホームページへお問い合わせください。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・日本経済新聞

会社概要

会社名 日本テラデータ株式会社
住所 東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズ フロントタワー

代表取締役
設立 2007年(平成19年)4月20日
資本金 4億9千万円