rakumo ケイヒは、経費精算に関わる様々な社員の負担を軽減することが可能なシステムとなっています。
定期券を持っている社員の定期区分を自動で控除しながら、スケジュール上から交通費の計算を全て自動で行うことが可能となっており、スムーズに申請を行うことができます。
rakumo ケイヒでは、NAVITIMEとの連携が可能となっているため、出発駅と到着駅をスケジュールに入力するだけで、路線ルートや運賃を自動で表示し、申請書に入力することが可能となっており、ミスなく正確な申請を行うことができるのです。ワークフロー申請にも活用することが可能となっていますし、差戻しもコメントをつけた上でスムーズに行うことが可能となりますから、非常に効率よく申請から承認までの流れを作ることが可能となっています。
スケジュールから交通費申請を行う場合には、カレンダーとの連携を行う必要がありますが、カレンダーとの連携により、交通費の計算を自動で行うことが可能となり、効率よく業務を進める事が可能となります。
その他、会計システムとの連携も可能ですから、経費を自動で会計システムに仕訳した上で組み込むことも可能となりますし、電子帳簿としての保管にも対応可能となっています。
申請書として提出する項目は、企業ごとにカスタマイズして利用することが可能となりますから、いらない項目を省いて、必要な項目だけを申請書の項目として設定することが可能となっています。

rakumo ケイヒとは

rakumo ケイヒでは、申請をスムーズに行い、経費管理を楽に進める事が可能なシステムとなっています。
交通費計算を行う場合には、毎回経路を調べなければならず、定期券区分も控除して計算しなければいけないため、非常に面倒な業務となりがちですし、計算ミスが起こりがちとなってしまいますが、rakumo ケイヒを活用すれば、スケジュールと連携して、予定を入れるだけで、その予定に合わせて交通費を自動で計算することが可能となっています。カレンダーに出発駅と到着駅を入力するだけで、後は線路選定も交通費計算も自動で行うことができるのです。定期区分も控除された上で、自動で申請書へ入力することが可能となりますから、手間なく簡単に申請を行うことが可能となりますし、スマホから簡単に申請を行うことも可能となっています。スマホから申請する場合には、スマホで撮影した領収書も添付可能となります。
その他、電子帳簿にも対応可能なシステムとなりますから、ペーパーレスによるコスト削減も可能となりますし、交通費以外の経費の申請にも活用することが可能でき、各種申請業務や経費管理を楽に進める事が可能となります。
rakumo ケイヒであれば、申請を行う社員の負担を軽減するだけではなく、経費担当者のチェック項目を最小限に抑えることが可能となりますから、業務コストを削減することが可能となっています。

rakumo ケイヒの特徴

rakumo ケイヒの特徴としては、経費に携わる様々な社員の負担を軽減することが可能になるという点です。
申請を行う社員は、カレンダーに出発駅と到着駅を入力するだけで、ルートと交通費を自動で計算し、申請書に入力することができますから、検索を行う手間がなくなり、楽に交通費申請を行うことが可能となりますし、スマホを利用していつでもどこでも申請を行うことが可能となっています。
経営者側では、お金の流れを可視化することが可能となりますから、戦略的な計画を立てることが可能となりますし、経費担当者側では、チェックしなければいけない項目を最低限に抑えて負担なく経費管理を行うことができるのです。
スケジュールと連携可能であったり、NAVITIMEと連携可能であったりと、効率よく申請を行うことができる便利なシステムとして活用可能です。

rakumo ケイヒの機能のご紹介

・運賃や乗換ルートを自動で計算し、申請書に入力可能。定期区分も自動控除可能。
・会計システムとの連携が可能。
・NAVITIMEとの連携が可能。
・スケジュールとの連携が可能。
・電子帳簿対応可能。
・データ出力項目の設定
・差戻しを行う時にはコメントをつけることができます。

rakumo ケイヒの詳細な利用料金

・月額300円

rakumo ケイヒの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
詳しくはお問い合わせください。
〇導入実績
・株式会社識学
・株式会社StudioGOONEYS
・メディカル・データ・ビジョン株式会社

メディア掲載

・ITレビュー
・マケスト

会社概要

会社名 rakumo 株式会社
住所 東京都千代田区麹町3-2 垣見麹町ビル6階

代表取締役 御手洗 大祐
設立 2004年12月17日
資本金 99,000千円