QuickCRMでは、顧客管理により、顧客応対の品質を向上することができるコンタクトセンター向けのCRMツールとなっています。
様々な機能を搭載していますが、企業に合わせて必要な物だけの契約を進める事が可能となっており、通常業務にプラスして顧客対応を行うことができるサービスや、コンタクトセンター業務に特化したサービスなどを提供しています。
現在のバージョンでは、プログラミングを行うことができるサービスは提供されておらず、着信モニターやの管理や設計、自動発信制御、ポップアップ画面の表示による入力など、プログラミングの知識なく、誰にでも簡単に利用することが可能となっています。
クラウド型のサービスとなっていますから、インターネット環境さえ整っていれば利用することが可能となっており、低コストで導入することができます。
様々な電話系クラウドサービスとの接続が可能となっており、Avaya、ソフトバンク、Fusion、CT-e1/SaaSは、動作環境を確認済みとなっていますから、スムーズに接続することが可能となっています。
クラウド型のサービスとなっていますが、オンプレ版を利用している企業でも利用することが可能です。

QuickCRMとは

QuickCRMは、コンタクトセンターに特化した顧客管理システムとなっており、目的に合わせて3種類のサービスから選択することが可能となっています。
Office Editionでは、ビジネスフォンを利用して顧客応対を行うことが可能となっており、いつでもどこでも、スムーズに顧客応対を行うことができます。着信モニター機能が搭載になっており、顧客の待ち時間を確認したり、顧客の詳細情報を入力できるポップ画面の表示、対応結果を入力して管理したりすることが可能となっています。
Standard Editionでは、インバウンド、アウトバウンド、どちらにも対応可能なコンタクトセンター専用の顧客管理となっており、オブジェクトに合わせて問い合わせ管理を行うことが可能となっています。オブジェクト制御する事も可能ですし、問合せ履歴を残しておくことも可能となっており、問合せ内容を基に、FAQを作成する事も出来ます。その他、顧客にアンケートに答えてもらうことも可能となっています。
Advance Editionでは、様々なシステムなどとの連携を行っている企業にお勧めとなっており、対応を一時格納したり、画面共有を他部署と共有したり、複雑な条件下でのテストを行ったりと、細かな設定までを行うことが可能となっています。
タブレットオプションを契約することで、外部からでも、顧客情報の閲覧が可能となりますし、情報共有をスムーズに行うことができます。アウトバウンドオプションでは、コールリストの作成や分配、発信制限や自動発信などを利用することが可能です。その他、メール受信を振分けできるマルチチャネルオプションや、チャットでの問い合わせ管理や、対応する部署へと問い合わせを転送できるコミュニケーションオプションなども用意しています。

QuickCRMの特徴

QuickCRMの特徴としては、10年を超えるコンタクトセンターに適したCRMを開発してきたノウハウにより、最適な顧客管理機能を兼ね揃えているという点です。
利用するサービスを、企業に合わせてチョイスすることができるため、コストを抑えて導入しやすくなっていますし、プログラミングを必要とせずに、簡単に設定することができるという特徴もあります。
複数の電話サービスに対応していますし、オンプレを利用している企業でも利用することができるという拡張性の高さも、QuickCRMの特徴となっています。

QuickCRMの機能のご紹介

・Office Edition
ビジネスフォンを利用して顧客応対が可能。
着信モニター機能により、顧客の待ち時間を把握可能。
顧客情報もモニターから確認できます。対応結果の入力も可能。
顧客情報の入力は、ポップアップ画面により、簡単に登録可能となっていますし、切断ボタンや保留ボタン、パーク保留ボタンなども搭載されています。
・Standard Edition
画面をカスタマイズ可能。
オブジェクト管理、オブジェクト制御が可能。
顧客問い合わせ内容を履歴として残すことができます。
問い合わせが多い内容をFAQとして作成できます。
顧客とのアポイントを取り、対応を行い、その後履歴を残すこともできます。
顧客にアンケートに答えてもらうことができます。
・Advance Edition
変数名の変更、条件成約、複雑な条件下でのテストを行うことが可能。

QuickCRMの詳細な利用料金

価格は個別問い合わせとなります。
詳しくはお問い合わせください。

QuickCRMの導入時のサポート

お問い合わせは、メールもしくは電話から受け付けています。
・電話番号03-6891-1010平日10時から18時まで対応しています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・キーマンズネット
・TechRepublic Japan

会社概要

会社名 株式会社MITシステム研究所
住所 東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー11F

代表取締役 水尾 恒雅
設立 1980年6月
資本金 9,000万円