Push7は、プッシュ通知を利用したマーケティングツールです。現在までに8,000社が導入している実績あるシステムとして、様々な企業で利用されており、実際に1億を超える配信実績があります。Push7は、コードをサイト内にコピー&ペーストするだけですから、約3分程度で設定は完了となる簡単設定となっています。プッシュ通知は、メール配信に比べて開封率が非常に高く、メール配信の開封率が3パーセント程度であるのに対し、プッシュ通知の場合には20パーセント程度の開封率を維持することができますから、効率よく顧客にメッセージを届けるためには、プッシュ通知が最適なのです。開封率が高ければ、それだけ高い効果を期待することが可能となっています。
Push7は、アプリを利用したプッシュ通知ではなく、Webに対してオプトインするタイプのプッシュ通知です。そのため、Windowsやアンドロイド、MacなどOSに縛りなく、様々な媒体に配信することが可能となっています。配信は全て自動で行うことが可能となっていますから、企業側の負担なく導入することが可能となりますし、ワードプレスのプラグインも用意していますから、ワードプレスを利用している企業にも導入しやすくなっています。

Push7とは

Push7では、アプリを利用する事なく、Web上にプッシュ通知の配信を行うことができるツールを提供しています。
Push7の導入により、特定の顧客にのみ、セグメント配信を行うことが可能となっており、顧客にとって必要となる案内や、クーポンなどを特定の顧客にのみ配信することができます。プッシュ通知をクリックすると、ページ遷移が行われることが多いのですが、Push7であれば、ページ遷移を行う事なく、その場でプッシュ通知を表示することができるため、ページ遷移による離脱を防ぐことも可能です。
配信はRSSにより自動配信を行うことも可能ですし、日時を指定して予約配信を行うこともできます。その他、ABテスト機能も搭載されていますから、ABテストにより、効果が高いプッシュ通知を厳選する事も可能となっています。
プッシュ通知の配信は、アナリティクス機能により、全て集計され、どの位の効果が出ているのかを把握することが可能です。そのため、ABテストや分析結果を元にして、プッシュ通知を改善しながら成果を上げていくことができるのです。
Push7では、無料プランが用意されています。無料プランだけでの継続利用も可能となっていますから費用をかけずにプッシュ通知を利用する事も可能です。無料プランの場合には、セグメント配信や顧客管理機能を使用できなかったり、配信記録のダウンロードが不可、テクニカルサポートが付いていなかったりと、有料版に比べて若干機能は低下しますが、無料プランを利用することで、実際にどの位の効果があるのかを把握することが可能となります。
導入により、マーケティングでの管理者側の作業工数を減らし、業務を効率よく進めながら、売上を最大限にまで引き延ばすことが可能となっています。

Push7の特徴

Push7は、オプトインタイプのプッシュ通知であるという特徴があります。アプリを導入する事なく様々なプラットフォームに配信することができますから、デバイスやOSに縛りなく利用することが可能となっています。
その他、配信を自動化する事が可能であるという特徴もありますし、分析機能も搭載されていますから、負担なく、最適なプッシュ通知を配信できるという特徴もあります。導入や利用は非常に簡単に誰にでも出来るように構築されていますし、様々なシステムとの連携も簡単に行うことができるという点も、Push7の魅力であると言えるでしょう。

Push7の機能のご紹介

・プッシュ通知配信
自動配信や予約配信可能。
ページ遷移なく表示可能。
セグメント配信にも対応。
様々なプラットフォームへ配信可能。
・連携
API連携やDBその他APIシステムとの連携が可能。
・分析
ABテストの実施可能。
アナリティクス機能搭載。
・ワードプレス対応
プラグインを用意しています。
・配信記録のダウンロード
CSVによるダウンロードが可能。
・独自ドメイン利用可能。

Push7の詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
無料プランも用意しています。
詳しくはお問い合わせください。

Push7の導入時のサポート

テクニカルサポートは有料プランの場合のみ利用可能です。
無料登録やお問い合わせ、資料請求は専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・RICOH
・T-POINT
・マクロミル

メディア掲載

・Prtimes
・ZDNet Japan
・exciteニュース
・ecのミカタ
・楽天インフォシークニュース

会社概要

会社名 株式会社GNEX
住所 東京都品川区東品川2丁目2番地28号 Tビル2F

代表取締役 三上 洋一郎
設立 2013年3月
資本金 4,835,000円