商品や製品の購入というのは意外と無駄なコストがかかっており、改善させることにより大幅コストダウンへとなります。

PROCURESUITE(プロキュアスイート)は、購買業務に発生するオペレーションコストを大幅削減へとみちびくサービスです。
調達業務時のオペレーション効率化や購買情報の可視化や一元化により、調達業務工数の軽減へとみちびきます。
カタログサイトとの連携により、大幅コストダウンやグローバル展開など、理想的な勾配管理とすることができます。
クラウドタイプなので、大きな初期費用は必要ありません。

PROCURESUITE(プロキュアスイート)とは

大幅な事務工数の削減や関節材の購買価格最適化などを実現する、購買管理サービスです。
関節材購買にある課題を一元化した購買内容へと変えることで、調達業務工数の削減数は異例の60%削減であり、無駄が多かった調達業務を大幅削減して購買業務のコンプライアンス化とします。
インターネットを使って商品納品を行うことで効率化とし、購買統制をして原価削減や変化制限へとみちびきます。
カタログサイトとの連携やコスト削減、グローバル展開など、調達業務の革新を与えてくれます。

PROCURESUITEの特徴

3つのPROCURESUITEの特徴を、ご紹介します。

・見積から検収までの一連購買業務のプロセス実現
様々な勾配方法に対応しており、都度見積購買をはじめ、カタログ購買、支払請求処理などの購買方法に対応をしています。
そのため、そのタイミングや商品に応じた様々な勾配業務プロセスに対応することができます。

・購買情報の一元化・可視化
それぞれの利用者にて、見積中や承認中などの進捗状況を共有することができます。
また、過去の見積書の履歴を引用して、見積書の依頼を作成することもできます。
単価情報の共有により、サプライヤーと価格交渉ができます。

・関節材購買支援カタログサイトとの連携
少額なのに工数がかかってしまう関節材はどのように購入するとベストなのかの、最高の方法を提案してくれます。
豊富な導入事例により、調達支援システム導入の際に発生する様々な課題や問題に対し、使いやすくシンプルな仕組みを提供します。

PROCURESUITEの様々な機能のご紹介

・操作画面設定
ご利用のユーザーが使いやすいよう、それぞれの項目の表示順序の変更が可能です。
降順や昇順などの、データの並べ替えもニーズに合わせて設定ができます。

・クイックリンク
それぞれの購買担当者ごとに、仕掛や未処理件数を画面表示させることができます。
そのため次のアクションを素早く起こすことが可能となり、作業漏れ防止へとみちびきます。

・様々な購買業務プロセスに対応
都度見積購買やカタログ購買、支払請求処理など、購買方法に合わせて最適な方法を選ぶことができます。

・利用懸念
IDやパスワードにて利用者を認証し、ユーザーごとの業務権限により利用可能な機能を限定することができます。
コンプライアンス強化のために、様々な業務用権を搭載しています。

・本社や事業部、工場にてシステム利用可能
分散や集中などの様々な勾配方式に対応していることにより、本社や事業部、工場などにてご利用ができます。

・グローバル対応
多言語対応で多通貨対応のため、外国の方が在籍している企業や海外でも仕事を展開している企業に大変適しています。

・MRO購買支援カタログサイトとの連携
樋サービスでは、少額なのに工数がかかるMRO商品の購入の際、どのように購入するのかについてベストな方法の提案をします。
調達支援システム導入の際に発生してしまう色んな問題や課題に対して、豊富な導入事例に基づいて、使いやすい仕組みを提供してくれます。

・会計連携
外部会計システムを、検収データと連携することができます。

・在庫管理
在庫品に対する、受払管理や棚卸、発注点管理を可能とする機能です。

・予算管理
組織やプロジェクト、品目別にて、別の予算管理をすることができます。

・豊富なオプション
会計連携や在庫管理など、豊富なオプションテンプレートのご利用が可能です。

この他にも、便利で効率的なサービスや機能が豊富です。

PROCURESUITEのご利用料金

〇基本サービス費用
・クラウドサービス:月額費用150,000円より、初期導入費用:導入内容により見積もり

細かい部分は、お問い合わせとなります。

トライアル利用希望は、お問い合わせより確認が可能です。

記載なし

〇導入実績

・株式会社ワコム
・株式会社フコク
・富士重工業株式会社
・株式会社カネカ
・パイオニア株式会社

メディア掲載

記載なし

会社概要

会社名 大興電子通信株式会社
住所 〒162-8565 東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル

代表者 代表取締役 CEO兼CEO 松山晃一郎
設立 昭和60年12月1日
資本金 19億69百万円