Pentahoは、様々なデータを統合して分析結果として表示することが可能なシステムです。SNSのデータや業務内で発生するあらゆるデータを統合して分析することが可能となっており、様々な形式で可視化することで、視点を変えて分析を行うことが可能となっており、細かな気づきや発見へとつなげ、スピーディーな意思決定へとつなげることができるのです。
データの集計及び分析の2つを搭載したシステムとなっており、誰でも簡単に、集計、及び分析を行うことができますから、手間なく簡単に必要な情報の分析を行うことが可能となりますし、一貫して集計から分析までを行うことで、データの比較も楽に行うことが可能となっています。
Pentaho では、SNSやIoTなどの情報の分析することが可能となっているため、これからの時代に合ったBIツールとして活用することが可能となりますし、これらのデータを活用することで、改善を素早く行うことが可能となり、リスクを最小限に抑えて生産性のアップへとつなげることができるのです。
ビッグデータにも対応可能となっていますから、様々な企業で活用可能となりますし、これらのビッグデータの集計や分析もスピーディーに行うことが可能となっています。

Pentahoとは

Pentahoは、最先端な分析システムとして、SNSやIoTなど、センサーデータまでを分析結果として表示することが可能なシステムとなっています。もちろん、業務内で発生する様々な情報を分析結果として表示する事も可能となっており、データ集計から統合、そして分析までをスピーディーに行うことが可能となっています。素早くデータを可視化することができますから、業務改善も素早く行うことが可能となりますし、分析結果をレポートにて表示したり、出力したりすることもできますから、様々ンシーンでデータを活用する事も可能となっています。
必要なデータソースは、簡単に接続することが可能となっており、他新システムや新技術と連携する場合にも、素早く対応することが可能となっています。
データはダッシュボードに複数のグラフを並べて表示し、リアルタイムで更新する事も可能となっていますから、いつでも最新の情報を閲覧することが可能となり、状況の変化にも即座に対応することが可能となっています。
実績豊富なシステムとして、現在までに1,500社以上が導入しており、500万回以上がダウンロードされていますから、安心、安全な環境下で利用することが可能です。

Pentahoの特徴

Pentahoの特徴としては、簡単に操作することができるシステムであるという点です。データの取り込みや配置設定、加工などは、ドロップ&ドラッグで、簡単に設定することが可能となっており、スムーズに情報の可視化を行うことができます。
接続部品として、100種類以上の接続部品を用意していますから、非常に簡単に分析結果を表示させることができますし、データを統合する事も出来ますから、様々な視点から分析を行うことが可能という特徴もあります。
その他、分析結果をレポーティングして出力する事も可能となりますし、企業ごとに必要な情報だけを表示できる自由度の高いダッシュボード画面を利用することができるという特徴もあります。

Pentahoの機能のご紹介

・ビッグデータの処理、統合
様々なデータソースから集計を行い、データを統合することができます。
ビッグデータの分析により、データの可視化、予測などを行うことが可能。
・データ統合
様々なデータと統合して可視化可能。
データパイプライン作成をスムーズに行うことが可能。
データ変換によるアラート通知、コーディングなしで簡単に分析結果を表示可能。
作成したデータの共有が可能
・ビジネスアナリティクス
様々なデータにアクセスすることで、ブレンド予測、発見が可能。
ドリルスルー、ズーム、ラッソフィルタリング、ジオマッピング、散布図、ヒートグリッドなどで分析可能
ダッシュボード分析、レポーティング
・IoTアナリティクス
センサーデータをAPIやデータファイルなどから集計可能
データアセットした状態で機器を顧客へ提供可能

Pentahoの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

Pentahoの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォーム、電話から受け付けています。
・電話番号0120-55-0504平日9時から17時(お昼休憩あり)にて受け付けています。
〇導入実績
・中外製薬株式会社
・Caterpillar Marine Asset Intelligence社
・BT社

メディア掲載

・TechRepublic Japan
・キーマンズネット

会社概要

会社名 株式会社 日立製作所
住所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号

代表取締役 東原 敏昭
設立 大正9年(1920年)2月1日
資本金 458,790百万円