MoneyOneは、クラウド型の会計システムとして、中小企業にお勧めのシステムとなっており、現在までに26,000社以上の企業が導入しています。MoneyOneを活用することで、グループ会社の財務会計管理をスムーズに行うことが可能となっており、統合管理により、グループ会社の経営状況を可視化することが可能となっています。全ての拠点の会計データをリアルタイムに把握することができますから、いつでも最新の情報をチェックすることができますし、拠点の追加もスムーズに行うことが可能です。SaaS型のシステムとして提供されていますから、サーバーを必要とせず、管理費を大幅に削減することが可能となりますし、海外の拠点であっても、データを統合して管理することができます。
その他、複数年度の予実管理やプロジェクト損益管理を行うことが可能となっており、収集したデータを分析したり、比較したりすることが可能です。プロジェクト単位で集計を出すことが可能となっていますから、必要な情報だけを抽出することが可能となっています。
Windowsだけではなく、Macでの利用も可能となっていますから、様々な企業で便利に活用することができるシステムとなっており、多くの企業から支持を受けています。

MoneyOneとは

MoneyOneは、会計財務システムとして、全拠点のデータを統合して管理することが可能となっています。利用者数34,000名、導入会計事務所500店舗を超える企業が導入している実績あるシステムです。
MoneyOneは、FUTUREONE クラウド会計という名称で発売されたシステムですが、バージョンアップにより、2017年からMoneyOneという名称で提供されており、個人事業主や中小企業等にお勧めの財務会計システムとなっています。財務会計データの収集を基本とし、各グループ拠点の情報を集計しながら、統合して管理することが可能となっており、効率よく会計業務を進める事が出来るだけではなく、各拠点の情報をリアルタイムに把握することが可能です。アクセス制限、部門制御、マスタ制御と細かな権限設定を設けることで、拠点すべてで財務会計データを閲覧することができるわけではなく、必要な部署で必要な情報だけを共有することが可能となっています。
データはクラウド上で保管されますが、暗号化された上でPC認証を取り入れた上で保管することができますから、いつでも安全にデータを守ることが可能となっています。システムはいつでも最新の状態で活用することが可能となっており、税改正が行われた場合でも、自動でアップデートされます。
その他、プロジェクトの損益管理は、二段層にて集計することが可能となっており、切り分けたプロジェクトを親プロジェクトと同じ単位で分析を行ったり、親プロジェクトと子プロジェクトとの並列分析を行ったりと、様々な活用方法があります。

MoneyOneの特徴

MoneyOneの特徴としては、全ての拠点の財務会計情報をいつでもリアルタイムに把握することが可能であるという点です。海外も含め、拠点を全て統合して管理することが可能となっているため、本社で各拠点の情報を即座に把握することが可能となっており、経営状況を可視化することができるのです。その他、権限設定を利用可能となっていますから、拠点ごとに必要な情報だけを共有することが可能という特徴もありますし、サーバーや管理を必要としないため、コストを抑えて導入することができるという点も、MoneyOneの特徴となります。MoneyOneの導入により、効率よくプロジェクトの損益管理を行うことが可能となりますし、グループ会社や各拠点の支援をスムーズに行う環境を構築しながら、情報の統合管理が可能となっています。

MoneyOneの機能のご紹介

・支払管理
銀行との連携により自動仕訳や自動転記が可能
・API連携
・経営分析機能
・各拠点の財務会計データを集計、及び分析
・各拠点のデータをリアルタイムに把握可能
・アクセス制限、部門制御、マスタ制御による権限設定が利用可能
・Mac対応
・プロジェクトごとの損益管理、予実管理が可能
2段層での分析ができます。(オプション)
・複数年度のデータを保存可能
・複数法人の入力や締め処理などを1つの拠点で行うことが可能(オプション)

MoneyOneの詳細な利用料金

システム導入プラン
・スタンダード450,000円
・ライト300,000円
・スーパーライト150,000円
月額利用料
5社4,680円から

MoneyOneの導入時のサポート

システム導入プランでは、3時間×2の操作研修が各プランに組み込まれています。
お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・利根化学株式会社
・株式会社シュゼット・ホールティングス
・株式会社ウィルコ

メディア掲載

・CNET Japan
・ITレビュー

会社概要

会社名 FutureOne株式会社
住所 東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル 6F

代表取締役 荒井 政美
設立 2002年10月1日
資本金 2億円