人材不足のため外部の企業や個人からスタッフを調達する企業が多く、毎月の支払額の計算の煩雑さなど、作業の効率化ができていない企業というのは大変多くあります。

SES・準委任・派遣契約などの契約、請求、精算を楽々管理するクラウド型EDIシステムMeeepaは、IT企業の複雑な受発注や請求・生産などを効率化へとみちびく、EDIサービスです。
準委任や派遣社員などの技術者の稼働精算を電子化とし、正確で迅速、低コストな企業間取引へとみちびきます。

SES・準委任・派遣契約などの契約、請求、精算を楽々管理するクラウド型EDIシステムMeeepaとは

IT業界の人材の購買業務に特化している、見積もりや受発注などを電子化したクラウド型システムです。
派遣社員などの稼働精算を自動化・電子化とし、正確で迅速、低コストに一気に起業取引を効率化とします。
今まで多くの時間をかけてきた見積書や契約書などの紙媒体の書類の発行が不要とすることができ、印紙代や紙代、郵送費などのコスト削減を見込むことができ、事務作業の大幅削減とすることができます。
派遣法などの法律にも対応しているので、コンプライアンス強化の対策とすることもできます。

Meeepaの特徴

Meeepa の3つの特徴を、ご紹介します。

・ペーパーレスで見積もりから精算までの一連業務が可能
IT企業の受発注業務や請求業務などを効率化するサービスであり、手間がかかってしまう受発注や請求精算業務はペーパーレスで全て行います。
そのため、紙の回覧が不要となり、作業スピードを大幅アップへとみちびきます。

・人件費や印紙、輸送コスト削減
請書が不要なので、紙代や印紙代、郵送費がかかりません。
発注書はシステムの中で自動で生成するので、受注側は画面にて受諾ボタンを押すだけで注文成立とすることができます。
また、発注側は過去のデータを使うことで見積もり依頼を簡単に行うことができ、受注する側も過去の見る利を流用することができるので、見積作成作業を効率化することができます。

・タイムスタンプ機能にて改ざん不可
インターネット経由のシステムですが、電子証明書やスタンプ機能が備わった電子契約書の自動生成となるので、電子帳簿保存法に対応した流れとなります。

Meeepaの様々な機能のご紹介

・契約書作成が効率的
入力内容により契約書を自動で作成し、流用や改版似て見積書の再作成も簡素化することができます。
スマートフォンやタブレットなどでもログインが可能であり、外出先からも契約書の作成が可能となります。
ダウンロードも可能ですので、印刷して紙媒体として使うこともできます。

・受発注や請求処理が素早い
請求支払額はシステムに稼働時間の登録で自動で計算し、金額確認は受注会社側で行うので購買部門では作業の必要がありません。
発注会社側の主導で請求の精算処理ができ、受注会社とのやり取りのタイムラグが少なくすることがでます。
そのため、受発注や締め処理までの流れが非常にスムーズになります。

・契約情報の可視化
パートナーの企業と締結した過去の契約は、全てデータ化されて保存用画面に一覧表示されます。
そのため、過去の契約書類を探す余計な手間がかからなくなり、全社で契約管理の統制を整えることができます。
保存したデータ契約は社内で共有されるので、社内の担当者の誰でもどこからでも検索ができます。
そのため、社員の誰が検索しても必要な情報をリアルタイムで入手することができます。

・タイムリーに社員の技術力を把握
技術者が自分でスキルシートの作成や編集ができ、自社の技術者の最新のスキルの情報をリアルタイムで管理できます。
また、スキルシートの更新状況も一目で確認できるので、更新が滞っている技術者には更新の催促のメール送信もできます。

・求めているスキルの保有者検索
保有スキルの中から、フレンドになったパートナー企業の技術者の検索ができます。
お気に入り機能により検索した技術者の登録ができるので、複数の技術者との比較検討を行うこともできます。

この他にも、便利で効率的なサービスや機能が満載です。

Meeepaのご利用料金

・初期費用:0円
・月額費用(発注者側のみ):12,800円+400円/1注文書

Meeepaの導入時のサポート

記載なし

〇導入実績

・東京ガス株式会社
・学校法人東京理科大学
・センチュリオンホテルズインターナショナル
・日本外国語専門学校
・アワヒグループホールディングス株式会社
・昭石エンジニアリング株式会社

メディア掲載

記載なし

会社概要

会社名 TDCソフト株式会社
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル

代表取締役 会長 橋本文雄
設立 1962年10月16日
資本金 9億7,040万円