MediaInsightでは、メディア内の分析により、どのコンテンツが多く読まれているのかを把握することができるコンテンツ分析ツールとなっています。
自社サイトで公開しているニュースが、SNSを通じてどの位拡散させることができたのかを計測することが可能となっており、自社サイトのメディアでの影響力を調査することが可能となっています。自社だけではなく、他社のサイト情報も分析することが可能となっており、競合店のニュースがSNSでどのような反響を得ているのかも、自動で集計することが可能となっています。記事によってランキング表示し、自社の記事と比較することも可能ですし、他社の情報を調べることで、現在のトレンドを簡単に調べることができます。TwitterやFacebookの反響率やエンゲージ反響率を数値化した上でグラフにより表示可能となりますし、閲覧が多い時間帯や、反響が多い記事、流入が多い記事なども自社と、競合店との比較を行うことができます。その記事のインフルエンサーなども把握可能です。
MediaInsightには、ヒートマップが搭載されていますから、ページによってユーザーが目を通すことが多い部分を把握することが可能となっています。マウスの動きや、スクロールの動き、スマホタッチなどをヒートマップで可視化することができますから、重要な部分が濃い赤になっていない場合には、サイトを素早く改善することが可能です。

MediaInsightとは

MediaInsightでは、自社サイトがSNSでどの位影響力があるのかを分析することがコンテンツ分析ツールを提供しています。非常に多くの企業で導入されており、朝日新聞デジタルや日経ビジネス、毎日新聞やマイナビニュースなど、大手の新聞社での導入実績があります。導入により、TwitterやFacebook、はてなブックマークやGoogle+などのSNSで、どの位コンテンツが広まっているのかを把握することができますし、その他、YahooニュースやLINEニュースでの影響力なども調べることが可能となっています。
MediaInsightを利用することで、自社のサイトがどのような流入があるのかを把握し、どの位閲覧されているのか、よく読まれているページはどのページなのか、競合他社との比較も併せて行うことが可能となっており、価値のあるメディア運営を行うことが可能となります。競合媒体モニタリング、チャネル別効果測定、記事コンテンツ分析の3つの基本機能を利用することで、自社媒体の価値を一気に高めることができるのです。
自社記事と、競合他社の記事を比較することで、充実したコンテンツを作成したり、配信に適した時間を把握することが出来るようになりますから、閲覧数を増やしたり、拡散しやすい記事を作成するためのアイディアを見つけ出すことが可能となります。

MediaInsightの特徴

MediaInsightの特徴としては、自社サイトの現在の価値を把握することができるという点です。競合他社との比較や、自社サイトの流入などを把握することで、メディア上で自社サイトがどの位置にいるのかを、簡単に計測することが可能となっています。現在の価値を高めるためには、どんな施策が必要となるのかを明確にすることで、価値のあるメディアを作り出すことが可能となっており、ただニュースをサイト上に打ち出すだけではなく、拡散するために必要な指標を全て集めた上で、効率よく、サイトを上位に持っていくことが可能となっています。

MediaInsightの機能のご紹介

・記事調査
Facebook、Twitter、Google+での拡散状況を把握可能。
記事別のランキングを表示可能。
競合店の記事もランキング表示可能。
ネット上でどんなキーワードがトレンドになっているのかも調査可能。
・SNSへの拡散状況を把握、トラフィック相関の分析
SNSでの話題性を把握可能。
流入数を確認可能。
反響が多い記事を把握可能。
インフルエンサーの特定。
反響が多い時間帯を調査可能。
・ヒートマップ
記事のどの部分が多くの人に読まれているのかを調査可能。
写真効果や離脱ポイントなどを把握可能。
ユーザーのマウスの動きやクリックなどをヒートマップに反映可能。
・マルチチャネル対応可能
Facebook、Twitter、Google+のSNS以外でも、YahooニュースやLINEニュース、マイナビニュース、グノシーなどからの流入も計測可能。

MediaInsightの詳細な利用料金

価格は個別問い合わせとなります。
詳しくはお問い合わせください。

MediaInsightの導入時のサポート

資料のダウンロード、お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
その他、分析データサンプルや価格表もフォームから受け付けています。
〇導入実績
・フジテレビジョン
・東洋経済ONLINE
・シネマトゥデイ
・日経ビジネス

メディア掲載

・マーケジン
・Internet watch

会社概要

会社名 株式会社ユーザーローカル
住所 東京都港区芝5-20-6 芝520ビル5F

代表取締役 伊藤将雄
設立 2005年09月
資本金 5.3 億円