Marketo Engageは、顧客のリード育成、顧客管理を効率よく進めることが可能なマーケティングツールとなります。導入することで、顧客とのつながりを深くし、売上を最大限にまで伸ばすことが可能となっています。
Marketo Engageを活用することで、営業部門と連携が可能になりますから、顧客の対応状況を把握し、最適な配信を行ったり、見込み客を把握し、効率よく顧客の囲い込みを行ったりする事が出来ます。予測分析システムが搭載されていますから、顧客との関連性を分析した上で、顧客毎に配信するメール内容を自動で変更することが可能となっており、マーケティング部門の負担を減らしてスムーズに営業を仕掛けることができます。
電子メールや、スマホや携帯へのモバイルメール、様々なチャネルを通じて顧客にアプローチを仕掛けることが可能となっていますから、顧客毎にアプローチ方法を変えることで、より効果的なマーケティングへとつなげていくことが可能となっています。
マーケティング効果は全て集計して分析することが可能となっており、いつでも最適な方法でマーケティングを行う事が出来るようになりますから、確実に売り上げへとつなげることが可能となっています。

Marketo Engageとは

Marketo Engageはマーケティングツールとして、顧客毎に最適なチャネル、最適なコンテンツでアプローチを行う事で、いつでもマーケティング効果を最大限にまで引き伸ばすことが可能となっています。2018年マジックアドラントにて選ばれており、第三者機関からも認められている実績あるツールとして、世界各国で利用されています。
顧客一人一人に合わせたマーケティングや、キャンペーン毎の測定により、どのマーケティングがどの位効果が出ているのかを簡単に把握することが可能となっており、顧客への対応状況も合わせて把握することができます。
その他のシステム連携もスムーズに行うことが可能となっており、SalesforceやWebhookとの連携により、顧客対応の改善や、その他アクションの自動化へつなげる事も可能となっています。
メール配信自動化の一例としては、契約更新がある場合には、顧客の契約時期に合わせて自動でお知らせメールを配信したり、出荷情報を自動で顧客に案内したりすることも可能です。配信したメール状況や顧客との対応状況も合わせてMarketo Engageから閲覧することが可能となっており、メール配信の自動化により、対応に抜けもれが生じてしまうことなく、確実なメール配信が可能になります。その他、セグメント配信にも対応となりますから、顧客との関係性を深め、効率よくマーケティングやメール配信の自動化へとつなげていくことができます。

Marketo Engageの特徴

Marketo Engageの特徴としては、他システムとの連携により、更に便利にシステムを活用することができるという点です。Salesforceや、SFA、Webhookなど、様々なシステムと連携することで、顧客との密な関係を作ることが可能となっており、効率よく顧客ヘの囲い込みを行う事が可能となっています。
その他、様々なメールを自動で配信することが可能となりますから、部門またいで便利に活用することが可能という特徴もあります。商品購入後の案内、出荷案内、点検時期のお知らせ、キャンペーンのお知らせ、イベント参加後のお礼メールなど設定に合わせて対象の顧客へ自動でメールを配信することが可能となりますから、効率よく案内を配信することが可能となっています。

Marketo Engageの機能のご紹介

・リード育成、管理
営業部門との連携により、顧客に合わせて最適な案内を配信可能。
・アカウントベースマーケティング
見込み客を把握し、効果を測定、分析しながら売上を最大限高めることができます。
・パーソナライゼーション
顧客一人一人の分析を行い、配信するコンテンツを顧客毎に変更可能。
配信の自動化にも対応可能。
・クロスチャネルエンゲージメント
電子メールだけではなく、モバイルへのアプローチも可能。
・他システムとの連携
SFAやSalesforceなど様々なシステムとの連携が可能です。
・効果測定
キャンペーン毎、顧客毎に集計結果を分析、改善を行う事が可能。
・シナリオに沿ったメール配信、セグメント配信に対応
・テンプレートを利用したメール作成、HTMLメールにも対応

Marketo Engageの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問合せください。

Marketo Engageの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。

〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・ITレビュー
・ecのミカタ
・Prtimes

会社概要

会社名 アドビ システムズ 株式会社
住所 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー

代表取締役 ジェームズ マクリディ
設立 1992年
資本金 1億8千万円