mabotは、見込み客の囲い込みをスムーズに行うことができる、BtoBに特化したマーケティングツールとなっています。様々な企業にお勧めのツールとなっており、見込み客の管理が社内で統一されていない企業や、営業とマーケティングの連携がうまくいっていない企業、マーケティングに時間がかかってしまっている企業や、ツールが多すぎて全てを管理することができないと考えている企業などにお勧めです。
mabotでは、顧客を接点毎に管理することが可能となっています。セミナーや展示会、Webなど、接点に合わせて顧客を管理することで、接点から顧客の行動を予測し、状況に応じて次の戦略を考えることが可能になっています。その他、見込み客を把握することが可能となっており、見込み客を優先順位で表示することで、どの顧客へ営業を仕掛けるべきなのかを明確にすることもできます。
mabotでは、17万社の企業情報を自動で取得することができます。企業情報と、もらった名刺を利用して顧客リストを作成することで、本当に必要な顧客であるのかを判別しやすくなり、リストのふるい分けを行うことが可能です。営業で得た情報を紐づけることで、更に充実した顧客リストを作成することも可能となっています。企業情報で入手できる情報には、エリア、従業員数、業種、売上などとなっています。企業情報取得により、業種を絞り込んで、特定の業種にのみアプローチを仕掛け、一斉メール配信を行うことも可能です。

mabotとは

mabotでは、BtoB取引の成果を高めるための施策立案をスムーズに行うことができるMAツールを提供しています。
mabotを導入することで、全ての顧客情報を可視化し、マーケティングで得た情報をスムーズに営業にスライドすることが出来るようになっています。マーケティングで得た情報を営業とマーケティングチームとで共有しやすく、営業の進捗情報も全て共有することができるため、部署をまたいでスムーズな連携を取る事が可能となっています。引継ぎが行われる場合でも、情報の閲覧により、抜けもれなくスムーズな引継ぎが可能となりますし、管理責任者を明確にし、トラブルが発生した時の原因追及もしやすくなっています。
その他にも様々な機能が搭載となっており、ABテストの実施により、PDCAサイクルを効率よく進める事が可能となりますし、メルマガの作成やターゲティングメールの配信、フォーム作成やレポート作成など、マーケティングに役立つ機能が多彩に取り揃えられていますから、導入により、マーケティング施策を成功に導くことが可能となっています。

mabotの特徴

mabotの特徴としては、顧客管理が充実しているという点や、企業情報を自動取得できるという点、その他にも、営業との連携をスムーズに行うことができるという点や、検証しながら戦略を立てていくことができるという特徴もあります。
顧客管理では、顧客との接点や商談情報も併せて可視化することができるため、一人一人に合わせた施策立案が可能となりますし、見込み客をランク付けし、現在営業が必要な顧客を明確にすることが可能となっていますから、効率よく、営業を仕掛けることが可能となっています。
顧客管理から分析、そして施策立案までに役立つオールインワンツールとなっており、様々な企業で導入されています。

mabotの機能のご紹介

・接点管理
顧客との接点を管理可能。
接点後の行動を全て可視化可能。
商談、案件情報も可視化可能。
・見込み客順位付け
優先順位をつけることで、営業が必要となる顧客を明確にすることができます。
リスト内顧客のスコアリングが可能。
属性や条件を指定して選別可能。
見込み客を階層分けして現在の状況を把握可能。
・企業情報自動取得
17万社の企業情報を取得可能。
企業の属性や業種を把握した上でアプローチ可能。
・営業との連携
マーケティングツールで得た情報を営業部署で共有することで、スムーズに営業を仕掛けることができます。
見込み客、顧客管理が徹底されているので引継ぎもスムーズ。
管理責任を明確にし、引継ぎ抜けや対応漏れを防ぐことができます。
・実証、検証
ABテストの実施により、効果が高い戦略を把握可能。
多彩なレポートを利用可能。

mabotの詳細な利用料金

価格はお問い合わせください。

mabotの導入時のサポート

ホームページから資料のダウンロードが可能です。
お問い合わせは専用フォームからとなります。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・マケスト
・fabcross
・Value-Press!

会社概要

会社名 ワンマーケティング株式会社
住所 大阪市中央区谷町5-6-29

代表取締役 垣内 竹夫
設立 1972年3月1日
資本金 15,000,000円