LPOエビスでは、ランディングページの最適化を行うことができるツールとなっており、アドエビスのオプションツールとして提供されています。
ランディングページは、1つの広告に対して、1つのランディングページを設定するのが従来の方法でしたが、LPOエビスであれば、広告が1つであっても、複数のランディングページを作成することが可能となり、効率よく集客を行うことができるのです。約5個までのリンクを作成可能となっていますから、リンク遷移を行いながら、最適な広告をユーザーに表示することができるため、集客率を増やし、コンバージョンが増えるランディングページを作成することができるのです。
どの顧客にどのような広告を表示することで、コンバージョンに繋がりやすくなるのかを、自動で計測し、リアルタイムで効果を確認することが可能となりますから、費用対効果を簡単に最大限にまで引き延ばすことができるのです。
その他、ABテストの実施も可能となっていますから、部分的に変更したサイトと、今までのサイトと、どちらの方が高い効果が出やすいのかも確認することが可能となり、効率よくランディングページの改善を行い、リスクを抑えてABテストを実施する事も可能となっています。

LPOエビスとは

LPOエビスでは、ランディングページの作成、ABテストを実施したりしながら、ランディングページの最適化を行い、ROIを最大限にまで引き延ばすことができるツールとなっています。アドエビスを契約している顧客に対してオプションとしてツールを提供しています。
LPOエビスでは、数値として、広告効果がどの位の効果が出ているのかを把握するだけではなく、ランディングページの質を加味して計測する事も可能となっており、ABテストを実施しながら、効果的なランディングページへと改善させていくことが可能となっています。その他、地域によって、表示するランディングページを変更させることもできますから、地域によってどの位の効果を得ることができるのか、エリアマーケティングを利用する事により、細かな設定により、効果をさらに高めることができるのです。
LPOエビスを利用することで、ランディングページ毎による全ての成果をレポート化し、分析結果として表示することができますし、施策と、効果の関連性を正確に理解することが可能となります。様々分析結果を利用することで、顧客よっての傾向を探ることができますから、コンバージョンに繋がる流れやストーリーを把握し、攻めのマーケティングを行うことが可能となっています。

LPOエビスの特徴

LPOエビスの特徴としては、効果的なランディングページを作成することができるという点です。複数のページ設定により、効果が高いランディングページへとつなげることが可能となっていますから、手間なく簡単にROI効果を最大限に引き延ばすことができるのです。分析結果もリアルタイムに把握することが可能となりますから、素早くランディングページを改善することができ、計測そして分析により、PDCAサイクルをスムーズに回すことが可能となっています。

LPOエビスの機能のご紹介

・広告効果最大化
ランディングページを複数作成可能。
入稿用のURLは1つのみで対応可能。
ランディングページを自動的にセレクトしながら表示することで、効果が高いページを把握可能。
・ランディングページ自動化
自動的に最適なランディングページを表示可能。
リアルタイムに効果を把握可能。
・ABテストの実施
若干の変更を行った上でABテストを実施することで、リスクを抑えて効果が高いランディングページへと改善可能。
・ランディングページの質に重視
効果があるランディングページを把握するために、ランディングページの質も加味した上で正確な判断を行うことができます。
・エリアターゲティング
地域によって表示するランディングページを変更可能。

LPOエビスの詳細な利用料金

価格につきましてはお問い合わせください。

LPOエビスの導入時のサポート

〇導入実績
・株式会社アドバリュー
ABテストの実施だけで、CPAを50%削減し、CV2万件に到達する事に成功しました。
非常に使いやすく、いつでも効果測定ができるため、便利に活用しています。
・株式会社やずや
広告効果を最大限にまで引き延ばし、高い精度でコストを抑えて分析を行う事が出来るようになりました。

メディア掲載

・マーケティングバンク
・web担impressビジネスメディア
・CNET Japan

会社概要

会社名 株式会社ロックオン
住所 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F

代表取締役 岩田 進
設立 2001年6月4日
資本金 31,806万円