LINE広告は、LINEを利用している8,300万人のユーザーへ広告を配信することができるサービスとなっています。
LINEは日本でのコミュニティツールとしてメジャーとなっており、非常に多くのユーザーへ、自社商品やサイトをアピールすることができるのです。LINE広告の契約は、アカウントの開設から広告出稿、支払までを全てオンラインで手続きすることが可能となります。
ユーザーの年齢や地域、性別や行動データなどを元にして、効果的な広告配信を行う事が可能となっています。
トークリストの最上部へ、自社商品をアピールしたり、ニュース閲覧ページ内への広告配信、タイムラインへの広告配信など、LINE内に広告を配信し、ユーザーへ自社をアピールすることが可能となっています。その他、公式アカウントと連携し、友達登録をしてくれたユーザーへ、商品の紹介や、キャンペーンの情報を伝えたることも可能となっており、自社に興味がある顧客だけにお得な情報を配信することも可能となっています。

LINE広告とは


LINE広告では、SmartChannel、ウォレット、タイムライン、LINEニュース、LINEショッピング、LINEマンガ、LINEポイント、LINEブログ、LINE広告ネットワークなど、様々なコンテンツへ広告を配信することができるサービスとなっています。
Webサイトへの集客を目標としたり、ブランド認知を高めたり、アプリのプロモーションとして活用することもできますし、LINEの友達アカウントを増やすために活用する事も可能です。
他SNSを利用しておらず、LINEだけを利用しているユーザーへのみ、広告を配信することができますから、高いリーチを確保することが可能になっておりら、様々な顧客層へ、最適な広告を配信することができるようになります。
料金を抑えて広告を配信することができるよう、クリック課金、インプレッション課金の2種類で提供しており、クリック課金の場合には、サイト遷移が行われた時に料金が発生し、インプレッション課金では、動画を全て視聴し終わった時に料金が発生する仕組みとなっています。そのため、成果があった時にのみ料金を支払う事ができますし、低コストで導入しやすくなっています。
ユーザーを分類するデモグラフィックデータ配信に対応可能となっているため、広告費用を抑えることが可能となりますし、オーディエンス配信により、成果につながった顧客のデータを活用しながら、効果が見込めるユーザーを対象にした広告配信を進める事も可能です。リエンゲージメント配信では、休眠顧客を対象にした広告配信を行う事も出来ますし、自動最適化配信により、目標額を設定して自動で入札調整を行う事も可能など、様々な機能により、効果的な広告配信が可能になります。予告型広告では、掲載期間や、配信する内容を事前に設定し、優先的な広告配信を進める事も可能となっています。

LINE広告の特徴

LINE広告は、LINEを利用しているユーザーへ、効果的な広告配信が可能になるという特徴があります。トーク、タイムライン、ニュースなど、LINEで提供されているコンテンツを利用して、ユーザーを限定した広告配信が可能になっていますから、自社の商品やサイトに興味がある顧客を限定し、広告効果を最大限にまで引き伸ばすことができるのです。

LINE広告の機能のご紹介

・LINE内での広告配信
タイムライン、トーク、LINE NEWS、LINEマンガ、LINEポイント、LONEブログ、LINEショッピングなど。
・デモグラフィックデータ配信
行動データや顧客の属性に合わせて配信可能
・オーディエンス配信
ユーザーのデータを活用した広告配信が可能。
・Cost Per Friends
友達登録した人へ限定配信、その中からオーディエンス配信を進める事もできます
・類似配信
コンバージョン達成となった顧客のデータを参考に、同じ条件下のユーザーをセグメントした広告配信
・リエンゲージメント配信
しばらくアプリやコンテンツなどを利用していない休眠顧客のみへ配信
・自動最適化配信
入札価格を自動で調整可能
・予約型広告
配信面と期間を事前に設定可能

LINE広告の詳細な利用料金

インプレッション課金とクリック課金の2種類で提供しています。
詳しくはお問い合わせください。

LINE広告の導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
・株式会社バルクオム
・コミックスマート株式会社
・株式会社新出光

メディア掲載

・web担インプレスビジネスメディア
・デジマチェーン
・メディアレーダー

会社概要

会社名 LINE株式会社
住所 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階

代表取締役 出澤 剛
設立 2000年9月4日
資本金 96,737百万円