KIBIT Knowledge Probeでは、あらゆる業種の中で様々な問題点や、営業チャンスとなる項目を抽出し、業務サポートを行うことができる人工知能を用いたシステムです。
取引先とのメールでのやりとりや日報、お客様からの問い合わせなどを全てKIBIT Knowledge Probeが把握し、管理者に変わってリスクが発生している事がないか、チャンスのきっかけとなる物がないかどうかを仕分けすることが出来るのです。
例えば、競合調査のために導入した場合、他社の動向や情報、市場レポートなどをネットや社内情報などを利用して自動で情報収集し、競合店となる企業をピックアップすることが出来ます。
その他にも、営業支援で活用する場合には、営業担当者が読み切れない膨大な数のメールも全て自動で内容を把握、分析し、文面を通じて見込み客の抽出、リスク発生の検知を行うことが可能となります。顧客の相関関係も分析することが可能となっていますから、顧客満足度のアップ、そして業績アップを期待することが出来るのシステムとなっています。

KIBIT Knowledge Probeとは


KIBIT Knowledge Probeは、ビジネス支援のためのシステムとして、データを分析が可能となっています。
業種を指定せず、様々な業務で導入可能となっており、営業社員のコンプライアンス違反を発見し、未然に防いだり、美容製品や健康食品などの販売を行う場合の表示法に違反がないかどうかをキーワドによってチェックし、表示品質を自動で確認することができるなど、利用方法は多岐に渡ります。
企業に合わせて教師データを事前に設定することで、KIBIT Knowledge Probeが忙しい社員に変わり自動学習し、情報の選別、仕分けと企業ごとに必要となる業務を自動で遂行することが可能となるのです。KIBIT Knowledge Probeは、使う度に学習させることが可能となりますから、日々進化するシステムとして、様々な企業で導入されています。

KIBIT Knowledge Probeの特徴

KIBIT Knowledge Probeの特徴としては、人工知能を搭載しているため、企業によって求められている情報をスムーズに検知することが出来るという点です。
その他にも、分析結果の進捗状況をリアルタイムに確認することができるという特徴もあります。ただグラフ化するだけではなく、ランキングや、スコアまで把握することが可能となっており、見込み客の抽出だけではなく、注意顧客をすぐに把握することが可能となります。
KIBIT Knowledge Probeは使用用途にこだわらず、情報収集や分析、検知を自動で行うことができるため、社員の負担を大幅に減らすことができますし、従来のRPAシステムでは自動化することができなかった業務まで、人工知能を利用したKIBIT Knowledge Probeにより、行うことが可能となるのです。

Knowledge Probeの機能一覧

KIBIT Knowledge Probeでは、情報の収集と分析、そして検知を行うことができるシステムとなっています。
人事部での利用一例としては、社員のメールを全て確認し、その中からパワハラや社員のストレスなどを検知することが可能となります。予兆を把握し、事前に対処することができるため、ストレスによる退職者を減らし、パワハラの防止、そして人材育成に役立ちます。
カスタマーサポートで利用する一例としては、顧客からの問い合わせやレビューなどを全て把握し分析する事で、重要な案件を把握し、対応順序を変えることが可能になります。蓄積したデータを分類し、マーケティング施策を行うことも可能です。
その他にも、技術開発のためのQ&Aとして利用する事も可能となり、システム開発や、専門技術などを把握した社員の数が少ない場合、KIBIT Knowledge Probeに回答を学習させておくことで、社員が必要となる専門的な情報を、すぐに検索することが可能となります。

KIBIT Knowledge Probeの価格

料金は個別問い合わせとなりますので詳しくはお問い合わせください。

KIBIT Knowledge Probeの導入サポート

問い合わせや、メールもしくは電話で受け付けています。
・電話番号03-5463-6375までとなります。

導入サポート企業

・三菱重工業株式会社
・SMBC日興証券株式会社
・株式会社横浜銀行
・大和住銀投信投資顧問株式会社
・株式会社LITALICO
・東京海上日動火災保険株式会社
・第一三共株式会社
・株式会社りそな銀行

導入実績

・障害者就労支援施設での導入により、症状が悪化していないかどうかをチェックすることが可能となった。予兆を読み取ることで、重篤な症状になってしまう事を未然に防ぐことが出来た。
・2千件あるデータを、100件に絞り込む一連の流れを自動で行うことに成功し、業務を効率よく行うことが出来るようになった。

KIBIT Knowledge Probeのメディア掲載

・ITmedia エンタープライズにて掲載
・マイナビニュースで掲載
・クラウド Watchにて掲載

会社概要

社名  株式会社 FRONTEO
設立  2003年8月8日
資本金  2,507,346千円
取締役  守本 正宏
住所  東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル7階

電話番号  03-5463-6344