インターネットペイメントサービスでは、決済代行サービスとして、オンライン決済を始め、店頭での端末決済や、POSシステムなど幅広い決済種類を備えています。
多通貨決済も可能となり、中国市場向けの決済も複数用意しています。中国向けの決済は、中国で良く利用されている決済方法となっていますから、グローバルな決済を希望している企業には非常にお勧めです。
インターネットペイメントサービスは、企業にとって使いやすく、そしてあらゆる面で決済処理を行うことが出来るようなシステムとなっていますから、対面で顧客との決済処理を行うことも可能ですし、インバウンド決済やモバイル決済など様々な決済方法や種類から選ぶことが可能となっています。

インターネットペイメントとは


インターネットペイメントは、様々な決済種類を豊富に取り揃えています。それでいて、非常に見やすく、使いやすいインターフェイスとなっていますから、業種を選ぶ事なく、様々な企業で導入することが可能です。
Web上での決済だけではなく、イベント会場での物品販売、訪問で決済を行う場合には、IPSかんたん決済、電話での情報収集により、書面から決済を行うことができるコールセンター決済など、企業によって異なるシーンに対応することができます。
契約の際の審査は2、3日となり、導入までは最短1週間程度となっています。

インターネットペイメントの特徴

インターネットペイメントサービスの特徴としては、業種に縛られることなく導入可能であるという点や、最短1週間と、比較的早い導入が可能となる点、その他にも、サポート体制が充実しているという点やセキュリティ体制を強化している点などがあげられます。
その他にも、多通貨決済に強く、アリペイとウィーチャットにも対応しているという点も、インターネットペイメントの特徴であると言えるでしょう。

インターネットペイメントの決済種類

インターネットペイメントでは、店頭決済と、オンライン決済の2つを用意しています。店頭決済では、アプリを利用した決済方法や、CAT端末と呼ばれる、クレジットカードを読み取る機械を利用した決済方法、申込書を記載する口座振替やその場で口座振替の登録ができるかんたん口座振替決済を用意しています。
アプリを利用した決済では、携帯キャリア決済として、d払いが利用できますし、中国向けのアリペイ、ウィーチャットに対応しています。
オンライン決済では、クレジットカード決済、コンビ二決済、コンビ二から翌月払いが可能となるPaidy、前払いや後払いでコンビニから支払う事ができる方法や、電子マネー決済として楽天edyや、ビットキャッシュ、ネットライドキャッシュ、シーチェック、ジーマネーやセキュリティマネーなどに対応しています。
銀行振り込みの場合には、入金チェックを自動化することが出来るシステムも搭載しています。
クレジットカード決済では、与信確保を行った上で売買できるようにしていますし、都度課金が可能、CVSデータから一括決済、継続課金や毎月の会費の決済、二度目のカード番号入力の手間を省く、ワンタッチ決済などを基本機能として備えています。

インターネットペイメントと連携できるサービス

・CVSデータ連携

インターネットペイメントの価格

初期費用、月額料金、決済処理手数料や決済処理料などの料金が発生します。
料金は個別見積もりとなっていますので、詳しくはお問い合わせください。

インターネットペイメントの導入サポート

来社によりヒアリングを行った上で導入する決済システムを決定します。
コールセンターサポートも充実しており、年中無休で8時から23時までの間、有人によりオペレーターが対応します。
資料ダウンロードはホームページからお申込み可能です。

導入実績

・占いサイトへの導入により、事務処理や面倒な手続きをスムーズに行うことが出来るようになりました。サポートが充実しているため、非常に導入しやすいと感じました。
・決済をする時に、他のサイトやページに飛んでしまうと、顧客が不安を感じてしまうのですが、インターネットペイメントであれば、そのまま決済を行うことができるため、安心して顧客が利用できるようになりました。

インターネットペイメントのメディア掲載

・東洋経済ONLINEにて紹介
・UNIVA Paycastで紹介
・ValuePress!に掲載

会社概要

社名  株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
設立  平成13年11月
資本金  53,600千円
取締役  ・代表取締役会長 稲葉 秀二・代表取締役社長 中尾 周平
住所  東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F

電話番号  03-6441-3400
従業員数  124名