HiCustomerは、カスタマーサクセス管理ツールとして、顧客情報、売上、利用状況、対応履歴などを全て集計し、可視化しながら、顧客毎に最適なアプローチを行う事が可能となっています。
導入により、カスタマーサクセスの工数を50%削減し、解約率を2%から0.1%へと引き下げ、アップセル率を7%アップさせることが可能となっています。
顧客のあらゆる情報を集計することで、解約につながりそうな顧客を瞬時に判断し、適切なアプローチを行う事で、解約を防止することが可能となっており、解約につながりそうな行動があった場合には、アラートにてお知らせ可能となります。アクションが必要となるタイミングにてアラートでお知らせ可能となりますから、解約を防止しやすく、売上を最大限にまで引き伸ばすことが可能となっています。
顧客の情報は全て時系列で表示することが可能となっており、アプローチを行った場合には、どのようなアプローチがどの位効果的であったのかを分析する事も可能です。そのため、効果が高い方法を抽出し、顧客毎に最適な方法でアプローチを進めていくことが可能となっています。

HiCustomerとは

HiCustomerは、顧客との関わり合いを全て記録し、可視化することで、顧客毎に最適な方法でアプローチを仕掛けることが可能となっています。
顧客の行動や閲覧状況などをチェックすることで、解約につながりそうな顧客を把握するのも簡単ですから、特定の行動を行う顧客を対象に、架電を行ったり、お得なクーポンを配信したりすることで、解約を防止し、売上最大化へとつなげることができるのです。
顧客毎のアプローチは、全てレポートにて表示することが可能となっており、PDCAサイクルにより、精度の高い方法にてアプローチを仕掛けることができるようになります。
様々な機能が搭載されており、ヘルススコア管理により、顧客の健康状態を把握したり、ライフサイクル管理により、トライアル期間や契約状況などを把握したりすることも出来ますし、コミュニケーション管理として、誰がいつ、顧客とどのような対応を行ったのかを把握する事も可能となっています。その他、CRMやSFAとの連携が可能になっていますから、顧客情報や、営業情報とHiCustomerを結び付け、解約につながりそうな顧客の優先順位を考えたりすることも可能となっており、カスタマーサクセスの精度をより高いものとして活用することが可能となります。
解約や退会につながりそうな顧客が発生した時には、アラートにてお知らせすることが可能となりますが、アラート通知のルールは、企業独自で決定することが可能です。アラート通知は、担当者へ直接配信することができますから、ToDo管理としても活用することが可能となっています。

HiCustomerの特徴

HiCustomerの特徴としては、顧客のあらゆる情報を統合して管理し、全てを可視化することができるという点です。これらの顧客情報を分析することで、解約や退会につながりそうな顧客を簡単に把握し、素早い対応により、解約を防ぐことが可能となりますから、売上最大化へとつなげることができるのです。
その他、レポートにより、対応状況や成果を分析する事も可能となりますから、どのような対策やアプローチにより、どれだけの効果を得られるのかを簡単に把握することが可能となっており、PDCAサイクルにより、効果的なアプローチを行い、カスタマーサクセスの精度を高めることが可能という特徴もあります。

HiCustomerの機能のご紹介

・データ集計
顧客の閲覧情報、顧客情報、決済情報、コミュニケーション履歴、売上、利用状況など全ての情報を統合して可視化可能。
・集計されたデータを元に、解約や退会につながりそうな顧客を把握し、企業ルールからはみ出た顧客が発生した場合にはアラートにてお知らせ可能。アラートは担当者へ直接配信され、ToDoとして活用できます。
・分析、レポート作成
どの顧客にどのアプローチが効果的なのかを分析することが可能。
顧客の対応状況を時系列で表示。レポート作成により改善点を明確にすることが可能。
・ヘルススコア管理
・ライフサイクル管理
・コミュニケーション管理
・SFA、CRM連携

HiCustomerの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

HiCustomerの導入時のサポート

運用ルールの選定からセットアップ、課題解決までトータルでサポートを行っています。
お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・株式会社ROXX
・株式会社INITIAL
・株式会社グッドパッチ

メディア掲載

・Prtimes
・起業LOG

会社概要

会社名 HiCustomer株式会社
住所 東京都品川区東五反田5-21-13中丸ビル3F

代表取締役 鈴木 大貴
設立 2017年12月
資本金 1億5,000万円