GitHubでは、プログラムを共有可能にしたシステムとなっており、作成したコードを多くの人が目にする機会を作ることが可能となっています。
基本機能としては、ソースコードの書いた際に、レビュー要請を行うことで世界中に発信することが可能となっています。発信したソースコードは、スターなどを利用して、評価をつけてもらうことが可能となります。
GitHubを社内で活用することで、複数人でソースコードの管理や作成を行うことが可能となっており、業務効率をアップさせることが可能となります。
作成したコードは、記録して保存していくことが可能となっていますが、通常のファイルと同様、変更前、変更後と、どちらのデータも保存可能となり、違いを比べる事も出来ます。
社内でソースコードの保存や管理を行う場合には、ソースコードの管理と共有だけではなく、タスクやプロジェクトの共有を行うことも可能となっています。タスク管理では、リモートリポジトリと、ローカルリポジトリの2つが用意されており、ローカルリポジトリの場合には、自分自身でタスクを管理する場合に、データを保存しておくことが可能となっており、リモートリポジトリの場合には、共有しているタスクを全て更新することが可能となります。
プロジェクト管理では、複数のプロジェクトを一覧で表示することが可能となっていますから、どのプロジェクトがどの位進んでいるのかを把握しやすくなっていますし、Web制作やAPI連携もスムーズに行うことが可能となっています。

GitHubとは

GitHubは、ソースコードの作成や共有など、バージョン管理を行うことができるシステムとなっています。
様々な機能が搭載されており、ソースコードの共有や管理の他にも、ファイルの作成更新、共有も可能となっていますし、メッセージ機能を活用することで、ソースコードの追加や変更をお知らせすることも可能となっています。
その他、ブランチを作成し、作成したブランチを元にして、新たなブランチを作成する事も可能です。他システムと連携させるためには、数行のコードを入力するだけで連携可能となりますから、スムーズな連携が可能となっています。
マージして欲しいブランチがある場合には、リクエストを出したり、問題やバグが発生した時には、issueを立て、コメントをもらったり、タスク期限を設けたり、TODOリストを作成したり、wiki機能により、画像を簡単にアップさせながら、Webを作成したりと、様々な機能により、ソースコードの管理をしやすく、業務を効率よく進める事が可能となっています。
GitHubであれば、リポジトリをカテゴリごとに表示することが可能ですし、必要なカテゴリを検索して探し出したり、現在人気があるリポジトリを抽出したりする事も可能です。

GitHubの特徴

GitHubの特徴としては、ソースコードを共有することができるという点です。
保守や管理を必要とせずに導入することが可能となっているため、非常に導入しやすいですし、コストも抑えてありますから、様々な企業で導入されています。海外のシステムとなっていますが、ホームページは日本語で対応しています。システム内は英語表記となりますが、日本支社があるため、サポートは日本語で受けることが可能です。
様々な機能が搭載になっており、タスクの共有や、プロジェクト管理、問題点の抽出なども簡単に行うことが可能ですし、世界各国の人が作成したソースコードを閲覧しながら、自社に役立つソースコードを探しだすことも可能となっています。

GitHubの機能のご紹介

・コードタブ
リポジトリで管理されているコードタブを確認可能。コミット数やブランチ数なども確認できます。
・Issueタブ
掲示板のようにコメントを残していくことができます。ソースコードの不具合や各種報告などを掲載できます。ほとんどが英語表記になります。
・Pull requestsタブ
リモートリポジトリでマージしてくださいと、リクエストを発信できます。
・wikiタブ
webを簡単に作成可能です。
・Pulseタブ
プロジェクトやタスクの稼働状況を確認できます。
・Graphsタブ
ソースコードをグラフで表示し、追加、削除を一目で確認可能です。

GitHubの詳細な利用料金

個人 月額7ドル
法人 月額9ドル

GitHubの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームにて受け付けています。
詳しくはお問い合わせください。
〇導入実績
・ペイパル
・IBM
・airbnb
・Spotify

メディア掲載

・ferret
・クラウドウォッチ
・ASCII.jp

会社概要

会社名 ギットハブ・ジャパン合同会社
住所 日本支社 東京都港区芝大門1−10−18 PMO芝大門7F

 

本社米国カリフォルニア州サンフランシスコ市

代表取締役 Nat Friedman
設立 2008年設立
資本金 記載なし