フリークアウトは、広告効果を最大限にまで引き伸ばし、必要と判断される広告だけに入札を行う事が可能な広告配信サービスとなっています。
オーディエンスデータを活用した広告配信が可能となりますから、顧客に合わせた最適な広告配信を行い、高い広告効果を得ることができるのです。
フリークアウトは、豊富な配信在庫を保有しており、リターゲティング効果が高く、顧客の行動データに合わせて最適な広告を配信することができます。広告効果は、全てレポートにて可視化することができますから、リアルタイムに状況を把握し、施策効果の分析及び改善へとつなげることが可能となります。
日本だけではなく、アジアを中心とした11か国で導入されており、豊富な実績を持つ、広告配信サービスとして支持を受けています。アジア最大級となる広告配信プラットフォームを持ち、動画広告対応、運用型広告にも対応していますし、インフルエンサーマーケティングや、ローカルメディアバイイングやOOHメディアバイイングなどにも対応可能となっています。

フリークアウトとは


フリークアウトは、DSP広告配信サービスとして、リターゲティング広告の最適化を図ることが可能なシステムとなっています。
豊富な在庫数を誇るシステムとして、顧客の認知を高め、効果的な広告配信を行う事が可能となっています。自動で入札を行う事が出来るため、社員の手間を省いて効率よく広告配信を進めることが可能となっていますし、日本だけではなく、中国、韓国、インドやフィリピン、マレーシアなど、11か国のアジア圏にも広告を配信することが可能となっています。
全て自動で広告配信を進める事も可能ですが、手動にてフリークアウトの社員が広告管理を進める事も可能となっており、手動の場合には、より細かな設定を行う事が可能となっているため、更に効果的な広告効果を期待することができます。
AIを搭載したシステムとなっているため、顧客データを利用して顧客ごとに最適な配信を行う事が可能となっており、優良なアプリを厳選して買い付けを行ったり、独占枠を利用したりと、費用対効果を実感することが可能です。その他、ブランド施策効果に長けた広告配信サービスですから、広告管理を徹底して行う事が可能となっており、公序良俗に反するサイトへの広告配信を行うことがなく、ブランドイメージを守ることが可能となっています。広告配信料は、クリックしたからといって料金が発生するのではなく、広告が静止画の場合には1秒、動画の場合には2秒以上の視聴がなければ、料金は発生しない仕組みを採用しているため、無駄な広告配信料を支払う必要がなく費用対効果を実感しやすくなっています。

フリークアウトの特徴

フリークアウトの特徴としては、リーチ力が高いという点です。広告配信の在庫数が非常に多く、認知へとつなげやすくなっていますし、自動入札だけではなく、手動によるフリークアウト社員による調整を行いながらの広告管理も可能となっているため、様々な機能を活用することで、非常に高い効果を得ることが可能となっているのです。
その他、ブランドイメージを守ることができるよう、広告配信サイトに制限をかける事も可能となりますし、広告を視聴した状況でなければ料金が発生しないため、費用対効果を得やすいDSP広告配信サービスとして、便利に活用することが可能となっています。

フリークアウトの機能のご紹介

・リターゲティング
サイトへ訪れた顧客の閲覧データを活用し、効果的な広告配信が可能。
AIを活用することで、顧客に合わせて最適な広告配信が可能になります。
・アルゴリズム最適化
広告配信の結果を元に分析を行い、効果が高い広告を配信可能。
自動入札や自動広告管理が可能。
・手動広告配信管理
フリークアウトの社員による広告管理が可能。
・ブランドセーフティー機能
公序良俗に反するサイトへの広告配信を行いません。

フリークアウトの詳細な利用料金

静止画の場合には1秒、動画の場合には2秒以上の閲覧がなければ料金は発生しません。
価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

フリークアウトの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・メディアレーダー
・ferret
・prtimes

会社概要

会社名 株式会社フリークアウト
住所 東京都港区六本木 6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント 5F

代表取締役 時吉 啓司
設立 2017 年 1 月
資本金 記載なし