Flax Scannerでは、様々な帳票を自動で読み取り、データ化することができるAIを搭載したOCRシステムとなっています。フォーマットを指定する事なく、事前に単語登録や読み取り範囲を指定することなく、様々な帳票の読み取り及びデータ化を進める事が可能となっているため、毎月行っていた請求書の入力業務などを全てAIにお任せすることが出来るようになることで、非常に効率よく業務を進める事が可能となります。最先端のOCRシステムとして、事前の設定を行う必要がなく、ただスキャンするだけでデータ化していくことが可能となっていますから、経理担当者に寄り添ったシステムとして、便利に活用することが可能となっています。月末だけ稼働させ、一括で様々な書類をデータ化する事も出来ますし、請求書や発注書などの書類が発生するたびにスキャンを行う事も可能です。データ化された情報は定型入力として、指定されたフォーマットに記録していくことが可能となっており、長文であっても、内容をAIが判別した上で、重要な部分を判別した上で抽出する事も可能となっています。
一度データとして取り込みを行えば、いつでも過去の情報を閲覧することが可能となりますから、紙処理を管理する必要がなくなり、必要な情報を素早く抽出することが可能となっています。

Flax Scannerとは

Flax Scannerは、フォーマットが定まらない様々な帳票を簡単に取り込んでデータ化することが可能なOCRシステムです。どんな書類でも簡単に読み取りすることが可能となっており、単語を登録したり、帳票定義を設定したりすることなく、ただスキャンするだけでデータとして読み取ることが可能となっています。
企業ごとに特性や発生する帳票を把握した上で、Flax Scannerをチューニングして提供されますから、高い認識精度を維持することが可能となっており、企業独自のOCRとして活用できます。クラウド版だけではなく、オンプレミス版での導入も可能となっています。
フォーマットに指定がないわけですから、読み込む請求書にも縛りはなく、請求書の他にも見積書、検収書、発注書、本人確認書類、技術文書など様々な情報をスキャンしてデータとして管理することが可能となっています。
書類を社員がスキャンするだけで、後は全て自動でデータ化することが可能となっているため、繰り返して行われる業務の自動化が可能となり、担当者の負担を大幅に抑えることが可能となっています。
企業ごとに必要な帳票が異なり、Flax Scannerをチューニングした上での納品となるため、価格は設定しておらず、個々の企業とのヒアリングにより、価格設定を行っていますが、低コストで導入できるよう、小中企業でも導入しやすい価格設定にて提供しています。

Flax Scannerの特徴

Flax Scannerの特徴としては、フォーマットを指定する事なく、非定型帳票の読み取りも可能になるという点です。スキャンするだけで、後は自動で読み取ることができるため、面倒な帳票の入力作業をなくし、効率よく業務を進める事が可能となっています。
その他、クラウド版だけではなく、オンプレミス版での提供も可能となっていますから、セキュアな環境下でシステムを活用したいと考えている企業でも導入しやすくなっていますし、ただデータを読み取るだけではなく、情報管理としても活用することが可能となっており、必要な情報を素早く抽出することが可能であったり、自動で仕訳を行う事ができたりと、便利に活用することができる様々な機能を兼ね揃えているという特徴もあります。

Flax Scannerの機能のご紹介

・OCRによる帳票の読み取り
見積書や請求書、納品書、検収書、本人確認書類、発注書や申込書、技術文書など、フォーマットを指定することなく、様々なデータを読み取り可能。
事前設定を行う必要なく、ただスキャンするだけでデータ化できます。
・重要ポイントの抽出
AIにより重要な部分を抽出して入力することができます。
・データ管理
登録されている過去のデータをいつでも閲覧可能、
・クラウド版、オンプレミス版の両方を用意

Flax Scannerの詳細な利用料金

価格は企業とのヒアリングにより、必要な帳票や読み取り機能をチューニングした上での提供となるため、個別見積もりとなっています。
詳しくはお問い合わせください。

Flax Scannerの導入時のサポート

お問い合わせや資料請求は専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
・日本生命
・JCB
・明治安田生命

メディア掲載

・Prtimes
・ZDNet Japan
・イプロスものづくり

会社概要

会社名 株式会社シナモン
住所 東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階

代表取締役 平野 未来
設立 2016年10月5日
資本金 記載なし