FCタイムレポートは、プロジェクト管理と勤怠管理を併せ持ったツールとなっています。クラウド型のシステムとなっているため、いつでもどこでもインターネット環境さえ整っていれば利用することができますし、プロジェクト管理を行うことで、自動的に勤怠管理と同期されますから、勤怠管理を入力する必要なく、勤務時間を把握することが可能となっています。
その他、予実管理や業務の進捗率も簡単に把握することが可能となっており、社外のメンバーとの業務進捗共有にも活用できますし、研修の工程管理などにも活用することが可能です。
FCタイムレポートは、システムを提供してから10年以上が経過している実績あるシステムとなっており、非常に多くの企業が導入しています。過去のノウハウを活かして、システムを成長させており、より使いやすく、より効率的に業務を管理することができます。カスタマイズを行うことも可能となっており、企業ごとの帳票を作成したり、様々な機能を追加したりすることもできます。カスタマイズにより、企業独自のシステムとして活用することが可能となりますから、必要な機能だけを取り揃えたツールにより、業務を効率よく進める事が可能となります。

FCタイムレポートとは

FCタイムレポートは、プロジェクト管理と連動して勤怠管理を行うことができるツールです。タスクを入力することで、自動的に勤怠管理へ時間を同期させることが可能となっており、1度の入力でプロジェクト管理と勤怠管理の両方を管理することが可能となっているのです。
FCタイムレポートの導入により、交通費の申請も簡単に行うことが可能となっており、立替え交通費登録により、プロジェクトごとに交通費を計算することができます。その他、企業で必要となる様々な帳票を、CSVデータを活用して作成する事も可能となっており、給与システムと連携することで、勤務時間と連動して、自動で給与を計算する事も出来ます。
アサイン機能も搭載になっているため、手が空いている社員へ、タスクの割り振りを行うことも可能ですし、週毎にプロジェクトの進捗率を把握する事も可能となっています。プロジェクトの計画と、実際の稼働時間とを比べ、どの位の違いが生じていたのかを把握する事も可能となっており、プロジェクトの遅れも簡単に把握することができます。
その他にも、売上や請求管理、経費登録、年休などの休暇を管理するワークフローなどもFCタイムレポートで管理可能となっています。

FCタイムレポートの特徴

FCタイムレポートの特徴としては、実績が豊富で、安定した稼働を10年以上継続しているという点です。プロジェクト管理と勤怠管理を同期したシステムとなっており、残業や有休取得なども合わせたタイムレポートを作成する事が出来るという特徴もあります。
その他、カスタマイズ性が高く、必要な機能を後から追加することが可能となっているため、将来を見据えて今後システムを拡大していきたいと考えている企業にも、導入しやすいという特徴があります。

FCタイムレポートの機能のご紹介

・時間登録
タスクの時間を勤務時間と連動して管理可能。プロジェクト別に勤務時間を把握できます。
・立替え経費登録
かかった経費を登録していくことができます。時間登録同様、プロジェクト別に登録できます。
・帳票作成
PDFやCSVを利用して帳票の出力が可能。
勤怠システムとの連携も可能。
・アサイン
手の空いている社員へタスクをアサイン可能。
・進捗管理
進捗率を把握できます。
・プロジェクト計画
実績と予定を比較可能。
・請求、売上登録
プロジェクトごとに売り上げ管理が可能。
・経費登録
プロジェクトごとにかかった経費を登録できます。
・売り上げ登録
プロジェクトに関わる売上以外の売り上げを管理できます。(物販など)
・タイムカード
出勤、退勤、休憩時間を把握可能。
・ワークフロー
残業や休日出勤など、申請及び承認が可能。
・年休や振休管理
休暇を取得する場合の管理が可能。

FCタイムレポートの詳細な利用料金

・月額料金4万円
・1ユーザーあたり月額千円(21人以上は月額500円)

FCタイムレポートの導入時のサポート

サポートは有料にて受け付けています。
1時間9千円にて、帳票の作成や各種カスタマイズなどのサポートを受け付けています。
お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・アイミツ
・BOXIL

会社概要

会社名 株式会社ファーストコンサルティング
住所 東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレスト2F

代表取締役 速水 篤
設立 1996年6月
資本金 2,300万円