effit Aは、中小企業向けの生産管理システムとなっており、受注から出荷までの流れを全て統合して管理し、効率よく業務を進める事が可能なシステムとなっています。
様々な機能が搭載になっており、受注、生産、発注、在庫、出荷、実績、供給、購買、売掛、買掛、原価管理などを基本機能として、情報の一元管理を行うことが可能です。
製造業や卸売業などを取り扱う企業にお勧めのシステムとなっており、基幹業務の可視化により、経営の流れを把握しながら、経営戦略をスムーズに立てることが可能となります。
情報の統合により、各部門の状況を即座に把握することが可能となりますし、在庫の状況や、生産の流れを、部門またいで管理することが出来るようになります。その他、実績を予測し、必要な在庫数を把握したり、出荷状況を確認したりすることも可能となっていますから、現場での社員の負担を減らすことができるだけではなく、経営判断の指標としても活用することができますし、先の見通しを立てながら効率よく業務を進める事が可能となっています。必要な情報は、いつでも検索をかけることができますし、帳票の利用も可能、CSVデータにより、いつでもデータのダウンロードを行うことも可能となっています。
effit Aは、原価管理に特化したシステムとなっており、原価情報を活用しながら効率よくPDCAサイクルを回すことが可能となっています。予算原価をリアルタイムで表示することができるため、指標として活用しやすくなっています。

effit Aとは

effit Aでは、生産管理、販売管理パッケージとして、強力な原価管理機能を備えたシステムとトなっています。非常に使いやすいシステムとして、誰にでも簡単に利用することが可能となっていますし、拡張性の高いシステムとして、様々な業種で利用することができます。
サーバー設置型と、SaaS型を用意していますから、企業やコストに合わせて最適なシステムをセレクトすることが可能です。現場の声に耳を傾けた上で、現場の社員にとって使いやすいように構築されたシステムとなっていますから、非常に使いやすいと定評を受けているシステムとして多くの企業で導入されています。
充実した原価管理機能では、標準原価計算、予算原価シミュレーション、実際原価計算、実績原価を速報で計算することが可能です。
標準原価計算では、標準原価を元にして見積もりシミュレーションを立てることができます。標準原価を設定し、確定させることもできます。
予算原価シミュレーショでは、確定された標準原価を元にして、工場での総工程数を把握し、レートの決定、コストの把握などを行いながら、予算原価をシミュレーションにより決定していくことができます。
実際原価計算では、実績データと実際にかかった費用を元に、コストを計算することが可能となっています。実際原価と原価差異を把握しながら、製造によりかかったコストを確認できます。
実績原価(速報原価)計算では、月末に行う締め処理の前に、実績データと予定レートを利用して、速報として実績原価を計算することが可能となっています。労務費や経費などは、予定レートを活用して計算を行うことができるため、月末の締めを行う前に原価の進捗や原価差異を確認することが可能となっています。

effit Aの特徴

effit Aの特徴としては、原価計算に特化したシステムであるという点です。
速報として実績原価を月中に計算することができるため、予測立てを行いやすく、先の見通しを立てながら、計画的に生産管理を行うことが可能となっているのです。
その他、充実したシステムも多数搭載されており、製造業界において、必要となる生産管理をスムーズに行うことが可能であるという特徴もありますし、コストを抑えて導入することができるという点や、短期間での導入が可能となるという点なども、effit Aの特徴となっています。

effit Aの機能のご紹介

・受注管理
・生産管理
・発注管理
・在庫管理
・出荷管理
・実績管理
・供給管理
・購買管理
・売掛管理
・買掛管理
・原価管理
標準原価計算、予算原価シミュレーション、実際原価計算、実績原価(速報原価)計算

effit Aの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

effit Aの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・災害ネット ユーザー情報交換会
・西武鉄道株式会社
・高砂熱学工業株式会社
・株式会社ワコール

メディア掲載

・iPROS製造業
・ITトレンド

会社概要

会社名 日本ユニシス株式会社
住所 東京都江東区豊洲1-1-1

代表取締役 平岡 昭良
設立 1958年(昭和33年)3月29日
資本金 54億8,317万円