帳票業務身は想像以上の時間がかかり、人件費などの多くのコストがかかっています。
帳票の印刷や仕分けなど、これらの作業は仕方のない作業となっていました。

EdiGate/POST(エディゲートポスト)は、帳票業務をWeb化することにより、コスト削減とすることができるクラウド型のWEB-EDIサービスです。
社内システムとの連携により、仕入れ先や注文・発送の業務にかかるコストダウンや納期確認作業の軽減へとみちびきます。

EdiGate/POST(エディゲートポスト)とは

今までの帳票業務をPDF化し、インターネットを通じて自動配信する、自動帳票作成配賦・データ交換サービスです。
インターネット経由で配信することにより、用紙や印刷、郵送費用などにかかっていた人件費の削減となり、作成から郵送費にまでかかっていた時間を一気に短縮し、ペーパーレス化します。
取引先はインターネットに接続していることでご利用ができるので、負担は一切かかりません。
シンプル操作ですので、どなたでも簡単に負担なくご利用いただくことができます。

EdiGate/POST(エディゲートポスト)の特徴

3つのEdiGate/POST(エディゲートポスト)の特徴を、ご紹介します。

・帳票を自動配信できる
今自社でお使いの社内システムとの連携ができ、帳票データの電子化によって仕入先に自動配信することができます。
今まで使っていた帳票データを無駄にすることなく使うことができるので、どなたでもスムーズにご利用することができます。

・データをセキュアに交換できる
仕入先と、ワードやエクセルで作った見積書や大きな容量の図面などの様々な形式の帳票データを、送受信することができます。
SSL通信の暗号をはじめ、IDやパスワード、ウイルスチェックを使ったセキュアなデータ交換ができます。
情報漏えい対策になり、メールセキュリティ対策として活用も可能です。

・操作は簡単であり誰でも使える
操作はいたってシンプルであり、このようなサービスをご利用したことがない方でも、スムーズに使うことができます。
使い方は、自社と仕入先がインターネット接続することで可能となります。
帳票データの2次活用も可能となり、自社システムやワードやエクセルなども利用可能となります。
そのため、帳票業務を減らすことができます。

EdiGate/POSTの様々な機能のご紹介

・帳票作成
帳票データを使って、PDF形式の帳票を自動作成することができます。
社印イメージやバーコード、QRコードにも対応しているので、大変便利にご利用いただけます。

・配布方法選択
配布方法の設定が可能であり、仕入先別にデータやPDF、印刷などの設定することができます。
データで配布も可能であり紙媒体でも配布が可能なので、見合った配布方法をご利用することができます。

・掲示板
仕入先に対して、営業時間変更やメンテナンスの日時などのお知らせを、掲示板に掲載することができます。
誰でも確認できる掲示板ですので、話の行き違いがなくスムーズに把握することができます。

・操作履歴
各IDの操作履歴を、管理者が確認することができます。
どのスタッフがどのような操作履歴をしたのか、一目瞭然で把握ができます。

・お知らせメール
データが仕入先から送信されると、お知らせメールが送信になります。
そのため、仕入れ先からの情報を見逃すことなく把握することができます。

・データアップロード、ダウンロード
図面やエクセルのデータなどの大容量のデータを、社内間や仕入れ先などで送受信することができます。
送受信データは自動アップロードやダウンロードができ、発注者期の企業の社内システムとの連携ができます。
また、マスタ登録していない仕入先には、一時的にデータ送信もできます。

この他にも、便利で効率的なサービスや機能が満載です。

EdiGate/POSTのご利用料金

このような導入価格事例が、公開されています。

・取引先社数~50
構築モデル:クラウド
帳票開発数:2帳票
機能開発:なし
初期導入費:~400万円

・取引先社数~100
構築モデル:クラウド
帳票開発数:2帳票
機能開発:あり
初期導入費:~500万円

・取引先社数~100
構築モデル:オンプレ
帳票開発数:2帳票
機能開発:あり
初期導入費:~900万円

・取引先社数~100
構築モデル:オンプレ
帳票開発数:なし
機能開発:あり
初期導入費:~900万円

・取引先社数~100
構築モデル:クラウド
帳票開発数:なし
機能開発:あり
初期導入費:~400万円

 

EdiGate/POSTの導入時のサポート

記載なし

〇導入実績

・ハスクバーナ・ゼノア株式会社
・セーラー万年筆株式会社
・神津精機株式会社
・株式会社ワコム電創
・株式会社波南

メディア掲載

記載なし

会社概要

会社名 大興電子通信株式会社
住所 〒162-8565 東京都新宿区揚場町2番1号 軽子板MNビル

代表取締役 社長 CEO兼COO 松山晃一郎
資本金 19億69百万円
設立 1953年12月1日