インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、企業の内部から電話やメール、営業ツールなどを使って顧客とコミュニケーションを取る手法、または担当者のことです。外回りの営業である「外勤営業」に対して、「内勤営業」とも呼ばれることがあります。デジタル技術の発展に伴い、営業エリアは広がる一方であり、しかも顧客と会えない問題が生じているため、これまでの外勤だけでは効率が悪いのが実情だと言えるでしょう。こうした問題を解決するのがインサイドセールスです。

インサイドセールスの必要性

近年の顧客の購買行動は、インターネットやSNSなどを駆使して、自主的に情報を集めるケースが増えています。そして営業担当者と会う段階では、すでにある程度の選考や比較が終わった段階だというのが定説。つまりインターネットを活用してリサーチをしている顧客に、ピンポイントで鮮度の高い情報を与える必要があり、それを実現するのがインサイドセールスの役割です。インサイドセールスはMA(マーケティング・オートメーション)などのシステムとの相性が非常によく、データを組み合わせることで、これまでの営業手法では実現できなかったアプローチが可能でしょう。どの企業でも同じ問題を抱えていると思われることから、他社と差を付けるためにいち早くインサイドセールスの仕組みを活用することが必須です。

必須項目会社名・団体名
必須項目
必須項目
必須項目フリガナ(姓) ※全角カタカナ
必須項目フリガナ(名) ※全角カタカナ
必須項目メールアドレス
必須項目電話番号