コンテンツマーケティングで大事となるのが、オウンドメディアです。
しかし、かかる手間や費用の関係上、スムーズに導入できない企業も多くあります。

パブリッシングプラットフォーム「dino」は、自社開発のクラウドCMSを中心にして、Webメディア構築や運営など、コンテンツマーケティングに欠かせないテクノロジーを一貫して提供してくれるサービスです。
企業のコンテンツマーケティングを、お手頃価格で簡単にサポートします。

パブリッシングプラットフォーム「dino」とは


自社開発したクラウドを中心として、Webメディアの構築やマネタイズ支援まで、コンテンツマーケティングに必須なテクノロジーの一環提供を行う、パブリッシングプラットフォームです。
クラウドCMSなので、スピーディに温度メディアの立ち上げを行うことができます。
サーバの運用管理は一切不要なので、導入したその日から最新の機能を使いながら便利にメディア運営をはじめることができます。
新機能の追加やセキュリティのアップデートなどの面倒な手間は一切なく、自動で行われるので安心して使うことができます。

3つのパブリッシングプラットフォーム「dino」の特徴

3つのパブリッシングプラットフォーム「dino」の特徴を、ご紹介します。

・クラウドCSMで素早くオウンドメディアの立ち上げが可能
完全な自社開発のクラウドCMSであり、スピーディなオウンドメディア構築をすることができます。
一般的なCMSではなくSaaS方式なので、サーバの運用管理は一切必要ありません。
そのため、申し込んだその日から最新機能のCMを使ってメディア運営をはじめることができます。

・SNSや外部メディア活用により成長と拡大をサポート
SNSや外部広告を活用して、サイトへの集客の手助けをしてもらえます。
dinoで作った記事を外部のメディアに配信や提供を行うことにより、コンテンツの閲覧数アップとメディアへの送客も同時にできます。

・オウンドメディアを中心とした様々なビジネスのサポート
メディアとしてポジションを確立することができたら、本格的なマネタイズへと進みます。
広告収益や会員限定の記事の課金など、オウンドメディアを中心としていろいろなビジネスサポートへとみちびきます。

パブリッシングプラットフォーム「dino」のオススメ機能

数多くのパブリッシングプラットフォーム「dino」の機能の中から、おすすめしたい機能をご紹介いたします。

・使いやすい編集画面
公開されるページの状態の編集画面を使うことができるので、とてもわかりやすく編集をすることができます。
編集後のイメージが掴みやすいので、はじめて使われる方でも簡単に直感的に編集画面の操作を行うことができます。

・レスポンシブWebデザイン
パソコンやスマートフォンを問わずに、自動で表示が最適かされるレスポンスWebデザインを標準で採用しています。
自動で表示が最適かされるので、余計な手間を掛けずに編集を行うことができます。

・オートスケーリング
サーバにかかる負荷に応じて、自動で要領の増強ができます。
突発的にアクセスが集中してしまっても、大きな負荷を掛けずにスムーズに使うことができます。

・トラフィックブースト
様々なデジタル広告やソーシャルメディアを活用してブーストして、メディアへの集客へとみちびくことができます。
効果的な集客により、サイトへの集客増を期待することができます。

・ソーシャル核酸
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを使った、マーケティングのお手伝い機能です。
SNSの効果により、メディアへの集客力を高めることができます。

・SEOに強いHTMLの作成ができる
普通に記事を書くだけで、SEOに強いHTMLを作ることができます.
AMPにも標準対応しており、SSLも簡単導入することができる便利さです。

・Eコマース連携
メディアを連動した、オンラインショップを作ることができます。
コンテンツをフックとすることができるので、ユーザの購買意欲を高めることができます。
効率的なEC運営となり、販売力を高めることができます。

この他にも、パブリッシングプラットフォーム「dino」には大変多くの便利な機能が含まれています。

パブリッシングプラットフォーム「dino」の利用料金

100万PV単位の、月額費用となっています。
初期費用は、別途かかります。
料金体系については、ダウンロード資料参照となります。

パブリッシングプラットフォーム「dino」の導入時のサポート

導入時のサポートに関しては、ホームページ上には記載ありません。
お申込後、BizDogaPlusに関するサービスガイドをダウンロードするので、導入の際に不

〇導入実績

・FM OH!851
・オートバイ RIDE
・Webカメラマン
・カワコレメディア
・cinehl
・SCREEN ONLINE
・食べあるキング
・釣りPLUS
・ベースボールマガジン社

メディア掲載

・記載なし

会社概要

会社名 株式会社リボルバー
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5-33-10 モーターマガジンビル 4F

代表者名 小川浩
設立 2012年7月30日