クリスタルメソッドの人工知能研究開発では、その名の通り、AIの研究開発を行っています。人工知能の業務への活用は、日本だけではなく世界でも現在非常に注目を集めている分野となっています。2029年には、人工知能が人間の脳を超えて業務を判断し、遂行できる時代が来ると予測されており、AIの導入により、業務のあり方が変わってくるのです。
クリスタルメソッドでは、AIを業務の中で役立たせることができるよう研究が行われており、音声や表情、そして言語データを人工知能を利用して業務に活用することが可能となっています。導入されたAIは、日々学習し、進化するAIとなっています。
クリスタルメソッドでは、業務自動化を効率よく行うことができるよう、企業に合わせたAI開発を行っています。導入により、生産性の向上、そして利益アップを期待することが可能となっています。
今まで社員が行ってきた作業をAIに任せることで、社員は人にしかできない業務に専念することができるため、新たな業務を生み出すことが可能となるのです。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発とは


クリスタルメソッドでは大学の准教授との共同で人工知能研究開発を行っています。現在特許出願中となっているAIシステムでは、様々な業務を自動化することが可能となっています。
その一例として、顔の表情と音声を認識することで、正確に質問に返答することが出来るロボットの作成を行うことが出来ます。企業内で発生するFAQ、問合せ、電話応対や受付などの対応を、Wikipediaなどを通じて情報を取得し、対話により的確に返答することが出来るのです。
その他にも、為替レートの動向をチェックし、売り買いのタイミングを予測し、最適なポジションをAIが考えることが出来ます。社員が為替レートを頻繁にチェックしておく必要がなく、過去のデータや事前に学習させ、状況を把握して、タイミングよくロボットが動いてくれますから、社員の負担を大幅に減らすことができるのです。
この為替レートトレードツールは、学会でも研究成果が発表されており、他社のAIやRPAシステムにはない機能として、非常に注目を集めています。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発の特徴

クリスタルメソッドの人工知能研究開発の特徴としては、非常に幅広い業務を自動化することが出来るという点です。
従来のRPAでは、ホワイトカラー業務と呼ばれる定型業務の自動化だけを行うというのがが一般的でしたが、クリスタルメソッドでは、非常に幅広く、様々な業務の自動化が可能となっています。
進化したAIとして、業務を学び、そして問題や課題解決のために活躍してくれますから、企業サポートとして、非常に役立つ人工知能となっています。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発でできる事

・音声により、自動で言語を判断し、返答する。ホテルや企業の受付で利用可能。
・キーワードを入力する事で、そのキーワードにあった画像を作成します。商品企画で利用可能。
・音声を通じて感情を認識することが出来ます。コールセンターなど、クレームが多く発生する場所で利用可能。
・テキストから感情を読み取ることも可能です。メールでのクレーム処理などに利用可能。
・周りの雑音が混じった場所でも、人の声だけを抽出することが出来ます。工事現場や雑音が多い場所から顧客が連絡をしてきた場合のサポートが可能。
・キーワードに合わせた対象物を映像から探し出すことが出来ます。不良品を見つける時などに役立ちます。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発と連携できるサービス

パソコン内の様々なシステムと連携を取り、AIによる業務の自動化が可能となります。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発の価格

価格は個別見積もりとなりますので、詳しくはお問い合わせください。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発の導入サポート

企業に合わせたコンサルティングも行っていますから、企業の中でAIが必要な業務を抽出したり、導入によるサポートも依頼可能となります。
お問い合わせはメールもしくは専用フォームからとなります。

クリスタルメソッドの人工知能研究開発のメディア掲載

・ライブドアニュースにて紹介
・BIGLOBEニュースにて紹介

会社概要

社名  クリスタルメソッド株式会社
設立  2008年04月1日
資本金  904万円
取締役  河合 継
住所  東京都千代田区九段北4丁目1−14 TLビル5F

電話番号  03-6260-8731
従業員数  2名