Cross-Channel Marketing Platformは、BtoC取引に特化したマーケティングオートメーションツールとなっています。現在までに業種問わず、非常に多くの企業で導入されており、顧客とのクロスチャネルコミュニケーションをはかりながら効率よく業務を進める事が可能となっています。
Cross-Channel Marketing Platformでは、顧客に合わせて最適なクロスチャネル配信が可能となっています。個別でのメール、一括送信メールなど、企業に合わせて使い分けることが可能ですし、シナリオを作成し、シナリオに沿ってアプローチを仕掛ける事も可能です。配信チャネルには、メールの他、SMS、LINE、アプリのプッシュ通知などを利用することが可能となっており、アプローチ方法には、一括送信、シナリオ配信、そしてトランザクション配信の3つを用意しています。これらのチャネル配信を行うことで、顧客がどのようなアクションを起こしたのかを把握し、反応に応じで最適なアプローチを仕掛けることが可能となっています。Cross-Channel Marketing Platformでは、複数の画面を行き来しながら操作を行う必要がなく、プラットフォームを1つにまとめてありますから、誰にでも使いやすく、システムを使い分けたり、複数搭載する必要なく、非常に導入しやすくなっています。

Cross-Channel Marketing Platformとは

Cross-Channel Marketing Platformでは、一人一人に合わせた最適なアプローチを行うことができるマーケティングツールを提供しています。
顧客のデータをインポートし、データの連携、そしてキャンペーン設計からキャンペーンの実施、効果測定までの流れをスムーズに行うことが可能となっており、効果的なアプローチを展開することが可能となっています。
様々な部署にまたがる顧客の情報を、Cross-Channel Marketing Platformであれば、全てをまとめ、一元管理することが可能となっており、現在のデータを形式を大幅に買える事なく活用することが可能です。Cross-Channel Marketing Platformにより、顧客情報の一元管理が可能になると、必要な顧客をすぐに抽出することが可能となりますから、アプローチをしかける顧客を簡単に探し出すことができるのです。データの抽出はドロップ&ドラッグで誰にでも操作可能ですから、キャンペーン毎に、ターゲット顧客を抽出して、アプローチを仕掛け得ることが可能となっています。
メッセージの配信は、メールやLINE、プッシュ通知やSMSなど、様々なチャネル配信が可能となっていますから、企業に合わせて最適な配信を実現可能となっています。

Cross-Channel Marketing Platformの特徴

Cross-Channel Marketing Platformの特徴としては、大量顧客データでも、簡単に一元管理することが出来るようになるという点や、様々なクロスチャネル配信に対応可能となっており、企業に合わせてチャネルや配信方法を変えていくことができるという特徴があります。
その他にも、サポート体制が充実しており、導入だけではなく、導入後のサポートまでトータルサポートを利用できるという特徴もあります。プロの視点でMAツールをチェックしてもらうことで、課題を明確にしやすく、売上アップにつながるためのマーケティングを行い、MAツールの効果を最大限に引き延ばすことができるのです。

Cross-Channel Marketing Platformの機能のご紹介

・データインポート
APIによるインポート、SFTPによるインポート、手動でのインポートに対応可能。
・データ連携
テーブル間で、データを共有できます。
・キャンペーン設計
配信対象者を定め、コンテンツを作成、配信するタイミングを決め、配信テストの実施も可能。
・キャンペーン実施
様々なチャネルを通じてキャンペーン実施が可能。
・効果測定
キャンペーン結果のレポート作成、キャンペーン毎の比較レポート作成、ヒートマップレポートの作成、デバイス別のアクセスレポートの作成可能。

Cross-Channel Marketing Platformの詳細な利用料金

価格はお問い合わせください。

Cross-Channel Marketing Platformの導入時のサポート

導入から環境構築、データ連携から研修まで、トータルサポートを行っています。
プロフェッショナルサービスの導入により、コンサルやクリエイティブ制作、運用代行までを委託可能です。
お問い合わせは専用フォームもしくは電話から受け付けています。
・電話番号0120-60-9920平日9時から18時まで対応しています。
〇導入実績
・日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社
顧客に合わせて最適なおもてなしを実現できました。
シナリオ設定からコンサルまでを、全てお任せすることができるため、今まで外部委託していた業務を1つにまとめることができ、状況や進捗も確認しやすくなりました。
・株式会社ワールド
クロスチャネル配信を利用することで、同じ顧客に重複して情報を配信してしまう事がなく、顧客のタイミングに合わせてメッセージを送信できるようになり、非常に助かっています。

メディア掲載

・マーケジン
・ドリームニュース
・マーケメディア

会社概要

会社名 チーターデジタル株式会社
住所 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント

代表取締役 橋本 勇人
設立 1999年12月3日
資本金 3億9,000万円