CMS Blue Monkeyとは、CMSツールとして、現在までに1,400社以上が導入している実績ある国産CMSツールとなっています。
Webサイト管理を簡単に誰にでも行うことが出来るように構築されており、専任管理者を置かずに導入することが可能です。コンテンツ管理も容易に行うことが可能ですし、拡張性の高いシステムとなっていますから、企業に合わせて必要な機能を追加する事も可能となっています。
直感的に利用することができるインターフェイスですから、CMS構築、CMS管理を簡単に行うことができますし、スターティアラボ株式会社が開発したシステムとなっているため、開発から運用までをサポートしてもらう事も可能です。サポートは、電話やメールだけではなく、訪問でも行っていますから、企業内にプログラミングに詳しい社員がいなくても、導入しやすく、最新の環境を安心して利用することが可能となっています。
セキュリティ対策も力を入れているシステムとなっており、バージョンアップを定期的に行っていますし、保守管理、メンテナンスまでをサポート可能となっています。

CMS Blue Monkeyとは

CMS Blue Monkeyでは、HTMLやCSSなどの知識を必要とせず、簡単にサイトを構築することができるCMSツールを提供しています。
サイト管理は、ブロックごとに組み合わせて構成されているため、ドロップ&ドラッグで簡単に操作しながらレイアウトを変更、ページ作成が可能となっています。
BtoB企業やBtoC企業など、様々なサイト構築を行うことが可能となっており、SEO対策に力を入れているコンテンツを作成したり、企画設計やコンテンツ構築もスムーズに行うことができます。CMS Blue Monkeyでは、専属のスタッフが配属された上で、サイト構築を行うことができますし、テンプレートを利用したサイト構築になりますから、簡単に企業に合わせた最適なサイト構築が可能となります。
他ツールやシステムとの連携も容易に行うことが可能となっており、データベースとの連携や、SNSとの連携、その他、MAツールや電子カタログ、AR作成や、アプリ化との連携も行うことが可能です。

CMS Blue Monkeyの特徴

CMS Blue Monkeyの特徴としては、誰にでも簡単に使う事が出来る操作性にこだわったCMSツールであるという点です。CMS Blue Monkeyであれば、複数人での管理や運用も可能となっていますし、更新も簡単です。問い合わせフォームや問い合わせ管理なども一元管理が可能緒なっているため、非常に使いやすくなっています。
その他にも、セキュリティに力を入れているという点も、CMS Blue Monkeyの特徴となります。定期メンテナンスを行っていますし、不正アクセスやウィルスなどの脅威から守るための自動検知や、D-DoS対策システムの搭載により、一般的なCMSツールに比べ、非常に高いセキュリティ対策が取られています。
サポート体制が充実している点も、CMS Blue Monkeyの特徴となっており、電話やメールだけではなく、訪問による運用支援を依頼する事も可能となります。

CMS Blue Monkeyの機能のご紹介

・管理画面
公開画面同様に編集画面を表示可能。
ブロックを組み合わせてページ作成が可能。
ツリー形式でページ管理が可能。
画像やファイルの管理が可能。
画像編集やデザインの切り分けが可能。
・法人向け機能
ページ公開を承認制にする事が可能。
権限設定が可能。
編集履歴をCMSにより管理可能。
・アクセス解析
Googleアナリティクス連携。
閲覧法人を把握可能。
・SEO設定
メタタグや、タイトルタグの設定が可能。
メタタグ情報をCMSによる一括インポート、一括エクスポートが可能。
作成したページは、sitemap.xmlにより自動登録が可能。
・レスポンシブ設定
マルチデバイス対応。
テンプレートを利用した記事作成が可能。
・問い合わせ管理
問い合わせフォーム作成。
コンバージョン設定。
CSVにて、取得情報を書き出し可能。
・拡張機能
データベースとの連携により大量商品の登録が可能。
MAツールにより、閲覧ユーザーを把握可能。
プラットフォーム構築が可能。
アプリを作成可能。
電子カタログの作成可能。
・その他
タイマー、バックアップ、外国語のことばの揺れなどの補正可能。

CMS Blue Monkeyの詳細な利用料金

・初期費用10万円
・月額料金3万円から

CMS Blue Monkeyの導入時のサポート

CMS Blue Monkeyのサポート体制は非常に充実しており、電話やメールでのサポートだけではなく、訪問によるサポートも行っています。操作支援サポートの場合には、トラブルが発生した時や操作講習の開催などを、メールや電話で問い合わせるのに対し、運用支援サポートでは、運用スキームの提案やアクセス診断などを訪問により行う事になります。
資料請求や、無料お試しは専用フォームからとなります。
〇導入実績
・藤倉ゴム工業株式会社
・株式会社タチエス
・日本化学工業株式会社
・日米電子株式会社
・株式会社寺田電機製作所

メディア掲載

・CNET Japan
・Impressビジネスメディア

会社概要

会社名 Mtame株式会社
住所 〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F

代表取締役 金井 章浩
設立 2018年4月1日(日)
資本金 50,000千円