クラウドサインは、電子契約サービスとして、ペーパーレスにてクラウド上で契約を進める事が可能なシステムとなっています。
弁護士監修のシステムとして、日本の法律に特化した契約を進める事が可能となっており、印紙の貼り付けや郵送代を減らし、コストを抑えて電子契約を行うことができます。
契約書をデータ化するだけで、書類作成や郵送にかかる日数を減らすことが可能となっており、即日で取引先へ契約書を送信することができますから、契約にかかるまでの日数を最小限に抑えることが可能となります。過去の契約書も、データ上で管理することができるため、保管のための場所を取る事なく、必要な契約書をいつでも見返すことが可能となります。
無駄な時間、無駄な費用、保管スペースを全て排除することが可能となりますから、コスト削減につなげ、効率よく業務を進める事が可能となるのです。データ化することで、抜けもれなく契約書を作成する事も可能となりますし、契約書を全てクラウド上で管理することができるため、透明性のある業務改革へとつなげる事も可能となります。その他、原本をデータにて管理することができるため、コンプライアンスの強化につなげる事も可能となっています。

クラウドサインとは

クラウドサインでは、パソコンを利用して取引先との契約を進める事が可能なシステムです。
全ての契約書をクラウド上で管理し、データとして契約書をやり取りすることができるため、時間のロスやコストを抑え、管理を楽に進める事が可能となっています。
契約書の作成は非常に簡単で、作成した契約書をクラウドサインにアップロードし、取引先へ確認依頼を送り、取引先がクラウドサイン上で捺印するだけです。取引先がクラウドサインを利用していなくても、契約書のやり取りが可能となっており、3ステップで簡単に契約を進める事が可能となります。
契約締結をスピーディーに進める事が出来るようになりますから最短で約数分という速さで契約を締結することが可能となります。月間5件までの契約であれば、無料で利用することが可能となっていますから、小規模企業にもおすすめです。今まで印紙代や印刷代にかかっていた費用を全てなくし、クラウド上で契約締結を進める事が出来るようになることで、事務作業の負担を減らす事も出来ますし、大幅なコスト削減へとつなげることが可能となっています。
電子契約を行っている企業の約8割が、クラウドサインを活用して電子締結を行っていますから、安心、安全な電子締結を進めたいと考える企業におすすめです。

クラウドサインの特徴

クラウドサインの特徴としては、クラウド上で契約を締結することが可能になることで、時間のロス、コスト削減、契約書の管理を楽に進める事が出来るようになるという点です。無料版も用意していますから、小規模企業でも活用可能です。クラウドサインであれば、コストを抑えて効率よく取引先との契約を進める事が出来るようになりますし、セキュリティ対策も充実しているシステムとして、安心、安全に、契約を進める事が可能となります。
その他、本人確認が可能であったり、APIが利用可能であったり、テンプレートを利用して契約書を作成可能であったりと、充実した機能が取り揃えられており、電子締結をスムーズに進める事が出来るという点も、クラウドサインの特徴となります。

クラウドサインの機能のご紹介

・電子契約が可能
テンプレートを利用して契約書を作成し、相手に送信することで、スピーディーな電子契約が可能。
電子署名、タイムスタンプの利用が可能
・データ管理
電子化した契約書をデータで管理可能
・紙書類をスキャンしてインポート
・API
・IPアドレス制限
・チーム管理
・承認権限機能
・アカウント登録
・暗号化通信
・契約書検索
・本人確認

クラウドサインの詳細な利用料金

・スタンダード月額10,000円
・スタンダードプラス月額20,000円
・ビジネス月額100,000円
プランによって利用できる機能が異なります。

クラウドサインの導入時のサポート

ビジネスプランの場合のみ電話サポートを受け付けています。
導入に関するお問い合わせは、専用フォーム、もしくは電話から受け付けています。
・電話番号050-7586-3879平日10時から19時まで対応可能です。
〇導入実績
・野村證券株式会社
・パーソルキャリア株式会社
・株式会社クレディセゾン

メディア掲載

・ITレビュー
・Prtimes
・BOXIL

会社概要

会社名 弁護士ドットコム株式会社
住所 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル6階

代表取締役 内田 陽介
設立 2005年7月4日
資本金 439百万円