クラウド発展会計は、会計事務所で活用できる充実した機能を兼ね揃えた会計システムです。入力処理が毎回遅れてしまう企業や、記帳代行資料の回収に遅延が発生してしまう企業、監査が不十分だと感じている企業、決算診断を行っていない企業や、書面添付が行われていない企業、利益計画を立てていない企業、納税予測を立てていない企業など、様々な企業にお勧めとなっています。
クラウド発展会計を導入することで、銀行との連携により、取引内容を自動で読み取り、入力させることが可能です。通帳や領収書の読み取りや仕訳も可能となっていますから、入力に遅延が発生してしまう事なく、会計管理を素早く進める事が可能となるのです。
様々な資料や帳票などもクラウド発展会計を活用すればスムーズに作成することが可能となりますから、入力されたデータを集計して月次レポートを作成する事も可能となりますし、様々な帳票も手間なく簡単に、誰にでも作成することが可能となります。
その他、損益予測を立てたり、納税予測により節税を意識したりする事も可能となりますし、決算書を自動で作成し、年度ごとに経営計画を立てる事も可能となりますから、お金の流れを可視化しながら、戦略的な企業運営が可能となります。

クラウド発展会計とは

クラウド発展会計は、会計事務所との共同開発により作成された会計システムです。企業経営を行う上で必要となる様々な機能を搭載したシステムとして、業務を効率よく進め、リアルタイムで経営状況を把握することが可能となっています。
経理業務効率化システムと、財務管理効率化システム、給与計算システム、適正診断テストの4つの機能が搭載されており、経理業務効率化システムでは、仕訳辞書を活用しながら、自動で仕訳、入力を行い、銀行との連携により、取引履歴の自動仕訳や入力を行うことが可能です。レシートや通帳も自動で読み取り、仕訳、入力を行うことが可能となっており、各種申請や承認もデータを活用して進める事が可能となります。
財務管理では、月ごとに会計レポートを作成することが可能となっており、コストや予算達成度など、経営の実態を把握することで、計画的な経営を進める事が可能となっています。AIによる決算診断システムも活用可能となっていますし、改善ナビの利用も可能となりますから、スムーズに企業改革を進める事が可能となっています。
給与計算管理では、給与や賞与の計算を行うだけではなく、年末調整を計算したり、賃金台帳の管理を行ったり、全ての給与情報をCSVデータにて出力する事も可能となります。
クラウド発展会計では、適正検査を行うことも可能となりますから、個々の特性を把握し、組織診断、適合診断により、社員にあった部署で勤務を進めることが可能となっています。

クラウド発展会計の特徴

クラウド発展会計の特徴としては、経理業務効率化、経営管理効率化、給与計算システム、適正診断の4つの機能が搭載されているという点です。会計管理システムだけではなく、その他の機能も非常に充実いているため、経営全体を可視化しながら、効率よく業務を進める事が可能な様々な機能が搭載になっており、企業経営全般のサポートをする事が可能なシステムとなっています。

クラウド発展会計の機能のご紹介

・経理業務効率化
選択式の入力、仕訳辞書を活用しての仕訳、仕訳マスタ登録、一括コピー、銀行取引自動読み取り自動仕訳、通帳自動読み取り仕訳、レシート自動読み取り仕訳、同時入力可能、メニュー画面のカスタマイズ、部門ごとに管理、帳票の管理、申請承認、決算書自動作成、配賦処理機能。明細自動発行、納税予測報告書、決算予測、
・財務会計管理
月次会計レポート、総合推移表、予算実績対比表、経費推移表、資金繰り実績表、決算診断システム、承認機能、AI経営診断、改善ナビ、年度計画
・給与計算システム
給与、賞与、年末調整の計算、保険料等の自動計算、自動更新、賃金台帳、給与データCSV出力
・人事管理効率化
適性検査、組織診断、適合診断、レポート作成

クラウド発展会計の詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

クラウド発展会計の導入時のサポート

資料請求やお問い合わせは専用フォームから受け付けています。

〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・財務会計ソフトの比較ランキング
・BOXIL
・マイナビニュース

会社概要

会社名 日本ビズアップ株式会社
住所 東京都港区東新橋1‐5‐2 汐留シティセンター10F

代表取締役 吉岡 和守
設立 平成11年3月10日
資本金 2億8,593万円