Clicktaleでは、顧客のWeb上での動きを全てキャプチャすることが可能となるアクセス解析ツールとなっています。パソコン、モバイルどちらの画面もキャプチャすることが可能となっており、顧客のwebサイト上での動きを知ることで、顧客がページのどの部分で離脱してしまうのか、良く閲覧されているのはどのページなのかを把握することが可能となります。顧客の行動パターンを把握することができることで、サイト内の改善点を明確にすることができ、戦略を立てながら即座に対応を取る事が出来るのです。
その他、ABテストの実施により、特定の顧客から正確なデータを収集することが可能となりますから、マーケティングをスムーズに行うことができ、顧客にとって使いやすいサイトを構築することが可能となっています。
Clicktaleでは、ヒートマップにより、顧客のマウスの動きを把握する事も可能となっています。ヒートマップ分析を活用することで、良く閲覧されているコンテンツを把握することができますし、ポップアップ画面を表示した場合には、顧客の行動にどのような影響を与え得るのかも計測することができます。その他、クリックの状況も計測することが可能となっており、顧客がクリックしたURLや画像なども、把握することができます。クリック箇所ではない場所をクリックしている顧客が多ければ、その部分にクリックを挿入すれば、スムーズに顧客を誘導することができるのです。サイトの中の良くない部分を改善し、離脱しない理想のサイトへとみちびきます。

Clicktaleとは

Clicktaleでは、顧客のwebサイト上での画面をキャプチャする事で、Webサイト上でのクリックやマウスの動き、そして行動を把握することができる、ヒートマップアクセス解析ツールとなっています。
顧客の行動を全て把握することが可能となっており、クリックや、マウスの動き、ページ内の動きだけではなく、顧客のサイト内での滞在時間やスクロールが行われている位置までを把握可能となっています。オンマウス率や、クリックの順番、そしてためらっている時間も全て計測され、データとして利用することができます。
Clicktaleにより集めた情報は、コンバージョンファネルにより離脱ポイントを調べることが可能となりますし、コンバージョンレポートにより、フォームまでたどり着いた顧客がどの位いるのかを知ることも可能です。その他、離脱ポイントをまとめた離脱レポートも作成可能となりますし、顧客のフォーム入力時間を計測するためのレポートも作成可能となります。Clicktaleでは、顧客の目に留まる点だけに注目するのではなく、顧客の目に留まらない点も併せて把握することが可能となっており、無視されていても重要な項目である場合には、情報の最適化を行うこともできます。エラーの発生状況もレポート化が可能となっていますから、エラーが発生している箇所を把握し、安定してスムーズにサイトを利用することが出来るように、改善を行っていくことも可能となっています。

Clicktaleの3つの特徴

3つのClicktaleの特徴を、ご紹介します。

閲覧者の動きをヒートマップで分析

Webページの閲覧者の動きを参考にし、Webページの分析を行うことができます。
閲覧者がWebページを閲覧した際に動かしたマウスの動線を、動画で記録ができます。
似たようなサービスは多くありますが、閲覧者の動きが分析できるツールは少ないので大きな特徴といえます。
パソコンのみならずスマートフォンの動きも記録が可能であり、大変画期的な機能です。
閲覧者がどの部分を見ているか把握することで、興味ある内容を得ることができます。

コンバージョン分析により閲覧者離脱を防ぐ

閲覧者が見にくいWebページやページ離脱を分析するコンバージョン分析により、Webページ経路の組立分析ができます。
Webページの中のどの部分で離脱したのかを分析することができ、Webページの経路の組み立ての修繕に役立てることができます。
また、入力フォームより何人がたどり着いたのか、フォーム入力をしたのか、最後まで入力したのかなどを定量化します。
顧客になってくれる人とそうではない人との違いを把握することができ、入力フォームはどこが悪かったのかの分析ができ、改善へと繋げることができます。

世界で多く使われているサービス

イスラエルで生まれたサービスであり、世界画国で10万社以上の企業が導入しています。
高品質で安全性が高い部分が評価されており、信頼度が高いのが人気の秘密です。
日本では多くの大手企業が導入しており、離脱率が低いサイト運営を行っています。

Clicktaleの様々な機能のご紹介

Clicktaleの豊富な機能の一覧を、ご紹介いたします。

・ヒートマップ
マウス、クリック、スクロール、滞在時間などをヒートマップで表示可能。
・セッションプレイヤー
顧客の画面をキャプチャ可能。特定の顧客のみ、ABテストなどを実施し、正確な情報を取得可能、
・コンバージョン分析
個々役の離脱ポイントを探り、その後の顧客の行動を探ることができるコンバージョンファネル、入力フォームまでたどり着いた顧客を把握できるコンバージョンレポート、離脱ポイントを明確にする離脱レポート、フォーム入力時間を計測する入力時間レポート、負荷がかかっている部分を測定するブランクレポート、入力エラーになっている箇所を把握する再入力レポートなどがあります。
・エクスペリエンス分析
指標を計測して問題点を把握するエクスペリエンスセンター、設定した指標について、更に深く分析を行うドリルダウンビューなどがあります。

Clicktaleの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

Clicktaleの導入時のサポート

目標達成までのコンサルティングを行っています。
その他、ROI最大化のためのトレーニングも実施可能です。
資料請求やお問い合わせは専用フォームから受け付けています。

〇導入実績
・The North Face
・弥生給与
・GAZPROM
・Clanks
・トイザらす
・PEACH JOHN
・ビックカメラ
・LOHACO
・So-net
・EMPOWER
・テンプスタッフ
・ANA
・ニッセイ基礎研究所
・UR都市機構
・スカイチケット

〇主な連携ツール
・Adobe Analytics
・Adobe Taget
・Google Analytics
・Google Tagmanager
・dynamic yield
・Optimizely
・TEALIUM

メディア掲載

・Web担当impressビジネスメディア
・@Press
・サンケイBIZ

会社概要

会社名 Clicktale
住所 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル 6F

代表取締役 甲斐 亮之
設立 2005年1月27日
資本金 20,000,000円
電話番号
従業員数 120名