Chartioでは、あらゆるデータソースを統合して可視化することが可能なシステムとなっています。導入により、社内の問題点を即座に把握したり、傾向を把握したりすることが可能です。
非常に簡単に利用することが可能なシステムとなっており、ドロップ&ドラッグで誰にでも簡単にデータを閲覧することが可能となっており、営業職から管理職、経営層まで様々な部署で活用することが可能な分析ツールとして、必要な情報を即座にデータ化し、スピーディーな意思決定へとつなげることが可能となっています。専門家に頼む必要なく、誰にでもチャートやグラフの作成が可能ですし、ダッシュボードに複数のグラフやチャートを並べて表示し、これらを共有する事も可能となっています。目標設定を明確にしたり、仕入れ、売上などの実績を監視したり、販売パイプラインの強化に繋げたり、顧客にとって最適なサービスを探ったりと、様々な視点から様々なチャートやグラフを作成することで、より良いサービスを行うことが可能となり、生産性のアップへとつなげることができるのです。
作成したデータは、Webサイトへと埋め込むことが可能となっていますし、PDFにてメールで共有する事も可能です。画像として出力する事も出来ますから、資料としてデータ結果を会議やプレゼン等に活用する事も可能となっています。

Chartioとは

Chartioは、BIツールとして、業務上で発生する様々な情報を集計、データ化した上で可視化、共有することが可能なシステムとなっています。
幅広いデータ連携が可能となっており、Amazon Relational Database Services 、GoogleアナリティクスやAmazonウェブサービス、MySQL、Oracleなど、様々なデータを集計することが可能となっています。
データ同士の比較もダッシュボード上で簡単に行うことが可能となっており、リアルタイムで最新の情報を閲覧することが可能です。
棒グラフや、チャート、折れ線グラフなど、様々な形式でデータを表示することができますから、比較や状況確認を行いやすく、小さな変化にも気づきやすくなっています。一度に複数のグラフやチャートを、ダッシュボードに表示することが可能となっていますから、プレゼン等にも活用しやすくなっていますし、誰にでも見やすく、使いやすいダッシュボードとして、様々な部署で活用することが可能となっています。
Web上でアクセスするタイプのシステムとなっていますから、専用アプリをインストールする事なく、インターネット環境さえ整っていれば、いつでも活用することができますし、トレジャーデータも簡単に集計する事が可能です。
集計したデータは、ワンクリックで表示することができますから、必要な情報を即座に閲覧することが可能となり、分析を素早く行うことが可能となっています。

Chartioの特徴

Chartioの特徴としては、連携可能なシステムが非常に多く、ありとあらゆるデータソースを取り込むことができるという点です。ビッグデータであっても、素早く取り込み、可視化可能となっていますから、どんな企業でも利用しやすく、大企業だけではなく、スタートアップ企業でも便利に活用可能となっています。グラフやチャートの表示方法や色分けにもこだわったシステムとなっていますから、ダッシュボードは非常に見やすく、誰にでも分析を行いやすいよう、システムが構築されています。
その他、使いやすさにもこだわったシステムとなっており、ワンクリックで分析結果を表示することが可能となりますし、データをプレゼンや会議にも活用できるよう、画像やPDF等での表示が可能となっていますから、様々なシーンで必要なデータをいつでも利用することができるという特徴もあります。
導入も簡単で、Webサイトへアクセスするだけで利用をスタートさせることができますから、面倒な管理やセットアップなどを必要とせずに活用することができるという点も、Chartioの特徴となっています。

Chartioの機能のご紹介

・データソースの取り込み
PostgreSQLやAmazon Redshiftなど、様々なデータソースと連携し、集計可能。
・データを可視化可能。
折れ線グラフやチャート、棒グラフなど、様々な視点からデータを可視化可能。
視点を変えた分析により、課題や問題点、傾向などを分析できます。
・ダッシュボード
複数のデータをダッシュボードに並べて表示可能。
・レポート
レポートを作成し、PDFや画像として出力可能。
・共有
ダッシュボードやレポートを共有可能。

Chartioの詳細な利用料金

・start up40ドル
・Growth60ドル
・Premium 個別見積もり

Chartioの導入時のサポート

導入前後のサポートを利用可能です。
お問い合わせは専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
・Blueshyft

メディア掲載

・TechCrunch
・BOXIL

会社概要

会社名 Chartio
住所 San Francisco, CA
代表取締役 デイブ・ファウラー
設立 2010年
資本金 記載なし