カタログクラウドでは、紙書類を全てデータ化することができるシステムとなっており、カタログや会議資料、社内マニュアルなどのデータ化を行うことで、ペーパーレスによるコスト削減、業務の効率化を行うことが可能となっています。
様々な資料をデータ化することが可能となっており、PDFやJpeg、MSオフィスやepubファイルなど、データとして作成画面を通じてアップすると、自動的に本棚へ移動されるため、簡単に管理することが可能となっています。動画や画像を入れた資料作成も可能となりますし、リンクの挿入も可能です。社内のみで活用する事もできますが、iPadなどを活用して、営業ツールとして利用する事も可能となっています。
カタログクラウドを利用すれば、誰でも簡単に資料作成が可能となり、およそ3分程度で資料の作成が可能です。作成した資料は、公開する事も可能となっていますし、本棚アプリの初期画面を変更するだけで、自社アプリとして活用する事も可能です。ペン機能やメモ機能も搭載されていますから、営業先でも活用しやすく、プレゼンを行う時にも、便利に活用することができます。

カタログクラウドとは

カタログクラウドでは、書類を全てデータ化し、共有することができるシステムとなっています。
動画や音声も対応可能となっていますし、様々なデバイスで活用することができますから、保有している端末で、簡単に資料を確認することが可能となります。
カタログクラウドはセキュリティに非常に力を入れており、アクセス制限や権限設定により、データの管理や情報の整備を行うことができます。パスワードを入力しないと、資料を開示することができない設定や、会社支給のデバイスのみで閲覧可能にする機能、ファイルの暗号化、24時間監視やファイアーウォールなどを活用し、データを安全に守ることが出来るように徹底しています。
カタログや資料などとして利用するほかにも、アンケートの作成や回答も行うことができますし、見積書や請求書の作成も可能となっています。提供した資料を基に、分析を行うことも可能となりますから、ユーザーのダウンロード状況を確認したり、アプリの活用頻度や活用状況についても管理者が確認することが可能となっています。

カタログクラウドの特徴

カタログクラウドの特徴としては、国内唯一のシステムとなる、EPUBビューアーを搭載しているという点です。EPUBビューアーでは、比較的重たい動画や資料であっても、閲覧をスムーズにすることができるため、カタログクラウドは非常にスムーズにサクサク動くという特徴があります。
その他にも、絵本やアニメーションのような動画もアップすることができ、商品紹介などに高級感を持たせることが可能という特徴もあります。動画の挿入は非常にスムーズですし、企業に合わせてアプリをカスタマイズしていくことができますから、使いやすく、必要な機能を取り揃えた資料のデータ化が可能となるのです。

カタログクラウドの機能のご紹介

・簡単作成
・TOP画面の変更により自社アプリとして活用可能
・公開や配信が可能
・営業ツールとして活用可能
・資料の共有が可能
・マルチメディア対応
・ペン書き、メモ機能搭載
・電子カタログの作成可能
・企業コード、社員コードの入力によるログインが可能
・動画作成及び管理
・掲示板機能
・epub3.0ビューアー搭載
・プッシュ通知搭載
・隠し本棚により閲覧をパスワード入力必須にすることが可能
・MY本棚の作成可能
・クラウド型、オンプレミス型、両方に対応可能
・見積書や請求書としてのデータ作成も可能
・アンケートを配信し、回答を集めることが可能
・アプリ内検索
・公開期間を設定可能
・デバイスに分け、ログ分析の取得が可能
・アプリの利用状況を社員ごとに検索可能
・更新がある場合にはお知らせしてくれます。
・コメントを残すことが可能
・音楽設定によりBGMを流すことができます。
・コンテンツをメールで送信可能
・スライドにより画像挿入が可能
・リンクボタンの貼り付け可能
・Googleマップの挿入可能
・電話番号をクリックすると発信可能
・アクションのある動画を作成可能
・リフロー型のEPUB対応

カタログクラウドの詳細な利用料金

・月額9,800円

カタログクラウドの導入時のサポート

お問い合わせや申し込みは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
・NTTドコモ
・教育出版
・コミカミノルタ株式会社
・夢展望
・たかの友梨美容専門学校

メディア掲載

・ferret
・CNET Japan

会社概要

会社名 株式会社eBook Cloud
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3丁目2番14 天翔オフィス高田馬場418

代表取締役 稲垣健二
設立 2014年1月6日
資本金 6106万円