人手不足や生産性の向上の問題の解決は、すべての企業で課題なのではないでしょうか。課題が浮き彫りとなった背景には、さまざまな社会背景が重なったこと、IT技術の進歩や顧客の求める品質の高まりなどがあります。そのためこれまで通りの業務の方法では、対応できなくなりつつあることを、多くの管理者が痛感しているでしょう。

業務自動化ロボ
こうした課題をクリアするために、確実に必要となるのが「業務の自動化」です。

さまざまなソリューションやサービスが提供されていることを認識しながらも、その実態が分からずになかなか着手できていない、という管理者も多いのではないでしょうか。ここでは「業務自動化とは?」というテーマについて解説をします。

業務自動化とは

業務自動化とは、その名称の通りさまざまな業務を自動化し、これまで人が行っていた作業をロボットに代行させるシステム・ソリューションのことです。PC上での作業など、かつては人が操作しなければならなかった業務までも、システムで処理することが可能となりました。

  • RPA
  • AI
  • マクロ
  • IOT
  • API

こうしたシステム・テクノロジーの活用は、膨大な繰り返し業務などで大きな力を発揮し、人の手で時間をかけていた業務を短時間かつ正確に処理できます。過去の自動化について思い出してみてください。たとえば車を組み立てる工場では、以前は人がすべてを手作業で行っていました。しかし現在では、その行程の大部分をロボットが行っており、品質の向上や事故率の低下などを含め、生産性の大幅な向上に貢献しています。

業務自動化ロボ
そして近年における業務の自動化とは、これまでの物理的な業務だけではなく、いわゆる頭脳労働者(ホワイトカラー)の業務が対象です。

画期的!ホワイトカラー向けの業務を自動化可能

業務自動化ロボ
RPAをはじめとする業務自動化システムであれば、PC上のさまざまな業務を自動化可能。

PCを使った業務の中には、人でなければ処理できないもの、そして人でなくても処理できるものがあります。思考やクリエイティビティな行程を伴う業務は、人でなければ処理できないケースも多いです。しかし同一の条件で繰り返し入力するといった、単純かつ大量の作業は人でなくても処理できます。

だれでもできる大量の単純業務は、付加価値をあまり生まないうえに、たくさんのリソースを消費してしまうもの。こうした単純業務を自動化できれば、優秀なスタッフのリソースを、より生産的な業務へ投入できます。

業務自動化とマクロの相違点

業務自動化ロボ
業務自動化というキーワードとともに、必ず引き合いに出されるのが「マクロ」です。

マクロはMicrosoftのEXCELで利用できる機能で、EXCELやMicrosoft Officeソフト内の操作を記録して再生できるツールのこと。操作を記録するだけではなく、プログラミング言語を駆使できれば、さまざまな作業を自動化・高速化できる非常に便利なものです。

こうしたことから、マクロも業務の自動化のツールの一つに含められますが、あくまでOfficeソフト内での自動化に限られます。

業務自動化の代表格!RPAについて

業務自動化ロボ
近年の業務自動化では、RPAが代表格と言ってもよいでしょう。

RPAとは「ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)」の略で、PC上の操作のほとんどをロボットによる操作で自動化できるツールです。

特定のソフト内だけではなく、さまざまなソフトの垣根を越えて操作できる点が最大の特徴で、それまでは人の操作が不可欠であった、やや複雑な操作も自動化できるケースが多い点が特徴。NTTアドバンステクノロジ/NTTデータ製の「WinActor」を筆頭に、国内で急速で広がりを見せています。

現在の日本は、先進国の中でも著しく生産性が低いことが問題となっており、国を上げての「働き方改革」が推進されはじめました。働き方改革を推進するため…

単純作業を自動化させて生産性を高める

業務自動化ロボ
業務自動化の全般に共通する単純作業の自動化は、RPAが最も得意としています。

たとえば毎日特定の時間に、ウェブから競合他社の価格データを抽出してEXCELにまとめる、特定の条件にマッチして相手に自動的にメールを送付する、といった作業も自動化可能。ある程度の複雑なプロセスでも、RPAのロボットを組み合わせることで実現できるケースも多いです。

人手不足の問題を解決できる

業務自動化ロボ
多くの企業で人手不足の問題は深刻です。

人手不足の問題を解決するためには、求人で人が集めるのが理想ですが、なかなかうまくいかないもの。こうした問題を解決するために、今最も注目されているがRPAだと言っても過言ではありません。単純作業を任せるのなら、人を採用するよりもRPAに任せる方が、ずっとコストが低く生産性も高いからです。

業務自動化とAIについて

RPAなどの業務自動化とセットで頻出するキーワードがAIでしょう。

中にはRPAとAIを混同して認識している方もいますが、似ているようでまったく別のテクノロジーです。

RPAは思考や判断を伴わない、単純な動作を繰り返すシステムであることに対して、AIは機械学習によってロボットが最適な判断を瞬時にできるテクノロジーのこと。違うものではありますが、自動で処理をこなせるRPAと、自律的に判断できるAIは相性が良いと見通されていることから、将来的には融合していくものと考えられています。

AIを活かすためには、膨大なデータが必要なことから、将来的にAIの導入を考えているのであれば、RPAを早めに導入してデータを蓄積しておくことが重要です。

そのほかの業務自動化とご相談について

業務の自動化を実現するシステムには、RPA・AI・マクロ以外にも、会計や営業を自動化するためのシステムなど、数多く存在しています。それぞれの企業で自動化すべき業務は異なり、導入を考えるのであれば専門的な知識を持つもののサポートが欠かせません。

弊社ベンチャーネットは、業務の自動化を専門とし、さまざまな業種に合わせた最適なソリューションの提案・導入・運用サポートが可能です。業務の自動化に関して、ご不明点があればお気軽にご相談ください。