Blackboard Open LMSは、クラウド型のeラーニングとして、社員の負担を減らして、効率よく学習を定着させることができる教育システムとなっています。
様々なデバイスから対応可能となるため、インターネット環境さえあれば、場所を選ばず、時間があればいつでも受講が可能です。
サーバー管理も不要となるため、管理者に負担をかけてしまう事もありませんし、Moodleを基盤として作られているため、利便性が良いだけではなく、機能も非常に充実しています。
クラウド型のeラーニングとなっていますから、バージョンアップを行う必要は一切ありません。

Blackboard Open LMSとは

社内で限られた予算内で研修を考えた時、コスト削減のために、研修の回数を減らさなければいけなくなってしまう事もあるでしょう。
Blackboard Open LMSを導入すれば、社内で簡単に、研修システムと構築することができ、コスト削減にもつながります。研修としてだけではなく、スキルアップやキャリアアップも可能となりますし、受講者同士の共同作業も可能です。
研修の度に講師を招かなければいけない負担からも解放され、教育担当は、社内研修の管理が非常に楽になります。

Blackboard Open LMSの特徴


受講者によって、受講内容を変える事が可能です。
進捗状況を管理画面で簡単に確認することができますし、受講内容について、レポートにまとめる事も可能です。
コンテンツの登録や削除も簡単に行う事ができ、グループ毎に評価をする事ができるため、社員の教育に非常に役立ちます。
ユーザーインターフェイスも、充実しており、デザインに凝った作りとなっています。そのため、受講者が飽きずに継続しやすくなっており、eラーニングとしての効果をより確実な物にする事が可能です。

Blackboard Open LMSの機能一覧

Blackboard Open LMSの機能には、「学習管理機能」と、「コンテンツ作成機能」があります。

学習管理機能


非常にわかりやすく受講者の進捗を確認することが出来るようになっています。
受講進捗が悪い受講者も一目見ただけでわかるようなレポートを作成することが可能ですし、受講者による学習の分岐点も設計可能です。
学習に追いついてこられない受講者だけに、別講座を受講させることも可能ですし、受講が進んでいない受講者には、メールでの連絡も可能です。
受講者の入れ替えも非常に簡単に一括操作をする事が可能ですから、社内教育の効率化に一役買ってくれることでしょう。

コンテンツ作成機能


ブラウザを使う事で、コンテンツの作成が可能です。
社内での伝達事項も、ファイルやデータをアップするだけとなりますから、メール送信を利用するよりも、安心で正確に、送ることができます。

Blackboard Open LMSと連携できるサービス

Blackboard Open LMSでは、Moodleをベースにシステムが組まれています。
Moodleとは、他のサービスとも連携しやすく、カスタマイズにも柔軟に対応することができるeラーニングシステムなのですが、世界で約9,600万人の人が使用しています。
そのため、Blackboard Open LMSの品質は非常に高く、拡張機能、そして管理機能は非常に利便性が良い物になっているのです。

Blackboard Open LMSの価格

価格はお問い合わせください。

Blackboard Open LMSの導入サポート

バックアップ機能がついているため、サポートは非常に充実しています。
年2回のアップデートにより、更新もしっかりと行いますし、セキュリティ対策も万全に行っています。
通信販売として、教育システムの販売も行っています。

導入事例

・新規プロジェクトの立ち上げに導入。
業務プロセスの可視化により、効率よく新規プロジェクトを立ち上げる事ができた。
・メール添付は誤送信が多く、本人がチェックしているのかどうかもわからなかったが、Blackboard Open LMS導入により、受領確認もできるようになり、簡単に複数の社員に資料を送付できるようになった。
・大学の情報を受験者に説明する時間を省くために利用しています。
大学の情報をコンテンツとしてアップすることで、入学者のアップにつながり、学生獲得がしやすくなった。
・社員の語学力アップのために活用しています。忙しい社員にも、いつでも簡単に受講してもらうことができるため、学習が定着しやすくなった。
・書面や口頭で重要事項を伝達すると、社外に漏れてしまったり、書類をなくしてしまうようなことがありがちでした。全てをデータ化し、社員に送ることが可能になり、情報漏えいを防ぐことが出来るようになりました。
・論文の剽窃管理をするのに役立っています。正当な評価をする事ができるようになっただけではなく、講師の負担も減りました。

会社概要

社名  アシストマイクロ株式会社
設立  1976年(昭和51年)5月
資本金  7,527万6千円
取締役  百瀬 太郎
住所  東京都中野区本町3-31-11 レオパレス21第6ビル 7F

電話番号  03-5302-2981