BizForecastは、現在Excelを利用して予算管理を進めている企業にお勧めの予算管理ツールです。BizForecastでは、Excelをオンライン化した上で管理することが可能となっており、使い慣れたExcelと同じ仕様で、必要な情報を抽出したり、情報管理を楽に進めたりすることができるのです。Excelと変わらない操作方法となっているため、社内で新たに研修を行う必要がなく、導入が非常にスムーズです。
導入により、データ収集やデータ可視化ができるようになりますから、分析を行うのが楽になりますし、予算管理などの属人化を防ぎ、誰にでも利用できるシステムとして、社内で活用することが可能となっています。データは、ExcelやCSVデータからインポートする事も可能となっており、必要なデータを簡単にBizForecastへと取り込むことが可能です。
収集された情報は、いつでも必要な情報だけをグラフやチャートに表示して可視化することが可能です。自動でグラフやレポートに変換して表示することができるため、社員の手間を省いて効率よく業務を進める事が可能となります。
グループ内、部署内、社内全体の情報収集だけではなく、各事業所や子会社、国外の子会社の情報もあわせて全て集計した上で、データ化し、可視化することができますから、経営層でも活用しやすくなっています。

BizForecastとは

BizForecastは、予算管理をスムーズに行うことができるシステムとなっており、Excelと同じ仕様で誰にでも簡単にデータ集計、分析を行うことが可能となっています。
データ収集状況は、いつでも進捗を把握することが可能となっており、一括で入力フォームを配信したり、出力したりする事も可能となっています。必要なデータが収集できているかどうかを、部署毎に確認することができるため、次のアクションも起こしやすくなっています。
その他、異常数値など、エラーが発生している時には、即座にお知らせしてくれますから、人的ミスを防いで、正確な情報だけを収集することが可能となっています。
BizForecast は、Excelのまま、帳票を楽に作成することが可能となっていますが、新たに帳票を作成する事も出来ます。日頃利用している帳票でも、変更や追加をいつでも行うことが可能となっており、分析要求の変化にも柔軟に対応することが可能となります。
予算管理ツールとして、各部署の予算を集計して管理することができるシステムとなりますが、その他にも、案件管理として活用したり、数量計画を素早く立てたり、申請業務等に活用したりすることも可能となっており、様々な業務を効率よく進める事ができます。最短1ヶ月の導入となっていますから、まずは予算管理システムを試してみたいと考えている企業にもおすすめです。

BizForecastの特徴

BizForecastの特徴としては、Excelと変わらない仕様であるという点です。社内に新たなシステムを組み込むことになると、研修を行う必要がありますし、うまく使いこなせないという社員が出てくることも多いのですが、BizForecastであれば、Excelと変わらずに利用することができるため、社内で浸透しやすく、簡単に情報の集計及び分析を行うことが可能となるのです。
その他、集計したデータを自動でレポートやグラフとして、様々な形式に表示することができるという特徴もあります。切り口を変えた分析を行うことで、新たな気づきに繋がることもありますから、データをいつでも素早く可視化することができることで、意思決定のスピードを高めることが可能となっています。

BizForecastの機能のご紹介

・Excelと同じ仕様でデータ集計
Excelから一括インポート、CSVデータから一括インポート可能。
・集計したデータを自動で可視化可能
必要となる情報だけを集計した上で、レポーティングが可能。
様々な形式で表示可能。
・進捗管理
部署ごとにデータ集計の進捗を確認できます。
入力フォームを一括で配信して入力を促したり、出力したりする事も出来ます。
・エラー項目を自動で抽出
異常値などが入力された時には、お知らせ可能。
・メンテナンス
帳票の修正や追加、変更などに対応可能。
組織変更や分析要求の変化にも柔軟に対応可能。
・予算管理以外でも、各種申請やプロジェクト管理など様々な業務に活用可能。

BizForecastの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

BizForecastの導入時のサポート

お問い合わせは専用フォームから受け付けています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・キーマンズネット
・ITトレンド
・BOXIL

会社概要

会社名 株式会社ビジネスブレイン太田昭和(BBS)
住所 東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル 21F

代表取締役 石川俊彦
設立 1967年8月
資本金 22億3,349万円